北海道・室蘭夜景見学バスに乗って室蘭の工場夜景を楽しもう!

| 北海道

| 旅の専門家がお届けする観光情報

北海道・室蘭夜景見学バスに乗って室蘭の工場夜景を楽しもう!

北海道・室蘭夜景見学バスに乗って室蘭の工場夜景を楽しもう!

更新日:2018/07/12 11:53

ヨッシー 宙船のプロフィール写真 ヨッシー 宙船 乗り物好きライター

日本10大工場夜景の1つ、北海道室蘭市は、湾となっている港の周りに鉄鋼業、化学工業、造船業を中心に工場が集中しています。また夜間も操業する工場やライトアップされる白鳥大橋があるため、夜景が有名です。室蘭観光協会では冬季を除く毎週土曜日を中心に、主な夜景ポイントを楽しめるバスツアーを運行し好評です。夜景バスでしか行けない場所もあるこのツアーを利用して室蘭の夜を楽しんでみませんか。

最初は道の駅「みたら室蘭」から

最初は道の駅「みたら室蘭」から

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

室蘭夜景バスは日没が近い時刻にJR東室蘭駅、旧室蘭駅、フェリーターミナルを出発し、最初は室蘭市内にある道の駅「みたら室蘭」に到着します。「みたら室蘭」は室蘭の名所である白鳥大橋(写真)の入口付近にあり、また道の駅からは対岸にある石油化学工場の夜景も見えます。展望台でカメラを構えるもよし、白鳥大橋の勉強が出来る展示コーナーへ向かうもよし、1階の売店で土産等を買う事も出来ます。

ただ、このツアー途中で唯一トイレがあり、飲食物を購入できる場所でもあるため、注意しましょう。

通常入場不可の絶景ポイント!陣屋除雪ステーション

通常入場不可の絶景ポイント!陣屋除雪ステーション

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

道の駅の後は白鳥大橋を渡ります。白鳥大橋を渡ってすぐの場所に、北海道開発局が管理する陣屋(じんや)除雪ステーションがあり、通常は一般人は入る事が出来ません。なんと夜景バスが立寄る時のみ、開発局の管理者が開けて撮影出来ます。渡ってきたばかりの白鳥大橋を間近で撮影出来るほか、目の前には石油化学工場(写真)があります。石油化学工場の煙突は室蘭市民の投票により「室蘭マリンブルー」に塗り替えられたものです。

なお陣屋除雪ステーションは足元が暗く、小さくてもいいので懐中電灯があるとより安全。三脚を立てる事が出来る場所はありますが、少し狭いので撮影時は特に注意して下さい。

通常入場不可の絶景ポイント!陣屋除雪ステーション

提供元:室蘭市

http://www.city.muroran.lg.jp/地図を見る

夜景バスは停まりませんが、次に停まる崎守埠頭へ向かう途中に白鳥湾展望台があります。交通状況によってはバスは徐行し、車内も消灯して車窓から写真のような夜景を楽しめます。白鳥湾展望台の夜景のメインは化学工場です。

通常入場不可の絶景ポイント!陣屋除雪ステーション

提供元:室蘭市

http://www.city.muroran.lg.jp/地図を見る

崎守埠頭に向かう途中の白鳥台地区からは、写真の様に白鳥大橋と化学工場が白鳥湾展望台とはまた違った角度から眺める事が出来ます。

大型客船も接岸!崎守ビュースポットで撮影!

大型客船も接岸!崎守ビュースポットで撮影!

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

崎守ビュースポットとも言われ、室蘭港で大型船が接岸可能な崎守埠頭では白鳥大橋が正面から見えます(写真)。三脚も立てやすく、足元は比較的良いです。2018年6月22日以降は室蘭を出港し、白鳥大橋を通過するシルバーフェリーを20時15分頃に見る事が可能。フェリー以外にも室蘭港を出入りする船を含めたアングルを狙えます。

大型客船も接岸!崎守ビュースポットで撮影!

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

崎守埠頭の左側は化学工場がまた違ったアングルで撮影可能です。港内波浪が穏やかであれば、工場の明かりが海に反射して鮮やかさを増します。

祝津公園展望台から白鳥大橋・工場群を撮影!

祝津公園展望台から白鳥大橋・工場群を撮影!

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

崎守埠頭の後は再び白鳥大橋を渡り、室蘭港を眺めるビュースポット・祝津公園展望台へ向かいます。道の駅「みたら室蘭」より高い所からより広く白鳥大橋や化学工場を眺める事が出来る(写真)場所です。こちらは展望台が明るく、三脚も立てやすいですが、夏の間は虫が多い場所なので虫よけスプレーを用意して下さい。

測量山のライトアップも見逃せない!

測量山のライトアップも見逃せない!

提供元:室蘭市

http://www.city.muroran.lg.jp/地図を見る

夜景バスの停車場所には含まれていませんが、室蘭の山の夜景と言えば測量山のライトアップも見逃せません。北海道電力から1988年に設営した電波塔のライトアップ設備を、室蘭ルネッサンスが維持・管理しています。点灯にかかる費用は全て一般市民の寄付金で賄われるという全国でも珍しいライトアップ。ライトアップと共にメッセージも一緒に出され、メッセージは地元新聞、ラジオ、室蘭ルネッサンスホームページで公表されます。

夜景バスの運行中では、祝津公園展望台を下ってからフェリーターミナルに向かう道中が最も見やすいです。

室蘭夜景バスの基本情報

主催者:一般社団法人 室蘭観光協会
電話:0143-23-0102
参加費:1人1,500円
集合場所:JR東室蘭駅東口、旧室蘭駅、室蘭フェリーターミナルのうちいずれかを決める。
ツアー申込:上記電話番号へ運行当日の15時まで。満席になり次第締切。

2018年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/06/23 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -