札幌から日帰り!夕張メロン食べ放題と絶景ガーデンを巡る「北海道中央バス」の定期観光バスツアー

| 北海道

| 旅の専門家がお届けする観光情報

札幌から日帰り!夕張メロン食べ放題と絶景ガーデンを巡る「北海道中央バス」の定期観光バスツアー

札幌から日帰り!夕張メロン食べ放題と絶景ガーデンを巡る「北海道中央バス」の定期観光バスツアー

更新日:2018/07/13 17:08

ろぼたんのプロフィール写真 ろぼたん 週末の旅人、北国グルメ推進委員会

北海道に旅行したいけれど、北海道は広すぎてどこを巡ればいいのか迷っちゃう…。そんな人におすすめなのが、札幌から日帰りで利用できる北海道中央バスの定期観光バスツアー。はじめての北海道旅行はもちろん、定番の観光スポットから更に足を延ばして楽しみたい人にぴったり。

今回は旬の夕張メロン食べ放題までついたバスツアーに私、ろぼたんが参加してきました。北海道の夏の魅力を存分に味わえるツアーをご紹介!(PR)

夏の北海道旅行なら、札幌から日帰りでおすすめスポットに行くバスツアーがお得

夏の北海道旅行なら、札幌から日帰りでおすすめスポットに行くバスツアーがお得

写真:ろぼたん

地図を見る

「夏の北海道旅行を楽しみたいけれど、札幌から日帰りで立ち寄れるおすすめのスポットはどこ?」札幌在住でトラベルライターをしているので、道外から訪れる親戚や友人によく尋ねられるこの質問。

実は地元民でも答えに悩むんです。ほんと気軽に聞いてくるんですよね。北海道の広さを知らずに…。札幌からアクセスしやすい小樽や支笏湖は?え?もう行った?二度目、三度目の札幌で日帰りできるおすすめスポット?…ワガママだなぁ。

そんなワガママを叶えちゃう「北海道中央バスのツアー」に私、ろぼたんが夫のろぼだん(旦那)と参加!なんとこのバスツアー、夏が旬の夕張メロンを食べ放題で楽しめて、北海道らしい景色も満喫、地元の人に人気のスポットを巡る充実の内容。これって、道産子が参加しても面白いんでない?(←興奮して訛りました)

夏の北海道旅行なら、札幌から日帰りでおすすめスポットに行くバスツアーがお得

写真:ろぼたん

地図を見る

出発は札幌駅バスターミナル。出発時刻は8:25なので、少々早起きが必要。でも、移動中は寝ていても目的地に着くバスは、自分で運転するよりずっと疲れない…!スゴク楽!これは一緒に行った夫、ろぼだんのコメント。確かに、途中いびきをかいていたような…。

今回のツアーで利用するバスの中には無料Wi-Fiはもちろんのこと、スマートフォン充電用のコンセント口が完備。利用する人はUSBケーブルと充電器はスーツケースにしまわず、手荷物にしておくべし。

このツアーを友人にすすめたいなと思ったポイントのひとつは、札幌への帰り道、新千歳空港に立ち寄ってくれる点。重たいスーツケースはバスの中に預けたまま観光。新千歳空港で降車できちゃう。札幌⇔新千歳空港間の移動時間を有効に使えるのは観光客にとって嬉しいかぎり。移動費用だってツアー代に含まれてると思うと二重にお得です!

夏の北海道旅行なら、札幌から日帰りでおすすめスポットに行くバスツアーがお得

提供元:ろぼだん(ろぼたんの夫)

地図を見る

ツアー中は、バスガイドさんが北海道の観光案内をしてくれるだけでなく、各観光スポットのタイムキーパーとして旅を上手にお手伝い。個人旅行のときのように、土地勘がわからず、ついつい遊び過ぎてしまって、帰りの飛行機に間に合うかドキドキ…!なんて心配もしなくて大丈夫!

9:45:花咲く庭園!ゆにガーデンの花畑がフォトジェニック

9:45:花咲く庭園!ゆにガーデンの花畑がフォトジェニック

提供元:ろぼだん(ろぼたんの夫)

地図を見る

最初に到着するのが、国内最大級の英国風庭園のある「ゆにガーデン」。特に初夏〜秋にかけては、花盛りでとってもフォトジェニック。

…なんですが、この日はどんより曇り空。しかも風まで強い…!6月下旬なのに寒いんですけど、北海道!それでもお花は健気に咲いています。晴れていたらもっとキレイだったんだろうなぁ。

9:45:花咲く庭園!ゆにガーデンの花畑がフォトジェニック

提供元:ろぼだん(ろぼたんの夫)

地図を見る

敷地内には15種類ものテーマガーデン、レストラン、カフェテリア、由仁産野菜やハーブ花苗の直売所の『ファーマーズマーケット』などが。広い、広すぎ。

このバスツアーでの滞在時間は85分。1時間以上あるとはいえ、キレイだな〜なんてお花に見惚れていると、あっという間に時間は過ぎてしまいます。

9:45:花咲く庭園!ゆにガーデンの花畑がフォトジェニック

写真:ろぼたん

地図を見る

まずは、園内周回バス「そらち姫の馬車」 (1周15〜20分)に乗って園内全体の雰囲気をつかむのがおすすめ。効率的に見どころを巡れます。循環バス代金はツアーの料金に含まれているので利用しない手はなし。

また園内のカフェで利用できるソフトクリームの割引券もついています。ろぼたんも1つペロリと食べちゃいました。北海道のソフトクリームってほんと美味しいから、北海道に来たら絶対一度は食べてみてくださいね!

12:00:YBM48選抜メンバーはここで選ばれる!?夕張メロン選果場

12:00:YBM48選抜メンバーはここで選ばれる!?夕張メロン選果場

写真:ろぼたん

地図を見る

次に訪れるのが、夕張市農業協同組合選果場。夕張メロンの品質検査をする場所であり、生産者が丹精込めて作り上げた夕張メロンのオーディション会場のような場所。

ここで、YBM48(夕張メロン48)の選抜入りするのか、はたまたアンダーになるのか、ネクストになるのか…、高級ブランドとしての等級付けが行われるのです。

12:00:YBM48選抜メンバーはここで選ばれる!?夕張メロン選果場

写真:ろぼたん

地図を見る

ここで働く夕張の皆さんは真剣そのもの。手際のよい作業風景の中に、鋭い眼差しや緊張感といったものを感じます。

夕張メロンが高級ブランドとして名を馳せているのも、これだけの審査、試験が行われている様子を見れば納得。

12:00:YBM48選抜メンバーはここで選ばれる!?夕張メロン選果場

写真:ろぼたん

地図を見る

選果場の中では「夕張メロン観光大使」が美味しいメロンの見分け方、食べ方、夕張メロンの等級の違いなどをユーモアを交えて楽しく教えてくれます。

山積みにされた夕張メロンの箱、次々と品質チェックされていくメロン…、圧倒される作業風景を見ていると、出荷されていくメロンを応援したい気持ちの他に、このメロンを食べてみたい気持ちが起きるはず…!早く食べさせて〜!

12:30:ランチは北海道グルメ!夕張メロン食べ放題の幸せ

12:30:ランチは北海道グルメ!夕張メロン食べ放題の幸せ

写真:ろぼたん

地図を見る

このバスツアーの目玉となるのが、ランチビュッフェでいただける「夕張メロン食べ放題」。「めろんのテラス」で開催されているこのランチビュッフェは、北海道でも知る人ぞ知るビュッフェだったのですが、口コミで人気に火がついてしまい、最近では行列のできるビュッフェに。

ですが、このバスツアー参加者は予約席を確保。一般客が並んでいる横をススッと通り抜けて待たずにいただけます。

12:30:ランチは北海道グルメ!夕張メロン食べ放題の幸せ

写真:ろぼたん

地図を見る

夕張メロンといえば、オレンジの果肉が特徴。ジューシーな果肉がとろける食感。ジュワワワワッと甘いメロンのジュースが口の中いっぱいに広がって、歯がなくても食べられちゃう。

12:30:ランチは北海道グルメ!夕張メロン食べ放題の幸せ

写真:ろぼたん

地図を見る

1玉だって、2玉だって、好きなだけ食べてOK!夕張メロンの他にも、ステーキや北海道産の食材を使ったメニューもあり、お腹いっぱい食べられます。でも、旬の夕張メロンをひたすら食べ続けちゃう…っていうのもアリ!全然アリ!

先ほど見学した夕張メロンをお土産として購入することも可能です。

道産子がみてもお得!札幌から日帰りのバスツアーが面白い

九州、四国をあわせてもまだそれよりも広大な面積のある北海道。レンタカーをかりてドライブするのも楽しいけれど、運転手をたてることなく、移動時間はお喋りしたり、眠ったり自由に時間を使えるのもバスツアーならでは。

今回ろぼたんが体験したのは、北海道中央バスが開催している「まるごと北海道いいとこ巡りコース」。季節や時間帯などによって、札幌から日帰りできるバスツアーは色々ありますので、是非チェックしてみてください。

■運行期間:2018年6月15日〜8月20日
■所要時間:9時間20分(一部期間は8時間55分)
■料金:大人6,600円、小人3,600円
※昼食代金・メロン食べ放題料金・ゆにガーデン入園料などを含む
札幌駅前バスターミナル / 8:25発・17:20着(6/15〜6/19・8/11〜8/20)
札幌駅前バスターミナル / 8:25発・17:45着(6/20〜8/10)

【この記事は 北海道中央バス株式会社 とのタイアップです。】
※上記は2018年6月現在の情報です。ツアーの内容は時期や天候により変更になることもあるので、事前に公式サイトなどでご確認ください。
※記事内でご紹介している時間はおおよその目安です。
※北海道中央バスでは北海道内での都市間高速バスも運行しています。長距離移動でも必ず座れるバスは快適ですよ。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/06/23 訪問
LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ