麒麟がくる!京都亀岡で明智光秀ゆかりの地をめぐろう

| 京都府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

麒麟がくる!京都亀岡で明智光秀ゆかりの地をめぐろう

麒麟がくる!京都亀岡で明智光秀ゆかりの地をめぐろう

更新日:2018/07/05 11:12

bowのプロフィール写真 bow トラベルライター

京都府亀岡市は明智光秀の丹波平定の拠点となった町。その後、丹波は光秀の領国となり現在の町並みの礎を築いたといわれています。2020年のNHK大河ドラマにも決定した明智光秀、亀岡にあるゆかりのスポットをめぐってみましょう。

光秀寺こと谷性寺(こくしょうじ)とききょうの里

光秀寺こと谷性寺(こくしょうじ)とききょうの里

写真:bow

地図を見る

「谷性寺(こくしょうじ)」は別名光秀寺と呼ばれる古刹。創建は平安時代といわれ、不動明王がご本尊。明智光秀はこの不動明王を厚く崇敬していました。織田信長を本能寺で討つ決意をした際、不動明王に「一殺多生の降魔の剣を授けたまえ」と誓願したといわれています。

光秀寺こと谷性寺(こくしょうじ)とききょうの里

写真:bow

地図を見る

「谷性寺」には光秀の首塚があります。山崎の合戦に敗れ、坂本城へと向かう際に命を落とした光秀。介錯をした溝尾庄兵衛は光秀の首を近臣に託し、生前に信仰していた「谷性寺」に運び葬ったといわれています。

光秀寺こと谷性寺(こくしょうじ)とききょうの里

写真:bow

地図を見る

明智光秀の家紋といえば桔梗紋。ここでは光秀をしのんでいつのころからか桔梗が植えられ、今では境内と門前一帯が「ききょうの里」として6月下旬から8月頃まで境内一帯が桔梗で彩られるのです。

<谷性寺の基本情報>
住所:京都府亀岡市宮前町猪倉土山39
電話番号:0771-26-2054

<ききょうの里の基本情報>
開催期間:6月23日〜7月22日
開園時間:9:00〜17:00
入園料:500円
アクセス:京阪京都交通バス「猪倉」下車徒歩5分、京都縦貫自動車道「亀岡」IC下車約15分

光秀が築城した「亀山城」

光秀が築城した「亀山城」

写真:bow

地図を見る

光秀が丹波平定の拠点として築城した「亀山城」ですが明治の廃城令により天守は解体、土地の所有者も転々としていきます。現在は宗教法人大本の本部としてその敷地内に痕跡を残すのみ。中でも本丸付近の石垣は安土桃山時代に穴太衆により造られたものが現在も残り、貴重な文化財とされています。

光秀が築城した「亀山城」

写真:bow

地図を見る

ただし城址は大本の聖地であり、観光地ではありません。見学を希望するには「みろく館」の受付にて記帳の上、見学しましょう。なお「みろく館」の2Fには亀山城の歴史に関しての常設展示もあるので立ち寄ってみましょう。

<宗教法人大本・亀岡天恩郷の基本情報>
住所:亀岡市荒塚町内丸1
電話番号:0771-22-5561
アクセス:JR嵯峨野山陰線「亀岡」下車徒歩約10分、京都縦貫自動車道「亀岡」IC下車約10分

「明智越」は光秀が愛宕山へ向かったルート

「明智越」は光秀が愛宕山へ向かったルート

写真:bow

地図を見る

JR亀岡駅から保津川を渡りしばらく歩けば、愛宕山へと通じるハイキングコースの入口があります。古来は京都と亀岡を結ぶ重要なルートのひとつだったとされているこの道は「明智越」と呼ばれています。

「明智越」は光秀が愛宕山へ向かったルート

写真:bow

地図を見る

明智光秀が本能寺の変で織田信長を討つ際、愛宕山に登って武運を祈願し、おみくじを三回引いたといわれるのは有名なエピソード。そして「愛宕百韻」という連歌を催したことでも知られています。その際に発句として詠まれた「ときは今あめが下知る五月哉」は、謀反の予告ではないかとされ後世に語り継がれました。

そんな光秀が亀岡から愛宕山へ参った際に通った道ということで、今も「明智越」と呼ばれているのです。

「明智越」は光秀が愛宕山へ向かったルート

写真:bow

地図を見る

現在はハイキングコースとして知られている「明智越」。本能寺へと攻め入る際は兵15000を三段に構え、この明智越、老ノ坂、唐櫃越の三面から信長の元へと向かったとされています。

<明智越(簀戸口)の基本情報>
住所:京都府亀岡市保津町山ノ坊
アクセス:JR嵯峨野山陰線「亀岡」下車徒歩約25分

明智戻り岩

明智戻り岩

写真:bow

地図を見る

亀岡と大阪の池田を結ぶ国道423号線、通称摂丹街道。亀岡から大阪方面へ向かう法貴峠の旧道に「明智戻り岩(屏風岩)」と呼ばれる岩があります。

明智戻り岩

写真:bow

地図を見る

驚くほど巨大な「明智戻り岩」の由来は、光秀が羽柴秀吉の援軍として中国へと向かう際にここで折り返して本能寺へ向かったためとされるもの。ただし由来に関しては諸説があり、この先の城攻めをしていた際にこの岩のために攻めきれずに引き返した説なども考えられています。

<明智の戻り岩の基本情報>
住所:京都府亀岡市曽我部町法貴明智岩
アクセス:京都縦貫自動車道「亀岡」IC下車約15分

亀岡でめぐろう、明智光秀ゆかりのスポット!

2020年NHK大河ドラマに「麒麟がくる」が決定!長らく明智光秀での大河ドラマ誘致を続けてきた、亀岡をはじめとする丹波地方の市町村はようやく念願が叶いました。2020年に向けて様々なイベントが計画されており今後も注目される丹波地方。まずは亀岡で光秀ゆかりのスポットをめぐってみてはいかがでしょうか。


2018年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/06/26 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -