大文字を特等席から!「ファーストキャビン京都嵐山」の送り火鑑賞プラン

| 京都府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

大文字を特等席から!「ファーストキャビン京都嵐山」の送り火鑑賞プラン

大文字を特等席から!「ファーストキャビン京都嵐山」の送り火鑑賞プラン

更新日:2018/07/03 13:19

bowのプロフィール写真 bow トラベルライター

8月16日に行われる「五山の送り火」。大文字を眺望のきくポイントから鑑賞できるプランは京都市内各所のホテルで提供されていますが、どこも予約は困難!そんな中、嵐電嵐山駅に新オープンの「ファーストキャビン京都嵐山」で送り火鑑賞プランが登場!リーズナブルに送り火を特等席で見たい方にオススメです。

京都の夏の風物詩・大文字「五山の送り火」

京都の夏の風物詩・大文字「五山の送り火」

提供元:めがねトンボ/PIXTA

https://pixta.jp/

京都「五山の送り火」は毎年8月16日に行われる夏の風物詩で、お盆に迎えた先祖の霊を送り返す京都の伝統行事のひとつです。夜空を紅く染める紅蓮の炎は京都を代表する情景として毎年多くの観光客が訪れます。

京都の夏の風物詩・大文字「五山の送り火」

提供元:ファーストキャビン京都嵐山

https://first-cabin.jp/hotels/27

五山の送り火の鑑賞ポイントは京都市内にいくつかありますが、その中でも人気ポイントのひとつが嵐山。鳥居形と大文字のふたつが見られるだけでなく、渡月橋下流からは灯籠流しも行われ、毎年多くの観光客が訪れます。

「ファーストキャビン」が嵐山に初登場!

「ファーストキャビン」が嵐山に初登場!

写真:bow

地図を見る

8月16日の送り火当日、京都市内の眺望がきくホテルでは宿泊者限定で屋上から送り火を鑑賞できるプランなどがあり、中には何年も前から予約が入っているというホテルも。当然ながら宿泊料金も普段よりも高くなる傾向もあります。しかし観光客としてはリーズナブルに送り火を特等席から鑑賞したいのが本音でしょう。

そんなニーズに応えてくれるホテルが嵐山にあります!2018年3月に嵐電嵐山駅に新たにオープンした「ファーストキャビン京都嵐山」です。

「ファーストキャビン」が嵐山に初登場!

写真:bow

地図を見る

「ファーストキャビン」は飛行機のファーストクラスをイメージしたコンパクトホテルとして全国で人気。京都では三店舗目となる「ファーストキャビン京都嵐山」では様々なキャビンタイプが選べます。

中でも地上のファーストクラスを再現したという「ファーストクラスキャビン」はコンパクトホテルの概念を超える広さと快適さ。もはや寝るだけのカプセルホテルというイメージはなく、積極的に宿泊先の選択肢に入って来るだけのクオリティがそこにはあるのです。

「ファーストキャビン」が嵐山に初登場!

写真:bow

地図を見る

いちばん部屋数の多いスタンダードな「ビジネスクラスキャビン」でもその快適さは折紙つき。限られた空間を最大限に有効活用した設計には目を見張るものがあります。そしてキャビン以外の館内設備も想像以上の充実で、コストパフォーマンスの高さにはきっと満足することでしょう。

そんな「ファーストキャビン京都嵐山」で、嵐山地区で初となる送り火鑑賞プランが登場したのです!

屋上テラスは送り火鑑賞の特等席!

屋上テラスは送り火鑑賞の特等席!

写真:bow

「ファーストキャビン京都嵐山」では全国でも初登場という屋上テラスがあります。普段は「ファーストキャビン京都嵐山展望テラス」として宿泊者以外の利用も可能で、嵐山を一望できる貴重な絶景スポットとして知られています。

ここを使って宿泊者限定で送り火を楽しもうというのが「五山の送り火観覧特別プラン」なのです。

屋上テラスは送り火鑑賞の特等席!

写真:bow

屋上テラスへ上がってみればわかるのですが、鳥居形の山・曼荼羅山が目の前にあり(画像では中央に位置)、間に視界を妨げる障害物は全くないのです。嵐山にはこういった屋上からの眺望がきく場所はなく、まさにここは鳥居形を見るための特等席!

屋上テラスは送り火鑑賞の特等席!

写真:bow

前述のとおり、嵐山からは大文字も見ることができます。視界を東へと向ければ遠景にはなりますが大文字山もちゃんと確認できます。この屋上テラスからは一番点火時間の早い大文字と、最後に点火される鳥居形を楽しむことができるのです。まさに8月16日こそが屋上テラスが真の力を発揮する日といっていいでしょう。

大文字を楽しんだら、夜のキモノフォレストも!

大文字を楽しんだら、夜のキモノフォレストも!

提供元:Tsusea/PIXTA

https://pixta.jp/

「五山の送り火観覧特別プラン」は年に1日だけの特別プランです。眼下では送り火の眺めが良さそうな場所をめぐってせめぎあいが繰り広げられる中、特等席からの鑑賞が楽しめるのです。こちらのプランはワンドリンク付きですので、くつろぎながらじっくりと送り火を鑑賞することができますね!

大文字を楽しんだら、夜のキモノフォレストも!

写真:bow

そして送り火が終わったら駅へ降りて夜の「キモノフォレスト」を楽しんでみては?キモノフォレストを構成する友禅のポールには全てにLEDが仕込まれており、夜こそがその真価を発揮する時間帯!さながら京友禅の光林と呼べるような情景が広がります。

もちろんファーストキャビンクオリティも堪能して!

もちろんファーストキャビンクオリティも堪能して!

写真:bow

地図を見る

五山の送り火が行われる8月16日はまだまだ残暑も厳しい季節。恐らく屋上テラスで送り火を鑑賞していれば身体じゅう汗ばんでいることでしょうし、スッキリしたいところですね。

シャワーブースで軽く済ませることもできますが、3F女性フロアには大浴場があり、ゆっくりバスタイムを楽しむこともできるのです!しかも美容効果が高い人工炭酸泉が採用されている点も見逃せません。ついつい長風呂になってしまいそうですね。

もちろんファーストキャビンクオリティも堪能して!

写真:bow

パウダールームも女性に嬉しいアイテムがズラリと揃っています。ヘアアイロンまで各ブースに常備されているので荷物を減らした旅行も可能になりますね。

もちろんファーストキャビンクオリティも堪能して!

写真:bow

3Fは女性専用フロアとなっており、セキュリティ面も万全。女性も気兼ねなく安心して利用できる環境が整っているのは嬉しいポイントです。なお男性は2Fフロアの利用となり、3Fのような大浴場はありませんがシャワーブースとバスルームが設けられています。

嵐山で五山の送り火を特等席から楽しもう!

「ファーストキャビン京都嵐山」は2018年3月オープンということもあり、この送り火鑑賞プランも広く知られていないといってもいいでしょう。京都市内中心部のホテルでは予約が困難な8月16日でもまだチャンスはあり!ぜひ特等席から送り火を堪能してみてください!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -