天然のウォータースライダー!夏休みは大分「龍門の滝」へ

| 大分県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

天然のウォータースライダー!夏休みは大分「龍門の滝」へ

天然のウォータースライダー!夏休みは大分「龍門の滝」へ

更新日:2018/07/12 15:51

小野 浩幸のプロフィール写真 小野 浩幸 ミステリアス・スポット研究家

大分県九重町の龍門の滝(竜門の滝とも書きます)は、幅40m、落差20mの二段落としの滝。名勝にも指定されている風光明媚な景観は、四季折々に表情を変えますが、お薦めは何といっても夏。二段目の滝が滑り台のような傾斜になっており、豪快な滝滑りを楽しめます。また、周辺にはキャンプ場や温泉旅館もあり、多くの家族連れで賑わいます。

眺め良し!滑って尚良し!の龍門の滝

眺め良し!滑って尚良し!の龍門の滝

写真:小野 浩幸

地図を見る

龍門の滝の由来は鎌倉時代までさかのぼります。当時、宗から渡来した蘭渓道隆禅師というお坊さんが、この滝を見て、河南府にある竜門の滝に似ていることから、この地を「龍門の滝」と名づけ、吉祥山竜門寺を創建しました。龍門の滝は、お寺の境内にあるという珍しい滝なのです。

眺め良し!滑って尚良し!の龍門の滝

提供元:おおいた風景写真集

http://www.visit-oita.jp/地図を見る

春の新緑や秋の紅葉が色づく景色も素晴らしいのですが、多くの人々は真夏の涼を求めて訪れます。

毎年7月の第3日曜日に滝開きと滝すべりサマーフェスティバルが行われます。安全祈願の法要の後、餅まきやラムネの早飲み競争など様々な催しが行われ、さながら「子どもの祭典」のような1日になり、毎年訪れるリピーターも増えています。

滝を滑る子ども達の歓声がこだまする光景は、いつしか九重町を代表する夏の風物詩になりました。

眺め良し!滑って尚良し!の龍門の滝

提供元:おおいた風景写真集

http://www.visit-oita.jp/地図を見る

二段目の滝を横から見てみると傾斜の角度が分かると思います。最長約50mの滝滑りは、少々スリルも感じる爽快な天然のウォータースライダー。滝の横幅は広くゆとりがありますので、アトラクションのように長蛇の列に並んで順番を待つこともありません。

岩の表面には水苔が生えているので滑りやすくなっていますが、怪我を防止するためにも浮き輪やマットをお尻の下に敷いてください。
近隣のお店で貸し出し(有料)もできます。

源泉かけ流し!龍門温泉でリラックス

源泉かけ流し!龍門温泉でリラックス

提供元:おおいた風景写真集

http://www.visit-oita.jp/地図を見る

川遊びで冷えた身体は、温かい温泉で疲れを癒しましょう。龍門温泉は無色透明、ツルツルとした肌触りが特徴のアルカリ性単純泉です。メタケイ酸が豊富に含まれており、お肌の新陳代謝を促進し若返らせてくれます。

ゆっくりと滞在して楽しみたい龍門の滝

ゆっくりと滞在して楽しみたい龍門の滝

写真:小野 浩幸

地図を見る

龍門の滝は、キャンプ場が充実しています。
滝に一番近いのは、竜門寺が経営する「龍門の滝キャンプ場」。バンガロー(大)10,000円、バンガロー(小)5,000円、テント持ち込みも可能でその場合は大人300円、子ども200円の入村料が必要です。
また、滝を一望できる「竜門上杉キャンプ場」や渓流釣りのできる「オートキャンプ龍門」も近隣にあります。

ゆっくりと滞在して楽しみたい龍門の滝

写真:小野 浩幸

地図を見る

「キャンプは苦手」という方もご安心ください。温泉旅館や農家民宿、ライダーハウス、貸別荘などのバラエティに富んだ宿が揃っています。

せっかくなので九重町のグルメや観光も楽しみたい!

せっかくなので九重町のグルメや観光も楽しみたい!

提供元:おおいた風景写真集

http://www.visit-oita.jp/地図を見る

鮎料理や田舎蕎麦、団子汁といった郷土料理も楽しめますが、特にお薦めしたいのは、九重町の特産品でもある大分県産黒毛和牛の「豊後牛」。ステーキやしゃぶしゃぶ、炙り寿司などで味わえます。

せっかくなので九重町のグルメや観光も楽しみたい!

写真:小野 浩幸

地図を見る

龍門の滝の周辺には、日本一の九重“夢”大吊橋や飯田高原、収穫体験のできるブルーベリー農園など観光スポットが点在しています。夏休みの思い出づくりにご家族で出かけてみてはいかがでしょうか。

龍門の滝の基本情報

住所:大分県玖珠郡九重町松木
アクセス:大分自動車道九重ICから車で約15分

2018年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/07/04 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -