タイティと創作中華!バンコクの「Lhong Tou Cafe」が美味しい

| タイ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

タイティと創作中華!バンコクの「Lhong Tou Cafe」が美味しい

タイティと創作中華!バンコクの「Lhong Tou Cafe」が美味しい

更新日:2018/07/06 10:50

中川 康雄のプロフィール写真 中川 康雄 ご当地グルメ探検家

バンコクの観光名所のひとつ、「ヤワラー」と呼ばれているチャイナタウン。このエリアは、タイと中華の文化が融合したさまざまなおいしいものが食べられるグルメタウンです。また、古くて味わいのある建物を活かしたカフェが多いことでも有名です。ここでは、2018年にできた「Lhong Tou Cafe」をご紹介。おしゃれなお店なのはもちろん、オリジナルなタイティや創作中華などが楽しめるおすすめのカフェです。

バンコクの中華街にあるカジュアルなおしゃれカフェ

バンコクの中華街にあるカジュアルなおしゃれカフェ

写真:中川 康雄

地図を見る

「Lhong Tou Cafe」があるのは、バンコクの中華街・ヤワラートと呼ばれているエリア。このエリアは、タイと中華の食文化が融合した料理や古い建物を利用したおしゃれなカフェやショップなどがたくさんある人気の観光スポットです。2018年5月に新しくできたばかりのピカピカのカフェ。ガラス張りで清潔感の漂う外観で、たとえ一人でもフラッと立ち寄れるようなカジュアルさがあります。

どこか遊び心のある工夫が凝らされた店内

どこか遊び心のある工夫が凝らされた店内

写真:中川 康雄

地図を見る

店内には、こまごまとした観葉植物やインテリアが数多く設置してあります。全体として統一感がとれていて、お店の世界観を形作っています。置かれている小物も、どことなくレトロで懐かしい雰囲気も漂うもの。店内の空間は縦長になっていて、通路に待機しているお店のスタッフにも声をかけやすい空間です。お店の入り口からみて右手側は大きく鏡ばりで開放感ある演出がなされています

どこか遊び心のある工夫が凝らされた店内

写真:中川 康雄

地図を見る

一般的なテーブル席もありますが、お店の入って左手にある座席はちょっと変わっています。まるでテトリスのブロックを重ねたような2段組み。上段の席には、鉄パイプをつたっていくスタイルなので、昇るさいには、うっかり落っこちないように気をつけましょう。

オリジナルなタイティや丁寧につくられたお茶請け

オリジナルなタイティや丁寧につくられたお茶請け

写真:中川 康雄

地図を見る

このお店のドリンクの看板メニューのひとつ「タイティ」。こちらはタイでは定番の飲み物で、強めのオレンジ色と甘さが特徴の紅茶です。

このお店のものは、オリジナルな工夫が施されています。そのことはビジュアルに現れています。紅茶の部分とクリームの部分のコントラストが美しい。クリームの泡の上にあしらわれたフレークもアクセントに。中華風の受け皿にもこだわりを感じさせてくれます。細長いビスケット付き。

オリジナルなタイティや丁寧につくられたお茶請け

写真:中川 康雄

地図を見る

お茶請けにもぴったりなこのお店の人気メニューのひとつ「EGG LAVA BUN」。これは揚げられたまんじゅうのなかに卵の黄身が入っているというもの。「LAVA」とは英語で「溶岩」という意味を持っているのだとか。ひとつ注文すると、こんな小皿にのせられて登場します。

オリジナルなタイティや丁寧につくられたお茶請け

写真:中川 康雄

地図を見る

割ってみると、なかには卵の黄身が入っています。揚げられたバンとトロリとした黄身の相性はばつぐん。これひとつで、なんだか幸せな気分になれるような贅沢さが楽しめるメニューとなっています。

こだわりを感じさせる中華風の朝食セット

こだわりを感じさせる中華風の朝食セット

写真:中川 康雄

地図を見る

このお店でおすすめなのが、お粥をメインとした中華風の朝食セットです。せいろ風の容器のなかには、小皿に盛られたお粥と相性のよい8種類の料理。真ん中あたりのオレンジ色の料理はアプリコットのようにみえますが、卵の黄身を固めたもの。ちょうどよい塩気と濃厚な旨味がお粥とよく合います。

こだわりを感じさせる中華風の朝食セット

写真:中川 康雄

地図を見る

見た目が美しいだけでなく、ひと品ひと品が丁寧につくられていることがわかります。その味には一切の手抜きのようなものは感じられません。味付けもちょうどよく、タイのスパイシーな料理に疲れてしまったときなどにもぴったり。ちょっと日本っぽさも感じさせてくれるような優しい味わいとなっています。

こだわりを感じさせる中華風の朝食セット

写真:中川 康雄

地図を見る

そのほかには、このお店のオリジナルなシュウマイなど、魅力的なメニューも。中華料理をベースにしながらも多才なアレンジが加えられています。見た目の美しさだけでなく、その味わいのほうにも必然性のあるアレンジであるのが特筆すべきところ。中華料理をカフェ風メニューにうまく昇華して、ただのアイデアだけでなく美味しさの確信に基づいたアレンジです。

バンコク観光の合間にもぴったりな「Lhong Tou Cafe」

バンコク観光の合間にもぴったりな「Lhong Tou Cafe」

写真:中川 康雄

地図を見る

いかがでしたか?バンコクの中華街・ヤワラートに新しくできた「Lhong Tou Cafe」。タイの定番ドリンク「タイティ」やこのお店ならではのアレンジ中華料理が食べられるおしゃれカフェです。おしゃれな内装でありながらレトロで落ち着いた空間も魅力。バンコク観光の合間にフラッと立ち寄るのにもぴったりです。ぜひその古くて新しい味わいを確かめてみてください。

Lhong Tou Cafeの基本情報

住所:538 Yaowarat Rd, Samphanthawong, Bangkok
電話番号:+66-85-824-6934
アクセス:ファランポーン駅から徒歩15分

2018年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/07/28 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -