エジンバラで必食のあの料理!朝食&ランチにお勧めの店5選

| イギリス

| 旅の専門家がお届けする観光情報

エジンバラで必食のあの料理!朝食&ランチにお勧めの店5選

エジンバラで必食のあの料理!朝食&ランチにお勧めの店5選

更新日:2018/07/22 17:38

藤谷 愛のプロフィール写真 藤谷 愛 ビンテージ雑貨バイヤー

スコットランドをこよなく愛するスコットランド人。歴史や文化に加えグルメにもその精神は見られ、地産食材を大事に調理した一皿は超絶品!特にその首都・エジンバラではグルメ観光ができるほど美味しいお店が揃います。
今回は、スコットランドの伝統料理から旅行者の間でも賛否両論分かれるメニューまで「エジンバラだからこそ味わってほしいこの料理」がウリのお店をご案内。美味しいエジンバラ旅行に出発です!

超巨大!フル・スコティッシュ・ブレックファストは「ダウン・ザ・ハッチ」で!

超巨大!フル・スコティッシュ・ブレックファストは「ダウン・ザ・ハッチ」で!

写真:藤谷 愛

地図を見る

イギリスのフル・イングリッシュ・ブレックファストを食べたことがある人も、ぜひスコットランドではフル・スコティッシュ・ブレックファストを。特にお勧めなのは世界遺産「フォース・ブリッジ(The Forth Bridge)」の近所にある「ダウン・ザ・ハッチ(Down the Hatch)」。写真のような巨大でアツアツなスキレットでボリューミーな伝統食を提供してくれるのです。

スコットランドの朝食で特徴的なのは国民食「ハギス」(スキレットの上部、黒いものの真ん中)と、「スコティッシュ・スコーン」(スキレット右側の三角形のもの)の存在。

超巨大!フル・スコティッシュ・ブレックファストは「ダウン・ザ・ハッチ」で!

写真:藤谷 愛

地図を見る

ハギスは、羊の内臓肉と牛肉などのミンチにオートミール、玉ねぎ、調味料、スパイスなどを加え羊の胃袋に詰めて茹でたもの。多くの日本人観光客は警戒感たっぷりに凝視してしまう食べ物です。ハギスの味は生産者によるところも多いですが、ダウン・ザ・ハッチのハギス(写真)は焼きたてハンバーグといった感じで匂いもそれほど強くありません。警戒している人にこそ嬉しい驚きに満ちた一品になることでしょう。

超巨大!フル・スコティッシュ・ブレックファストは「ダウン・ザ・ハッチ」で!

写真:藤谷 愛

地図を見る

スコティッシュ・スコーンは文句なしに日本人好み。スコーンというとイギリスのお菓子を想像しますが、こちらは朝食の定番で日本的に表現すると芋餅のようなものです。周りがカリッとした食感なのですが、中はモチモチ!

食後はぜひ世界遺産のフォース・ブリッジ見学へ。その際はダウン・ザ・ハッチの美味しいコーヒーとスイーツのテイクアウトもお忘れなく。

<「ダウン・ザ・ハッチ」基本情報>
住所:Port Edgar Marina, South Queensferry, Edinburgh EH30 9SQ
電話番号:+44 131 331 1387
アクセス:エジンバラのプリンス・ストリートから43番バスに乗り約40分、South Queensferry Police Station下車

サンデーローストも牡蠣も絶品!「オクス」

サンデーローストも牡蠣も絶品!「オクス」

写真:藤谷 愛

地図を見る

日曜日にエジンバラを旅していたら、迷わず「オクス(The Ox)」へ。
スタイリッシュな店内を埋め尽くす日曜日のお客さんのお目当ては間違いなくローストビーフです。

サンデーローストも牡蠣も絶品!「オクス」

写真:藤谷 愛

地図を見る

分厚くて柔らかいお肉に隠されたバターソテーケールやローストされた人参とインゲン豆も自然の甘さがたっぷり味わえるよう調理されています。イギリス人の調理は火を入れすぎなことが多いのですが、エジンバラでは食感も抜群。日本人好みの火加減です。

サンデーローストも牡蠣も絶品!「オクス」

写真:藤谷 愛

地図を見る

ローストで満腹になるのは間違いないですが、前菜としてぜひ味わっていただきたいのがオイスター!もちろんスコットランド産で味は濃いのにさっぱりとした後口の生牡蠣を味わうことができますよ。

<「オクス」基本情報>
住所:49–51 London Street, Edinburgh, EH3 6LX
電話番号:+44 131 331 1387
アクセス:York Placeから徒歩3分

ムール貝も伝統食!ランチがお勧めの「マッセル・イン」

ムール貝も伝統食!ランチがお勧めの「マッセル・イン」

写真:藤谷 愛

地図を見る

ムール貝料理が伝統食でもあるスコットランド。エジンバラで食べるなら「マッセル・イン(Mussel Inn)」がお勧めです。夜はお値段もお高めなのですが、ランチセットなら6.95ポンド(2018年5月末時点)で食べられるとあって大人気のお店です。

ムール貝も伝統食!ランチがお勧めの「マッセル・イン」

写真:藤谷 愛

地図を見る

「ムール貝のボウル」のランチセットは、ワインで蒸したベーシックなスタイルからモロッコスタイルまで5種類の味から選ぶことができ、サラダかポテトフライを付けあわせでチョイスできます。

ムール貝も伝統食!ランチがお勧めの「マッセル・イン」

写真:藤谷 愛

地図を見る

付け合せのパンでソースも残さずどうぞ。プリプリのスコットランド産ムール貝にきっとハマってしまいますよ。

<「マッセル・イン」基本情報>
住所:61-65 Rose Street, Edinburgh EH2 2NH
電話番号:+44 843 2892 481
アクセス:Princes Street トラム停留所から徒歩2分

賛否両論の人気店!?「オインク」

賛否両論の人気店!?「オインク」

写真:藤谷 愛

地図を見る

スコットランド人はお肉もお魚もよく食べるのですが、エジンバラで味の評価を二分しているお肉の人気店と言えば、「農地から街へ」をコンセプトに畜産農家の二人が始めた「オインク(Oink)」です。

賛否両論の人気店!?「オインク」

写真:藤谷 愛

地図を見る

こちらは衝撃の店舗ウィンドー。「オインク、オインク(日本語訳:「ブーブー」)」と鳴き声が聞こえてきそうな、体をほぐされたスコットランド産の豚の丸焼きが鎮座しています。旅行者なら入店せずにはいられないビジュアルなのです。

賛否両論の人気店!?「オインク」

写真:藤谷 愛

地図を見る

オーダーの仕方は
(1)ブラウンかホワイトのパンを選ぶ
(2)セージとオニオンかハギスを選ぶ
(3)アップル、BBQ、マイルドチリ、チリチーズのいずれかのソースを選ぶ
となり、レギュラーサイズだと3.95ポンド(2018年5月末時点)という破格値。旅行者の間でも味に関しては賛否両論で、もうこれは自らの舌で試すしかないお店なのです。

<「オインク」基本情報>
住所:34 Victoria Street, Grassmarket, Edinburgh EH1 2JW
電話番号:+44 777 1968 233
アクセス:エジンバラ城から徒歩3分
(その他エジンバラに2店舗有り)

古き良き国民食のベイクド・ポテトは「テンプティング・タティー」で

古き良き国民食のベイクド・ポテトは「テンプティング・タティー」で

写真:藤谷 愛

地図を見る

「テンプティング・タティー(Tempting Tattie)」のタティーはスコットランド英語でポテトの意味。こちらのお店ではイギリスやスコットランドで昔から愛されているベイクドポテトを提供しています。

古き良き国民食のベイクド・ポテトは「テンプティング・タティー」で

写真:藤谷 愛

地図を見る

テンプティング・タティーのメニューはとにかく豊富。巨大なお芋をオーブンで焼いてそれに温かいものか冷たい具材を選んでかけます。スコットランドなのでぜひハギスをかけてもらいたいですが、冷たい具材もお店のお勧めです。

古き良き国民食のベイクド・ポテトは「テンプティング・タティー」で

写真:藤谷 愛

地図を見る

お店が混みあってなかったら裏メニュー「ハーフ&ハーフ」を注文してみましょう。アツアツほくほくのお芋にたっぷりかけてくれる伝統食材とお勧め食材でお腹いっぱいになること間違い無しですよ。

<「テンプティング・タティー」基本情報>
住所:18 Jeffrey Street, Edinburgh EH1 1DT
電話番号:+44 131 556 7960
アクセス:聖ジャイルズ大聖堂から徒歩5分

スコットランドならではの「食」を満喫

古き良きメニューとグルメが交じり合うエジンバラならではの食巡り、いかがでしたか?スコットランド人は旅行者にとにかく親切なので、ちょっと入りにくいなあというお店でも勇気を出して入ってみてください。とびきりの笑顔で迎えてくれますよ。
エジンバラで美味しい旅を楽しんでみてください!

2018年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/05/31−2018/06/04 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -