目黒「和のあかり×百段階段2019」はインスタ映えスポットが満載!

目黒「和のあかり×百段階段2019」はインスタ映えスポットが満載!

更新日:2019/07/07 18:13

結月 ここあのプロフィール写真 結月 ここあ 旅行ブロガー
日本の夏を彩る都内最大級のあかりアート展が、「ホテル雅叙園東京」の東京都指定有形文化財「百段階段」で、2019年7月6日(土)から開催されます。あかりは照らされたものの表情や、さまざまの情景を映しだすことができます。今回は懐かしさと新しさが融合する「こころの色彩」がテーマで、嬉しいことに全作品写真撮影が可能です。インスタ映えスポット満載の和のあかり展をご紹介しましょう。

有形文化財と和のあかりのコラボ

有形文化財と和のあかりのコラボ

写真:結月 ここあ

地図を見る

東京都目黒区にある日本美のミュージアムホテル「ホテル雅叙園東京」は、美人画や花鳥画がそこかしこに描かれ、トイレの中までも螺鈿細工を惜しげもなく使った豪華絢爛な世界を感じることができる、和モダンの素敵なホテルです。

会場となるホテル雅叙園東京の「百段階段」は、東京都指定有形文化財で、1935年に建てられた雅叙園唯一の木造建築。
その昔、華やかな宴が行われた7部屋を、99段の長い階段廊下が繋いでいます。各部屋はそれぞれ趣向を凝らし、その装飾の美しさから昭和の竜宮城と呼ばれていました。
その百段階段を和のあかりで美しく照らします。

有形文化財と和のあかりのコラボ

写真:結月 ここあ

地図を見る

2019年のテーマは、いつか見たこころの中に映しだされる原風景「こころの色彩」です。

普段は撮影がNGですが、和のあかり展では毎年全室全時間で撮影可能となっています。インスタグラムキャンペーンも開催され、素敵なプレゼントが当たるチャンスもありますよ。

有形文化財と和のあかりのコラボ

写真:結月 ここあ

地図を見る

百段階段最初の部屋は「十畝(じゅっぽ)の間」で、荒木十畝による四季の花鳥画が描かれ、黒漆の螺鈿細工が見られる重厚感のある部屋です。

こちらには、「都会の中に生まれたオアシス〜夏の涼しさ〜」を展示。竹あかり作家NITTAKE氏の作で、背面に立つ竹は都会のビルをイメージし、涼しげな金魚のモチーフで夏の涼を表現したスタイリュシュな作品となっています。

長崎ランタンフェスティバル

長崎ランタンフェスティバル

写真:結月 ここあ

地図を見る

金箔・金泥などで仕上げられ、彩色木彫りと日本画に囲まれた7つの部屋の中でも一番絢爛豪華な「漁礁の間」。

提灯をくぐっていくと、目の前には「ランタンフェスティバル」の世界が広がります。

長崎ランタンフェスティバル

写真:結月 ここあ

地図を見る

テーマは竜宮城。部屋の中央には堂々たる龍が鎮座し、その周りには金魚や、滝を上ると龍になるといわれる鯉が所背狭しと泳いでいます。

長崎ランタンフェスティバル

写真:結月 ここあ

地図を見る

天井からは様々な形の提灯が下がり、この華やかさは絢爛豪華な漁礁の間にマッチします。

和傘の美しさと、江戸職人の技

和傘の美しさと、江戸職人の技

写真:結月 ここあ

地図を見る

磯部草丘の四季草花絵に、面腰組子の障子建具の美しい「草丘の間」には、「山鹿燈籠浪漫・百華百彩」の展示。

和傘の美しさと、江戸職人の技

写真:結月 ここあ

地図を見る

和傘を使った和のあかりが、幻想的に広がります。床に映り込む傘や、建具も見どころです。

和傘の美しさと、江戸職人の技

写真:結月 ここあ

地図を見る

二間続きの「静水の間」では、東京の手仕事がテーマで江戸職人の匠の技、匠の繊細な手仕事の魅力を紹介しています。

こちらは江戸切子「水玉万華鏡」で、一見すると水玉状のカットのぐい呑みですが、上から光をあてると、満開の花が咲き乱れ、万華鏡のようです。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

浴衣の柄染に使っていた型が照明に

浴衣の柄染に使っていた型が照明に

写真:結月 ここあ

地図を見る

格天井や欄間に板倉星光の四季の草花が描かれた「星光の間」には、日本唯一の藍染の技術、籠染で使われていた真鍮製の型を内照式オブジェにした「籠染燈籠」です。

浴衣の柄染に使っていた型が照明に

写真:結月 ここあ

地図を見る

浴衣などに使われた型ならではの、美しい和柄が浮かび上がります。

浴衣の柄染に使っていた型が照明に

写真:結月 ここあ

地図を見る

鏑木清方の美人画が美しい「清方の間」には、1枚の紙を折り込んで作られた美しいランプシェードの作品。

こけしスイーツ!?

こけしスイーツ!?

写真:結月 ここあ

地図を見る

SNSでも人気の林貴俊氏の創作こけしは、前回は百段階段の一段一段に布団に寝かされていましたが、2019年は「こけしスイーツ」になりました。

こけしスイーツ!?

写真:結月 ここあ

地図を見る

最上階の「頂上の間」には、ほのぼのとした表情が郷愁を誘う「あかり絵」。懐かしい風景を切り取った作品は、ほっこりします。

こけしスイーツ!?

写真:結月 ここあ

地図を見る

砂を使った映像制作など、独創的なパフェーマンスで活躍中の「emullenuett」のサンドアートで、テーマは「竹取物語」。不思議な砂の世界を感じられます。

いかがでしたか、今回ご紹介した以外にも、見どころや撮影スポットがたくさんあります。インスタグラムでもいいね!がたくさん頂けますよ。なお、和のあかり展でも、インスタグラムキャンペーンを開催中です。詳しくは公式サイトをご覧ください。

暑い夏のお出かけに、東京旅行の計画にも、年齢を問わずお勧めなスポットです。和のあかり展で日本の美を感じてみませんか。

「和のあかり×百段階段」の基本情報

住所:東京都目黒区下目黒1-8-1
電話番号:03-3491-4111
アクセス:目黒駅(JR山手線・東急目黒線・地下鉄南北線・三田線)より徒歩3分
目黒駅・品川駅から無料ホテルバスあり(詳しくは公式サイト参照)

開催期間:2019年7月6日(土)〜9月1日(日)
日〜木曜日/10:00〜17:00(最終入館16:30)
金・土曜日と8月11日〜18日/10:00〜20:00(最終入館19:30)
※8月10日(土)は17:00まで
 
※後半は混雑が予想されますので、お早目の来場がおすすめです

2019年7月の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/07/04 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -