タイ発ブランド!カルマカメットの新感覚スイーツ&土産はおすすめ

| タイ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

タイ発ブランド!カルマカメットの新感覚スイーツ&土産はおすすめ

タイ発ブランド!カルマカメットの新感覚スイーツ&土産はおすすめ

更新日:2018/07/10 13:39

沢木 慎太郎のプロフィール写真 沢木 慎太郎 放送局ディレクター、紀行小説家

香りの女王、「カルマカメット」(KARMAKAMET)。王室ご用達の高級アイテムがそろう、タイ発のアロマブランドです。サシェ(匂い袋)やキャンドル、アロマオイル、ボディ・スキンケアなどホームスパが豊富。そのカルマカメットがプロデュースするレストランがバンコクにある「カルマカメットダイナー」です。新感覚すぎるスイーツと、五感をくすぐる香りのプロダクツが人気。タイの観光旅行のお土産にもおすすめです。

バンコクのカルマカメットダイナー(Karmakamet Diner)への行き方、アクセス

バンコクのカルマカメットダイナー(Karmakamet Diner)への行き方、アクセス

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

タイ発の人気アロマブランドの「カルマカメット」。植物を約100回も精製して抽出したエッシェンシャルオイルは気高く上品で、世界中に多くのファンを持ちます。

バンコクのカルマカメットダイナー(Karmakamet Diner)への行き方、アクセス

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

そのカルマカメットがプロデュースするバンコクのレストランが写真の「カルマカメットダイナー」(Karmakamet Diner)。場所は、BTSプロンポン駅。行き方・アクセスは高級デパートのエンポリアムの裏手ヘと進み、高級5つ星ホテルのエンポリアムスイートを過ぎると、「KARMAKAMET」の看板が見えてきます。

バンコクのカルマカメットダイナー(Karmakamet Diner)への行き方、アクセス

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

店はアロマプロダクツなどのお土産を販売しているフロアと、レストラン・カフェに分かれています。ふんわりと優しい香りが漂い、ディスプレイも美しく、まるで高級ホテルにいるような居心地いい。

バンコクの隠れ家!カルマカメットダイナーはおすすめ

バンコクの隠れ家!カルマカメットダイナーはおすすめ

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

高級レストランの「カルマカメットダイナー」は、まさにバンコクの隠れ家。一軒家レストランは天井が高く、レンガの柱など古い工場をイメージ。漢方薬局をリノベーションした店はなんとも味わい深く、ハーブと花が植えられた中庭やクラシカルなテーブルセットなど、細部に至るまでカルマカメットの特別な世界観が感じられ、芸能人やモデルなども多く訪れます。

バンコクの隠れ家!カルマカメットダイナーはおすすめ

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

テーブルには古いランプが下がり、高級さを感じさせないところが「カルマカメットダイナー」の魅力。肉料理などのディナーコースから、食用花をあしらったワッフルやラベンダーの香りが仄かに漂うコットンキャンディー(綿菓子)のデザートなど、タイ産の有機野菜や卵を使うなど、アロマ同様にカルマカメットのこだわりが見られます。朝食やランチ、ティータイム、ディナーの幅広いシーンで利用することができます。

バンコクの隠れ家!カルマカメットダイナーはおすすめ

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

五感に働きかける料理はお値段も高く、週末のディナーとなれば予約必須のレストラン。席数も限られていますが、早朝の時間帯を狙えば比較的に空いています。また、スイーツであれば手ごろな価格で、「カルマカメットダイナー」を楽しむことができます。そこで、おすすめのスイーツがこちらの写真。

カルマカメットの新感覚スイーツ!Strawberry In The Cloud

カルマカメットの新感覚スイーツ!Strawberry In The Cloud

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

顔がすっぽりと隠れてしまうほど大きなスイーツ。テーブルに置いてみても、その大きさがよくわかります。これは、「Strawberry In The Cloud」という名前の新感覚スイーツ。

カルマカメットの新感覚スイーツ!Strawberry In The Cloud

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

ふわふわとした謎のスイーツ。淡いピンク色のふわふわは、実はコットンキャンディー。色合いが優しく、ほんのり甘い香りが漂う、カルマカメットならではの上品な綿あめ。めくってみると、レインボーカラーが重なり、五感に働きかける新感覚のスイーツです。

カルマカメットの新感覚スイーツ!Strawberry In The Cloud

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

綿あめを食べてしまうと、イチゴのパフェが見えてきます。ストロベリーアイスの上品な甘さと、なめらかな口どけのクッキーがとてもおいしい。料金は約600バーツ。タイで味わう絶品のスイーツです。

カルマカメットダイナーでおすすめのタイ土産

カルマカメットダイナーでおすすめのタイ土産

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

アジア各国々の厳選された素材を融合させ、100%オーガニックの自然素材にこだわったカルマカメット。レストラン・カフェの隣には、タイ土産におすすめのプロダクツがあるのでのぞいてみましょう。おすすめは、定番の「アロマキャンドル」(オリジナルグラスキャンドル)。大豆(ソイ)のワックスを使い、身体にも優しく、心地いい安らぎが得られます。

カルマカメットダイナーでおすすめのタイ土産

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

こちらもアロマキャンドルですが、植物性のワックスを使った「パフューム ティンキャンドル」。”VOYAGE(旅)”をコンセプトに、相性の良い2種類の香りをブレンドしたアロマキャンドルです。

カルマカメットダイナーでおすすめのタイ土産

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

部屋でアロマの香りを楽しむのならアロマポットもおすすめです。ポットの上にエッシェンシャルオイルを入れる受け皿があります。

香りは古代インドや中国で、礼儀や祭事、治療、美容に使われてきた歴史があります。良い香りは心と身体を深くリラックスさせてくれます。

ボディーローション、サシェも人気!カルマカメットの高級アイテム

ボディーローション、サシェも人気!カルマカメットの高級アイテム

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

こちらはスプレータイプのフレグランス。「ルーム」「ボディ」の2種類のスプレーがあります。ちなみに、カルマカメットで女性に人気の香りは「オレンジブロッサム」「ポメグラネイト」「ジャスミン」。男性に人気なのは「オレンジブロッサム」「ホワイトティー」「イエローアンバー」。甘すぎず、深い香りは男性にも人気があります。

ボディーローション、サシェも人気!カルマカメットの高級アイテム

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

続いてのおすすめは、ボディーローション。保湿効果が高く、軽いテクスチャーで伸びがよく、素早く肌に浸透します。ボディーソープやボディクリーム、シャンプー、リンスなどもあり、香りがなんとも心地いい。

ボディーローション、サシェも人気!カルマカメットの高級アイテム

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

最後のご紹介は、アロマティックキーチェーン。携帯タイプのサシェ(香り袋)。ハンドバッグやスーツケース、引出しやロッカーなど、小さな空間にカルマカメットの香りを広げます。

なお、タイ観光旅行でおすすめのコスメブランドやタイ土産、スイーツについては別途、記事にまとめていますので、ご興味のある方は関連MEMOに貼り付けたリンクからご覧ください。

カルマカメットダイナー(Karma Kamet Diner)の基本情報

住所:30/1 Soi Metheenivet, Klongton,Klongtoey,Bangkok Thailand
電話:+66-2-262-0700
アクセス:BTSプロンポン駅から徒歩3分
営業時間:10時〜23時30分(無休)

2018年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/07/06 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -