本を借りて読むだけじゃない!見所たくさんの台湾「高雄市立図書館」

| 台湾

| 旅の専門家がお届けする観光情報

本を借りて読むだけじゃない!見所たくさんの台湾「高雄市立図書館」

本を借りて読むだけじゃない!見所たくさんの台湾「高雄市立図書館」

更新日:2018/07/17 16:59

湯山 千里のプロフィール写真 湯山 千里 台湾通訳案内士、台湾観光&グルメライター

図書館と言えば、本を読んだり借りたりする場所ですが、台湾高雄にある「高雄市立図書館」はちょっと違います。喫茶店やレストランも併設された図書館は、緑が所々に見られる近代的な建物で、夜のライトアップが美しいことでも有名。館内にはパブリックアートや絶版本の展示コーナーなどもあり、本を読んだり借りたりしなくても一日楽しめる場所です。今回は、見所いっぱいの「高雄市立図書館」をご紹介します!

「高雄市立図書館」について

「高雄市立図書館」について

写真:湯山 千里

地図を見る

「高雄市立図書館」は、高雄のランドマーク85ビルの目の前にあります。ここは、アジアニューベイエリアとして新興開発が行われているエリアで、ライトレール高雄展覧館駅からも徒歩でアクセス可能な場所に位置しています。

2014年11月にオープンした図書館は、毎日念入りに掃除されているため、最近できたのかな?と思うほどきれいで、まだ新しさが残っています。

「高雄市立図書館」について

提供元:「高雄市立図書館」

地図を見る

余計な飾りがなく、すっきりとした白い外観で所々に緑が取り入れられた見た目もオシャレな「高雄市立図書館」は、夜景も美しいことで有名で、写真を撮りに訪れる人も多い場所です。館内も各所に工夫があるため、台湾内外からも多くの人が足を運び、2018年4月の1ヶ月間の統計では、89万人が訪れたという人気の図書館です。

「高雄市立図書館」について

提供元:「高雄市立図書館」

地図を見る

台湾の劉培森建築事務所と日本の竹中工務店が手がけた建物は、地上8階、地下1階建て。耐震の設計で螺旋状になっている階段は上下に揺れるようになっていたり、壁も防火壁など、本に囲まれているという危険性に対応しているので安心して利用できます。

また、直射日光を遮る為に各階に緑が植えられています。このほかにも中央吹き抜け部分や屋上にも木などの植物が植えられているため2〜3度温度が下がり、省エネにも貢献しています。このような環境に配慮した設計などが評価され、「2015台湾十大図書館」1位、「世界不動産連盟(FIABCI)」の「世界最優秀建築賞」で金賞を受賞するなど、環境に配慮した美しい建物は、台湾内外からも高く評価されています。

1階の広場〜地下について

1階の広場〜地下について

写真:湯山 千里

地図を見る

1階には広場があって、スペースは市民活動の場として使われています。コンコースのような広場は建物の下なので、日差しや風雨を遮りイベントなどを行うのに最適。この広場の奥の方には、自動返却機も設置されているので、わざわざカウンターまで行かなくても本の返却ができて便利です。本の中にはICチップが入っているため、本を自動返却機に入れるだけで返却が可能。このチップは貸出量を統計するためにも使われています。図書館の方によると一番人気のあるのは旅行の本なんだそうです。自動返却機のほか、館内には、カウンターに並ばなくても機械で自動で貸出できる自動貸出機も設置されています。

また1階には「翰林茶館」もあるので、飲み物や麺、鍋などの食べ物を注文して店内でいただくこともできます。

1階の広場〜地下について

写真:湯山 千里

地図を見る

地下は子供の図書コーナーです。ここには12万冊の世界の絵本も置かれています。館内は子供の想像力を豊かにするように本棚にアリの巣などのデザインを取り入れたり、本棚の近くに隠れることができるようになっていたりと工夫が凝らされていて、見ているだけでも楽しいです。

地下には、400席あるミニシアターも併設されています。

1階の広場〜地下について

写真:湯山 千里

地図を見る

登録が必要ですが、地下には無料のロッカーも設置されていて、10:00〜22:00まで無料で使うことができます。カメラに写った画像で大人、子供などを認識し、場所が自動的に選ばれる仕組みとなっています。

2階〜5階について

2階〜5階について

写真:湯山 千里

地図を見る

2階には「Lab Cafe&Kitchen」というレストランと3階には「Lab Library咖啡店」というコーヒーショップがあります。館内は飲食禁止なので、食事や飲み物はこちらで。

3階には総合インフォメーションカウンター、検索コーナー、新書、定期刊行物のコーナー、そして4階には、ブースでDVDなどの視聴ができるマルチメディアコーナーと高雄に関連する本が集められたコーナーがあります。

2階〜5階について

写真:湯山 千里

地図を見る

4階には「文化積澱」というタイトルで図書館のリサイクルの本を材料に作られたパブリックアートも置かれています。

2階〜5階について

写真:湯山 千里

地図を見る

5階は、東南アジア、各国の本のほか、マルチメディアセンターや留学資料のコーナーなど。絶版の本が関連する本のそばに展示されているのがほかの図書館にはない特徴です。写真の本棚中央のガラスケースに入っているのがその展示です。また、館内の席数は全部で16000席あるので、ゆったり本を読むことができます。

6階〜8階、屋上

6階〜8階、屋上

写真:湯山 千里

地図を見る

外から見るとよくわかりますが、直射日光を遮る為に各階に緑が植えられています。6階から上は吹き抜けの中庭8本の竹柏(ナギ)の木が植えられています。自然の光が大量に引き入れられる構造で、ガラス張りの館内に明るい光が差し込んでいます。図書館にいながら木陰で本を読むという発想もステキです。

6階〜8階、屋上

写真:湯山 千里

地図を見る

「鋼構造懸吊式建築」という建て方が採用されていて、各階が上から吊り上げられる形になっているので、柱の少ないすっきりとした館内です。

また6階は、歴史地理、文学、芸術関連、7階 哲学、宗教、科学などの本が置かれています。8階は館長室など事務関係のオフィスとして使われています。

6階〜8階、屋上

写真:湯山 千里

地図を見る

屋上にも上ってみましょう。屋上は港の景色が眺められる緑いっぱいのガーデンです。

工夫が凝らされた図書館

工夫が凝らされた図書館

写真:湯山 千里

地図を見る

図書館に置かれている本には定期的にいろいろな工夫がこらされています。「表紙が見えない本」のコーナーもあります。クラフト紙で包まれた本には前回借りた人のコメントが書かれているのみ。このコメントを読んで借りる本を決めるというもの。こちらも好評だそうです。読みたいジャンルが決まっていてもどんな本を選んだらいいかわからない人のために図書館がセレクトした本が袋に入っているコーナーもあります。これらを見ているだけでも楽しめます。

工夫が凝らされた図書館

提供元:「高雄市立図書館」

地図を見る

地元に根付いた図書館になること、そして本が好きになってほしいという思いと工夫が所々に込められた図書館。屋上からの風景、夜景を楽しんだり、コーヒーショップで一休みしたり、いろいろな楽しみ方ができる高雄でおススメのスポットです。

高雄市立図書館の基本情報

住所:高雄市前鎮區新光路61号
電話番号:07-5360238
開館時間:10:00〜22:00(土、日入館は21:30まで)
     祝日10:00〜17:00(入館は16:30まで)
     月曜日休館
アクセス:ライトレール「高雄展覧館」駅から徒歩約5分
     高雄市地下鉄(MRT)「三多商圈」駅から徒歩約15分

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/06/07 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -