ワインになってみる?独・リューデスハイム「リンデンヴィルト」

| ドイツ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ワインになってみる?独・リューデスハイム「リンデンヴィルト」

ワインになってみる?独・リューデスハイム「リンデンヴィルト」

更新日:2018/06/27 11:40

浅井 みらののプロフィール写真 浅井 みらの 総合旅行業務取扱管理者、全国通訳案内士(英語)、世界遺産検定2級

快適な温度と湿度に保たれたワイン樽に備え付けられたギンガムチェックのベッドに枕カバー。ワインの名産地として有名なドイツ・リューデスハイム(Rudesheim)にある「ホテル・リンデンヴィルト(Hotel Lindenwirt)」では、ワイン樽を改造して作られた特別な客室が自慢。寝返りをうてば、樽の緩やかなカーブに背中がフィットして、ここでしか体験できない自分が熟睡ならぬ熟成する時間を楽しめます。

ワイン名産地にあるホテル

ワイン名産地にあるホテル

写真:浅井 みらの

地図を見る

ユネスコ世界遺産・ライン渓谷中流上部にも含まれるリューデスハイムが位置するのは、ドイツの玄関口フランクフルトから電車で1時間。ライン川沿いに町が広がり、町を囲む丘続きの斜面にはブドウ畑がパッチワークのように敷き詰められていて、牧歌的な空気が魅力です。

ホテル・リンデンヴィルトがあるのは、旧市街で一番の目抜き通り“つぐみ横丁(Drosselgasse)”の真ん中あたり。1本裏に入ったアムゼルシュトラッセ(Amselstrasse)からは車も入ることができ、まるでお城のような立派な門が目印です。

ワイン名産地にあるホテル

写真:浅井 みらの

地図を見る

昼夜問わず賑やかなつぐみ横丁に面していながらも、中庭を有するほどの敷地面積があり、ホテル全体はゆったりとした印象。建物と同化したツタや植物の木漏れ日が眩しく、鳥の合唱が響き渡ります。

ワイン名産地にあるホテル

写真:浅井 みらの

地図を見る

3階建てのホテルですが、特に目を引くのが1階エリア。ワイン樽が5,6個並び、ワインセラーの光景に見えますが、実はよく見ると扉が付いていて、客室として利用できます。本物のワイン樽を使った、ここにしかないユニークなお部屋です。

扉を開ければ、本当に樽だった!

扉を開ければ、本当に樽だった!

写真:浅井 みらの

地図を見る

扉を開けると、まずは両側に置かれたシングルベッドが2つ。樽の丸みがそのまま壁に反映され、意外と寝返りをうてるスペースもあり、身体にフィットします。ベッドの長さは約170cmです。

扉を開ければ、本当に樽だった!

写真:浅井 みらの

地図を見る

ワイン樽だけだとカプセルホテルみたいですが、そのままもう1部屋リビングルームに繋がっていて、テレビやソファが置かれています。

扉を開ければ、本当に樽だった!

写真:浅井 みらの

地図を見る

一番奥にはモダンデザインの洗面室。寒い日には壁際のハイツング(Heizung)というヒーターを使い、部屋を暖めます。

屋外と屋内で違う雰囲気のレストラン

屋外と屋内で違う雰囲気のレストラン

写真:浅井 みらの

地図を見る

つぐみ横丁沿いには開放的なオープンテラスのレストランがあり、夜になるとライブ音楽も。

屋外と屋内で違う雰囲気のレストラン

写真:浅井 みらの

地図を見る

レストランの室内エリアには細かな装飾が施されたステンドグラスが目を引きます。ロビーにもステンドグラスがあり、ワインをテーマに一枚一枚違う物語が描かれ、陽気な登場人物の表情に思わずクスリと笑みがこぼれることも。

屋外と屋内で違う雰囲気のレストラン

写真:浅井 みらの

地図を見る

リューデスハイム含め、このあたり一帯はラインガウ(Rheingau)と呼ばれている地域で、ワインや豚肉、ジビエが盛ん。こちらのレストランでも、ぜひ地域の名産をフルコースで味わいたいものです。

朝食も見逃せない地元名産品

朝食も見逃せない地元名産品

写真:浅井 みらの

地図を見る

朝食はチーズやハムなどヨーロピアンな料理が並ぶビュッフェ形式。よく見ると、ここにも地元ならではのものが。シュプンデケーゼ(Spundekase)と呼ばれるチーズは生クリームのようにとろけるほど柔らかいチーズで、パプリカが含まれているためオレンジ色なのが特徴的。

朝食も見逃せない地元名産品

写真:浅井 みらの

地図を見る

ワインゼリー(Weingelee)は、その名の通りワインを加工して作られたジャム。こちらも朝食会場にあります。アルコールはほぼないと言われていますが、口に入れるとブドウではなく、まさしくワインの味がします。

立地を生かして頻繁にお出かけを

立地を生かして頻繁にお出かけを

写真:浅井 みらの

地図を見る

ホテルから出たら、すぐにつぐみ横丁という抜群のロケーションもホテル・リンデンヴィルトの魅力。昼間と夜では、雰囲気が異なるリューデスハイムの良さを存分に堪能できます。

リューデスハイムは、冬のクリスマスが終われば休業するホテルやレストランもありますので、ぶどう畑がきらきらと輝く春から秋の時期に訪れるのが、おすすめです。

ワインみたいな甘い時間を

ワインの有名な町、リューデスハイムならではの特別な客室に宿泊できる「ホテル・リンデンヴィルト」。ワイン樽の中で眠るだなんて、まるで冗談みたいな状況ですが、だからこそワイン好きの友人に自慢したくなる思い出になるはず。ぜひ訪れた際は、芳醇な時間を過ごしてみてくださいね。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/06/19 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -