3歳から免許が取れる!?大分・城島高原パークのキッズ・ドライビング・スクール

| 大分県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

3歳から免許が取れる!?大分・城島高原パークのキッズ・ドライビング・スクール

3歳から免許が取れる!?大分・城島高原パークのキッズ・ドライビング・スクール

更新日:2018/07/10 16:39

宮腰 由希子のプロフィール写真 宮腰 由希子 国際関係スペシャリスト、ロシア語通訳翻訳

別府と湯布院の間にある「城島高原パーク」内に、3歳から免許が取れるキッズ・ドライビング・スクールがある。いろんな色のかわいいキッズカーが揃っていて、コースもまるで本物の教習所だ。助手席に座る保護者は教習所の先生になった気分で子どもと一緒に教習を楽しめる。子どもが楽しみながら交通安全について学べるアトラクションだ。

子連れで別府や湯布院に来たら、城島高原パークへ

子連れで別府や湯布院に来たら、城島高原パークへ

写真:宮腰 由希子

地図を見る

リゾート施設「城島高原パーク」は、別府と湯布院の間にあり、どちらから向かっても車で15分だ。6万本の米松で組み上げた日本初の木製コースター「ジュピター」が一番人気の遊園地だが、この遊園地のすごいところはそれだけじゃない。なんと、3歳から免許が取れる本物の教習所顔負けのキッズ・ドライビング・スクールがあるのだ。キッズ・ドライビング・スクールでは乗り物のフリーパスが使えないので別途料金がかかるが、車が大好きなキッズなら、運転に夢中になって、ドライビング・スクールから何時間も離れなくなるかもしれない。

大人もビックリ!本格的な子ども専用自動車学校

大人もビックリ!本格的な子ども専用自動車学校

写真:宮腰 由希子

地図を見る

キッズ・ドライビング・スクールは、3歳から小学6年生までの子ども向け自動車学校だ。教習所の門をくぐったら、まずはロビーで入校の申し込みをしよう。受講料を支払い、講習の予約をして、免許証用の証明写真を撮ってもらう。週末は毎時間開講されているが、平日は一日2回しか開講していなので要注意だ。定員もあるので、城島高原パークに着いたら、まずは受講の予約を済ませてしまおう。運悪く雨の日に行っても、小雨なら開講されるのでチケット売り場で確認しよう。

大人もビックリ!本格的な子ども専用自動車学校

写真:宮腰 由希子

地図を見る

まずはみんな一緒に教室でインストラクターによる学科講習を受ける。ビデオを見て交通ルールを学ぶ。英語の字幕付きなので、外国からの子どもでも英語が分かれば受講できるようになっている。学科講習の間は、保護者は教室の後ろや廊下から見学しよう。

大人もビックリ!本格的な子ども専用自動車学校

写真:宮腰 由希子

地図を見る

学科講習が終わったら、いよいよキッズカーに乗り込む。このキッズカーEV-2000は、別府などの地名も入ったナンバープレート付きで、ボディもいろんな色の車両がある。時速4kmで進むので子どもでも安全に運転できる。エンジンにはキーがついていて、アクセルやブレーキ、シフトレバーやウインカー、ハザードランプ、クラクションなども一通りついていて、車好きな子どもでも満足できるような本格的な作りになっている。もちろん、フロントガラスには初心者マークもついている。

3歳から小学2年生までの子どもの場合、保護者が助手席に乗る。この時、運転席の子どもは必ずシートベルトを着用しよう。キッズカーには、3歳未満の子どもや複数の子どもを同乗することはできないので注意しよう。インストラクターが、一通りキッズカーの操作方法を説明してくれたら、いよいよ発進だ!

上手に運転して免許を取ろう!

上手に運転して免許を取ろう!

写真:宮腰 由希子

地図を見る

アクセルを踏んで前進すると、交差点や信号、踏切や「止まれ」の標識など、本物の道路のようなコースが広がる。ここからは制限時間内、交通ルールを守りながらコース内を走行する。助手席にもブレーキがあるので、保護者は教習所の先生になった気分で技能講習をサポートする。特に初めて運転する幼児は、うまくハンドルを使って曲がることができないかもしれないので、必要に応じてハンドル操作もサポートしてあげよう。もちろん、合否には影響しないのでご安心を。

上手に運転して免許を取ろう!

写真:宮腰 由希子

地図を見る

技能講習終了の合図があったら、車庫に車を停めてロビーで合格発表を待とう。電光掲示板にランダムに出ている受験番号が赤く点灯したら合格だ!合格した子どもたち一人ひとりインストラクターから免許証を受け取ろう。この免許証があれば13歳の誕生日まで、このキッズ・ドライビング・スクールでフリー走行ができる。

免許が取れたら上級ライセンスを目指そう!

免許が取れたら上級ライセンスを目指そう!

写真:宮腰 由希子

地図を見る

免許証が取得できたら、次はフリー走行で運転スキルを磨こう。初回ではうまくハンドルが回せなかった幼児でも、2回、3回と乗っているうちに、自分で曲がったり、難しい道の運転もできるようになる。そして、車をぶつけることもなくなってくる。慣れてきたら、お店の駐車場に車を駐車したり、ガソリンスタンドで給油してみよう。

免許が取れたら上級ライセンスを目指そう!

写真:宮腰 由希子

地図を見る

プレミアのパトカーやクラシックカーには小学3年生以上じゃないと乗れないが、小さな子どもでも1台しかないキュートなピンクキッズカーには乗れるのでオススメだ。

10回フリー走行すると、ゴールド免許がもらえ、さらに10回フリー走行すると、B級ライセンスにグレードアップできる。A級ライセンスだけは年に1回しか受験できないが、13歳の誕生日までに何度か通える人は、ぜひA級ライセンスにも挑戦してみよう。

免許が取れたら上級ライセンスを目指そう!

写真:宮腰 由希子

地図を見る

城島高原パークのキッズ・ドライビング・スクールは、全国的にも珍しい本格的な子ども専用自動車学校で、キッズカーや走行コース、ライセンス取得のプロセス、すべてが本物っぽく、車好きなキッズの好奇心とやる気を刺激する。教習を受けることで、運転のスキルだけでなく、交通ルールへの理解もぐっと進むユニークなアトラクションだ。

城島高原パーク「キッズ・ドライビング・スクール」の基本情報

住所:大分県別府市東山 城島高原123
電話番号:0977-22-1165
アクセス:別府ICから県道11号線(別府一宮線・やまなみハイウェイ)から15分

2018年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -