バンコクの路地裏に。老舗のローカル食堂「タイヘン」

| タイ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

バンコクの路地裏に。老舗のローカル食堂「タイヘン」

バンコクの路地裏に。老舗のローカル食堂「タイヘン」

更新日:2018/07/08 20:02

中川 康雄のプロフィール写真 中川 康雄 ご当地グルメ探検家

観光スポットとして名高いバンコクの中華街・ヤワラート。このエリアは、タイと中華の食文化がフュージョンした料理が数多くあるグルメタウンです。ここでは、中華系タイ料理「カオマンガイ」を看板メニューに据える、何十年という歴史を持つ老舗のローカル食堂「タイヘン」をご紹介。「カオマンガイ」だけでなく、ほかにも美味しいタイ料理があるのも魅力的です。

中華街の路地裏にひっそりと佇む老舗の食堂

中華街の路地裏にひっそりと佇む老舗の食堂

写真:中川 康雄

地図を見る

老舗のローカル食堂「タイヘン(Thai Heng)」があるのは、バンコクの中華街・ヤワラートのエリア。「ほんとにこんな路地裏に老舗の食堂があるのかな?」と思うくらいの場所に、ひっそりとお店を構えています。外国からの旅行者が数多く訪れるといったよりは、基本的には地元の人たちにとっての日常の一部となったローカル食堂といった雰囲気。

中華街の路地裏にひっそりと佇む老舗の食堂

写真:中川 康雄

地図を見る

このお店は、何十年もここでお店をかまえている地元の生活に根付いた老舗。座席数が少ないため、その分、席と席の間隔はゆったりと広めにとってあります。メニューにはタイ語とともに英語も併記してあるので、タイ語が読めない人でも比較的容易にお目当ての料理を注文することが可能。オーダーを済ませると、お店の人がひとつひとつの料理を丁寧に作ってくれます。

看板メニューはシンプルな「カオマンガイ」

看板メニューはシンプルな「カオマンガイ」

写真:中川 康雄

地図を見る

こちらがこのお店の看板メニュー「カオマンガイ」。まさにシンプルそのもので、とくに特別なものではないのですが、ご飯はしっかりと鶏の出汁で炊き込んであります。量は少なめなので、ちょっと小腹が空いたくらいでもペロリと食べきることができます。そんなところも、時間に限りのある旅行者にはうれしいところ。

看板メニューはシンプルな「カオマンガイ」

写真:中川 康雄

地図を見る

そして、「カオマンガイ」以外にもおすすめメニューがあります。そのひとつが「スキヘン」。これはタイスキの汁なしバージョンのような料理です。具材は選べますが、ホルモン系のお肉にイカやエビが具材としてミックスされたものがおすすめ。ぱっと見、普通の炒め物のようにみえますが独特の風味がある料理です。

こちらもタイの名物料理のひとつなので、また食べたことがなければここでおさえておきたいところ。日本の鍋料理と同じようにタレにつけて食べていきます。

金・土曜限定メニュー「カノムチン・ハイラム」

金・土曜限定メニュー「カノムチン・ハイラム」

写真:中川 康雄

地図を見る

こちらは「カノムチン・ハイラム」という、日本のうどんに似た麺料理。金曜と土曜限定のメニューです。コシのある麺とさっぱりとしたスープが特徴。一般的なタイ料理よりも、東アジアの日本や中国の麺料理を彷彿とさせる1杯です。汁ありと汁なしのふたつのタイプがあります。写真は汁ありバージョン。

素朴さのなかに歴史を感じさせる名店

素朴さのなかに歴史を感じさせる名店

写真:中川 康雄

地図を見る

いかがでしたか?バンコクの中華街・ヤワラートの路地裏にある老舗のローカル食堂「タイヘン」。落ち着いた雰囲気のなかで、「カオマンガイ」などのローカルなタイ料理を食べるのにぴったりなお店です。お値段は一般的なタイの食堂と同じくらいなのですが、料理はもちろん、スタッフの接客も丁寧なのも印象的。素朴さのなかにも歴史を感じさせてくれる名店です。

タイヘン(Thai Heng)の基本情報

住所:67/4, Soi Charoen Krung 14 (Yaowarat Soi8), Bangkok
電話番号:+66-2-222-6791
アクセス:ファランポーン駅から徒歩15分

2018年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/06/29 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -