地産地消の水素ホテルが誕生!「川崎キングスカイフロント東急REIホテル」

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

地産地消の水素ホテルが誕生!「川崎キングスカイフロント東急REIホテル」

地産地消の水素ホテルが誕生!「川崎キングスカイフロント東急REIホテル」

更新日:2018/07/19 10:01

成瀬 亜希子のプロフィール写真 成瀬 亜希子 ユニーク宿ライター

2018年6月1日、羽田空港を望む多摩川の河川敷に「川崎キングスカイフロント東急REIホテル」がオープン。使用済みプラスチックを原料とした水素でホテルの電気や熱を賄う、世界初の「水素ホテル」として話題になっています。また多摩川の河川敷ではサイクリングやランニングを楽しめるなど、豊富なアクティビティも魅力。ただ泊まるだけではもったいない!と思えるような、次世代のライフスタイルホテルをご紹介します。
国内航空券の最安値をチェック!

工業地帯にあるような倉庫をイメージしたホテル

工業地帯にあるような倉庫をイメージしたホテル

写真:成瀬 亜希子

地図を見る

神奈川県の川崎駅から車で約20分のところに位置する国際戦略拠点「キングスカイフロント」。医療や環境分野の大手企業や研究機関が約60社以上集まるエリアですが、その中に「川崎キングスカイフロント東急REIホテル」がオープンしました。羽田空港から車で約10分(高速道路利用)という好アクセスも注目されています。

こちらは世界初の「水素ホテル」としても話題に!具体的には近隣の昭和電工で使用済みプラスチックを原料とした低炭素水素をつくり、地下のパイプラインで直接ホテルに送るというもの。これによりホテル全体の約3割の電気や熱を賄えるのです。ゲストが使った歯ブラシやクシも還元できるということで、エネルギーの地産地消とも言えますね。

工業地帯にあるような倉庫をイメージしたホテル

写真:成瀬 亜希子

地図を見る

商業施設のコンセプトは「The WAREHOUSE(倉庫)」というように打ち放しのコンクリートやむき出しの配管、海外から輸入した年代物の地図など、新しさと懐かしさを感じる斬新なデザイン。1階の中央部分はビジネスラウンジ&カフェ、右はホテルのレセプションとロビーラウンジ、左はライフスタイルストアとなっています。

全国に展開する東急REIホテルの中でも、ゲストが自分らしくリラックスできるよう新たな試みも導入。例えばスタッフの制服をカジュアルダウンして親しみのある雰囲気を出したり、季節のイベントを積極的に開催して交流の場を設けるなど。東急ホテルズの伝統を守りながら、ゲストが自由自在に楽しめる環境作りをしているのが特長です。

工業地帯にあるような倉庫をイメージしたホテル

写真:成瀬 亜希子

地図を見る

ロビーラウンジには、東京湾周辺の古地図が飾られておりギャラリーのような雰囲気。ソファーも広々としているので、チェックインで混雑してもゆったり過ごせるのが嬉しいところ。他にもエレベーターフロアなど、インスタ映えするスポットが多いので要チェックです!

羽田空港ビューを満喫できる客室と大浴場!

羽田空港ビューを満喫できる客室と大浴場!

写真:成瀬 亜希子

地図を見る

客室は2階から5階までの全186室。写真は約19平米のスーペリアダブルでビジネスやひとり旅におすすめ。客室も倉庫の雰囲気を感じさせる内装で、レトロな電球を設置したり、天井のスプリンクラーはなんとむき出し状態に!壁のパイプには洋服やタオルをさっとかけられるなど、おしゃれだけじゃなく機能的な面も注目です。

羽田空港ビューを満喫できる客室と大浴場!

写真:成瀬 亜希子

地図を見る

写真の客室は約24平米のプレミアツイン。茶色を基調とした落ち着いた雰囲気でゆったり寛げます。羽田空港ビューですので一日中空港の様子を楽しむことができますよ。壁には在りし日の羽田東急ホテルの写真も!当時のホテルに泊まった方は懐かしく思うかもしれません。

羽田空港ビューを満喫できる客室と大浴場!

写真:成瀬 亜希子

地図を見る

シャワーブースのみの客室に泊まる場合でも、湯船にじっくり浸かりたい方は2階の大浴場へ。こちらは6:00〜10:00、15:00〜23:00まで利用することができます。窓からは中庭と羽田空港を見渡せるので、ついつい長風呂したくなりますね!

仕事や交流の場になる「ビジネスラウンジ&カフェ」

仕事や交流の場になる「ビジネスラウンジ&カフェ」

写真:成瀬 亜希子

地図を見る

館内の中央に位置するのが、明るく開放的なビジネスラウンジ&カフェ。テーブル、ソファー、カウンターと座席数が多く、商談や打ち合わせをするビジネスマンの姿も。電源やWi-fiも完備されており、コワーキングスペースとして利用できるのも便利です。

仕事や交流の場になる「ビジネスラウンジ&カフェ」

写真:成瀬 亜希子

地図を見る

カフェメニューの「リバーデザートパイ」は全部で3種類。写真のレモンは、一口食べるとレモンの酸味が強めですが、ふわふわのメレンゲと厚みのあるパイのおかげで絶妙なバランス!アイスコーヒーを合わせるとスッキリ爽やかな気分になりますよ。

仕事や交流の場になる「ビジネスラウンジ&カフェ」

写真:成瀬 亜希子

地図を見る

カフェのカウンターをぐるりと回ると、素敵なバーカウンターが!ウイスキーから日本酒まで豊富な酒瓶が並んでいておしゃれな雰囲気。ひとりでふらりと飲みに行って、スタッフや隣の人と気軽に話してみるのも楽しそうですね。

遊びゴコロを刺激する!「ライフスタイルストア」

遊びゴコロを刺激する!「ライフスタイルストア」

写真:成瀬 亜希子

地図を見る

次世代のライフスタイルホテルというように、ただ泊まるだけじゃなく遊びゴコロを刺激する施設も。1階のライフスタイルストアにはヴィンテージカーを設置しており、旅に関する本やグッズも販売しています。ホテルで次の旅先を考えるというのもユニークですよね。

遊びゴコロを刺激する!「ライフスタイルストア」

提供元:川崎キングスカイフロント東急REIホテル

https://www.tokyuhotels.co.jp/kawasaki-r/地図を見る

「TREX Kawasaki」では多摩川の自然を活かしたアクティビティやツアーなど、様々なライフスタイルに寄り添う体験を提案。河川敷でサイクリングやランニングをしたい方におすすめです。ホテルから河川敷に出られますので思い立ったらすぐに遊べますよ!

羽田空港の夜景を眺めながらグリル料理を味わう!

羽田空港の夜景を眺めながらグリル料理を味わう!

写真:成瀬 亜希子

地図を見る

最上階の5階に位置しており羽田空港を見渡せるレストランが「Captain’s Grill and Bar」。かつて羽田東急ホテルに存在した「グリル・キャプテン」に由来し、そのグローバルで上質なDNAを受け継いでいます。モーニング、ランチ、ディナーと好きな時間に利用できますが、羽田空港の夜景とグリル料理を満喫するなら夜がおすすめです。

羽田空港の夜景を眺めながらグリル料理を味わう!

提供元:川崎キングスカイフロント東急REIホテル

https://www.tokyuhotels.co.jp/kawasaki-r/地図を見る

グリル料理の人気メニューは「US産ビーフのグリル オニオンリング添え」。ストリップロイン、リブロース、フィレと3種の部位から選ぶことでき、肉の柔らかさや脂身の違いを楽しめます。基本2〜3人でシェアしますが、1人でもハーフサイズがあるので安心です。

店内にはビールサーバーも設置されており、注ぎたてのおいしいビールを味わえるのも魅力。アサヒビールの「隅田川ブルーイング」や、ホテルオリジナルのクラフトビール「キャプテンズ スタウト」も人気です。いろいろな種類を飲み比べてみるのも楽しそうですね。

羽田空港の夜景を眺めながらグリル料理を味わう!

提供元:川崎キングスカイフロント東急REIホテル

https://www.tokyuhotels.co.jp/kawasaki-r/地図を見る

レストランでぜひ利用してほしいのがテラス席。羽田空港のB滑走路がライトアップされて幻想的な夜景が広がります。飛行機好きな方なら時間が経つのも忘れて見入ってしまうかもしれません。またこちらの反対側は多くの工場が集まる京浜工業地帯。工場夜景をめぐるバスツアーやクルーズに参加するのもおすすめですよ。

湾岸エリアの穴場ホテル!「川崎キングスカイフロント東急REIホテル」

羽田空港、アクアライン、横浜方面へのアクセスも良く、観光の拠点にも便利な「川崎キングスカイフロント東急REIホテル」。多摩川の河川敷でサイクリングしたりレストランで空港の夜景を満喫したり、それぞれのスタイルで楽しめるホテルです。2020年には羽田連絡道路が完成される予定なので、賑わう前にぜひ泊まってみてくださいね!

2018年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/06/25 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -