カオマンガイの次はこれ!バンコク「カオモックガイ」の名店3選

カオマンガイの次はこれ!バンコク「カオモックガイ」の名店3選

更新日:2018/06/28 17:32

中川 康雄のプロフィール写真 中川 康雄 ご当地グルメ探検家
タイで鶏肉をメインに使った料理といえば、中華系タイ料理・カオマンガイ。けれども、それと双璧を成すくらい現地では一般的な鶏肉料理があります。それがイスラム系タイ料理「カオモックガイ」。スパイスを使った、カオマンガイとはまた違った味わいが楽しめる鶏肉料理です。ここでは、タイの首都・バンコクで食べられる「カオモックガイ」の名店を3店舗ご紹介。カオマンガイの次にはぜひ「カオモックガイ」をどうぞ。
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

カオモックガイの名店その1「アマッド・ロットディ」

カオモックガイの名店その1「アマッド・ロットディ」

写真:中川 康雄

地図を見る

まずご紹介したいのが、アマッド ロットディ(Amud Rosdee)」。最寄りの駅からちょっと距離があるので、アスセスはそれほど良い場所にはないのですが、クオリティの高い「カオモックガイ」が食べられるお店として評判です。外観はちょっといい感じのローカル食堂といったところ。旅行者の少ないエリアにあるので、落ち着いた雰囲気も魅力です。

カオモックガイの名店その1「アマッド・ロットディ」

写真:中川 康雄

地図を見る

そしてこれが、このお店の「カオモックガイ」。こちらの写真は、鶏肉の塊がふたつ入ったスペシャルバージョン。かなりボリューミーなメニューです。スパイスで風味付付けされたライスに大きなチキンが見え隠れ。このライスでチキンを隠すというのが「カオモックガイ」の定番のスタイルでもあります。チキンはふんわりしてて美味しい。

カオモックガイの名店その1「アマッド・ロットディ」

写真:中川 康雄

地図を見る

そして、「カオモックガイ」を食べるときのコンビの定番が「スープガイ(チキンスープ)」。このスープの特徴は薄味で、酸味と辛味が強いこと。とくに辛味が強いので、辛いものが苦手な人は注意したほうが良いでしょう。こお店の「スープガイ」の特徴は、火にかけられた状態で出てくること。温かい状態を長時間保時してくれるとともに、目も楽しませてくれます。

<基本情報>
住所:27 Rama IX Rd, Hua Mak, Bang Kapi, Bangkok
電話番号:+66-81-811-4601
アクセス:エアポートリンク・ラムカムヘン駅から徒歩20分くらい

カオモックガイの名店その2「ムスリム・レストラン」

カオモックガイの名店その2「ムスリム・レストラン」

写真:中川 康雄

地図を見る

そして次にご紹介するのが「ムスリム レストラン」。お店がある場所は、BTSのサパン・タクシン駅の近く。そこから歩いて約5〜10分くらいのところにあります。道路側には壁がなく開放的な店内。店頭には作り置きされた料理の数々がガラス棚にディスプレイされているので、そのなかから気になる料理を選んでみても良いでしょう。

カオモックガイの名店その2「ムスリム・レストラン」

写真:中川 康雄

地図を見る

そしてもちろん、こちらでも丁寧に作られた「カオモックガイ」を食べられます。「カオモックガイ」とはタイ料理版・ビリヤニのことで、英語ではそう書かれています。このお店の「カオモックガイ」には、別皿でかけて食べるカレーっぽいソースと、輪切りの青唐辛子ときゅうりが出てきます。このカレーぽいものをライスと一緒に食べると、さらに味が複雑なものになって美味しい。

カオモックガイの名店その2「ムスリム・レストラン」

写真:中川 康雄

地図を見る

お店の「スープガイ」も、見た目からは分かりにくいのですがかなり辛いです。基本的に薄味なので、余計にその辛さが引き立ちます。「スープガイ」は、基本的に辛いものと認識しておきましょう。辛いものが苦手な人は避けたほうがよいかもしれません。

<基本情報>
住所:1354-56 Soi42 Charoen Krung Rd., Bangkok
電話番号:+66-2-234-1876
アクセス:BTSサパン・タクシン駅から徒歩5〜10分くらい

カオモックガイの名店その3「ラーンジウ カオモックガイ」

カオモックガイの名店その3「ラーンジウ カオモックガイ」

写真:中川 康雄

地図を見る

そして最後にご紹介するのが「ラーンジウ カオモックガイ」。このお店が一番、知らなければまず旅行者が足を運ぶことのないような場所にあります。ま店構えもこじんまりとしているので、普通ならほとんどが人が素通りしてしまうのではないでしょうか。このお店は、1日2、3時間しかオープンしていません。そのため、午前中に足を運んでおくのがおすすめです。

カオモックガイの名店その3「ラーンジウ カオモックガイ」

写真:中川 康雄

地図を見る

このお店の「カオモックガイ」は、しっかりと煮込まれてホロホロ状態になったチキンが、ライスのなかではなく上に乗っているところが特徴。大きなチキンがドンと乗っていてなかなか迫力のあるビジュアル。また、チキンを煮込んだ汁も少しライスにかけられていて、スパイスで風味付けされたライスと合わさって食欲をそそる香りを漂わせています。

カオモックガイの名店その3「ラーンジウ カオモックガイ」

写真:中川 康雄

地図を見る

このお店の「スープガイ」の特徴は、ほかの店舗よりもさらに薄味で辛いこと。香菜などに隠れてわかりにくいのですが、よく目を凝らしてみると青唐辛子の輪切りがスープのなかにたくさん漂っているのが見てとれます。辛いのが苦手な人は、その唐辛子の輪切りを避けながらスープを飲むのをおすすめ。それでも辛いです。

<基本情報>
住所:786 Soi43 Charoen Krung Rd., Bangkok
電話番号:+66-84-640-5775
アクセス:MRTファランポーン、BTSサパン・タクシンから徒歩20分くらい

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

カオマンガイの次は「カオモックガイ」!

いかがでしたか?タイの首都・バンコクで、イスラム系タイ料理「カオモックガイ」の美味しいお店3選。鶏肉を使った中華系タイ料理の代表格・カオマンガイを食べてみたら、ぜひこちらのイスラム系タイ料理「カオモックガイ」も試してみてください。タイ料理の持つ、懐の深さや多様性を実感できることと思います。

※2018年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2018/06/20−2018/06/25 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -