マレーシアのスコーン発祥地「キャメロンハイランド」カフェ3選

| マレーシア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

マレーシアのスコーン発祥地「キャメロンハイランド」カフェ3選

マレーシアのスコーン発祥地「キャメロンハイランド」カフェ3選

更新日:2018/07/12 17:49

はせ 鱗人のプロフィール写真 はせ 鱗人 フォトエッセイスト

標高1500メートルから1800メートルの高地、マレーシア「キャメロンハイランド」。この地の名物は、イギリス植民地時代に涼しい地を求めたイギリス人達が残した産物、スコーン。街を歩くとスコーンを扱う店の多さに驚きます。地元の人たちは、ここキャメロンハイランドがマレーシアのスコーン発祥の地だと言います。特産のいちごを使う等、独自のキャラクターを持つ、美味しいと評判のスコーンカフェを紹介します。

The LORDS CAFE(ザローズカフェ)、口コミでヨーロッパ人が集まる

The LORDS CAFE(ザローズカフェ)、口コミでヨーロッパ人が集まる

写真:はせ 鱗人

地図を見る

地元では通称「Tカフェ」と呼ばれる「The LORDS CAFE(ザローズカフェ)」。営業時間は、午前10時から午後6時。注文は、何とお客さんが備えてあるメモ用紙に記入して店員に渡します。注文の品が出来上がると、室内放送が流れ、お客さんが取りに行くシステム。その分、当然安価で、しかも味が良いと口コミで広まり、多くのヨーロッパ人が多く訪れている光景に出会います。

The LORDS CAFE(ザローズカフェ)、口コミでヨーロッパ人が集まる

写真:はせ 鱗人

地図を見る

店内は落ち着いた雰囲気です。女店主いち押しのスコーンは、安価で味が良いと地元で評判。地元の人たちはここで購入し、家に持ち帰って食べる人もいます。試行を重ね、現在の味にたどり着いたスコーン。上記写真のセットは85円程度です。

The LORDS CAFE(ザローズカフェ)、口コミでヨーロッパ人が集まる

写真:はせ 鱗人

地図を見る

もう一つ、推薦したいのが「レモン・チーズケーキ」。サワーが効き甘さ控えめ。スパイシーな味が多いマレーシア。そんなマレーシアで食すにはぴったりな味です。ぜひお試しください。1個140円程度。

<基本情報>
住所:No 4,Jalan Besar, Tanah Rata, 39000 Tanah Rata, Pahang
電話番号:+06-019-5722-883
アクセス:タナラタバスステーションから徒歩1分

イギリス植民地時代の建物を改装したBarracks Cafe(バラックス・カフェ)でスコーン

イギリス植民地時代の建物を改装したBarracks Cafe(バラックス・カフェ)でスコーン

写真:はせ 鱗人

地図を見る

イギリス植民地時代の建物を改装した「Barracks Cafe(バラックス カフェ)」。当時はイギリス軍が使用し、その後マレーシア人の家として利用されていました。当時の写真が室内に展示されています。一風変わった建物でスコーンを食べてみましょう。

イギリス植民地時代の建物を改装したBarracks Cafe(バラックス・カフェ)でスコーン

写真:はせ 鱗人

地図を見る

自家製のスコーンは、口に含むとしっとりバター味がベース。添えられる「いちごジャム」のいちごは、直接いちご農家に買い出しに行きます。新鮮なイチゴで作った「いちごジャム」とスコーンは、絶妙の味わい。

イギリス植民地時代の建物を改装したBarracks Cafe(バラックス・カフェ)でスコーン

写真:はせ 鱗人

地図を見る

おしゃれな庭園もあり、ゆったりと過ごすことができます。

<基本情報>
住所:No 1, Jalan Gereja, Tanah Rata, 39000 Tanah Rata, Pahang
電話番号:+60-011-1464-8883
アクセス:タナラタバスステーションから徒歩10分

自家農園で穫れる無農薬のイチゴを使う「スコット・カフェ」

自家農園で穫れる無農薬のイチゴを使う「スコット・カフェ」

写真:はせ 鱗人

地図を見る

ダウンタウンの繁華街に位置する「スコット・カフェ」。英国で1年間、「食の勉強」をした店主の影響もあり、店は英国の匂いがします。

自家農園で穫れる無農薬のイチゴを使う「スコット・カフェ」

提供元:photographer Sanjay Jagathesen

地図を見る

スコーンはこの店の看板。人気の秘訣は、自家栽培をしている無農薬のイチゴから作る「いちごジャム」。それにクロテクト クリームです。「クロテクト クリームは、キャメランハイランドだけでなく、マレーシアのどこにもない」と主人。バター味がベースのクリーム。ぜひお試しください。

自家農園で穫れる無農薬のイチゴを使う「スコット・カフェ」

提供元:photographer Sanjay Jagathesen

地図を見る

無農薬栽培で出来た「いちご」をベースにした飲み物。この店のモットーである「おしゃれ」を表現して作られました。

<基本情報>
住所:no 24, Jalan Besar, Tanah Rata, 39000 Tanah Rata, Pahang
電話番号:+06-016-416-4775
アクセス:タナラタバスステーションから徒歩2分

マレーシアのスコーン発祥の地「キャメロンハイランド」はやはり美味しい

マレーシアのスコーン発祥の地、キャメロンハイランド。多くの店がスコーンを扱う。歴史、風土から生まれたスコーン。その中でも、独特の主張を持った3店。ぜひ、食べ比べてみてください。

2018年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/06/13−2018/07/07 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -