最大2万円分お得 Go To トラベル キャンペーン

滋賀県立琵琶湖博物館グランドオープン!びわ湖の価値と歴史がここに

滋賀県立琵琶湖博物館グランドオープン!びわ湖の価値と歴史がここに

更新日:2020/10/09 14:23

塚本 隆司のプロフィール写真 塚本 隆司 ぼっち旅ライター
「びわ博」こと「滋賀県立琵琶湖博物館」は1996年の誕生から常に進化を続けています。3期6年にわたるリニューアルを終え、2020年10月10日にグランドオープンしました。
湖をテーマとした博物館では日本最大級。淡水専門の水族展示は全国的に珍しいことから、遠方から訪れる人も多い人気の博物館です。第3期のリニューアルでは、ARを駆使した展示室も登場。グランドオープンした琵琶湖博物館から目が離せません。

新型コロナウイルスの感染状況によっては、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、お出かけの際は感染予防のため「新しい旅のエチケット」を守って行動しましょう。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

琵琶湖の全てを知りたいなら「滋賀県立琵琶湖博物館」へ

琵琶湖の全てを知りたいなら「滋賀県立琵琶湖博物館」へ

写真:塚本 隆司

地図を見る

「びわ博」の愛称で親しまれている滋賀県立琵琶湖博物館。まずは、2016年の第1期リニューアルから紹介します。

「水族展示室」や『湖のいまと私たち〜暮らしにつながる自然〜』をテーマにしたC展示室が話題を呼び、子どもから大人までが楽しめる博物館へと進化をはじめました。
とりわけ「水族展示室」は、展示面積約2000平方メートルという広大さ。淡水生物の展示としては国内最大級で、水族館といっても誰も疑わない見応えです。

琵琶湖の全てを知りたいなら「滋賀県立琵琶湖博物館」へ

写真:塚本 隆司

地図を見る

展示方法もおもしろく、まるで湖底にいるかのようなシアターや顕微鏡でプランクトンを見るマイクロアクアリウムなどの見せ場も多く、いくら時間があっても足りません。
魚屋風の展示では、琵琶湖の食材がもたらした郷土色豊かな料理が並んでいます。「ふなずし」のニオイを体験できる仕掛けもありますよ。

琵琶湖の全てを知りたいなら「滋賀県立琵琶湖博物館」へ

写真:塚本 隆司

地図を見る

2階のC展示室では、琵琶湖を取り巻く森やそこに住む動植物のこと、湖とともに生きる人の暮らしなど、幅広いジャンルについての学びや気づきを与えてくれます。開館以来収集されてきた1500点以上の実物標本を展示した「生きものコレクション」も必見です。

開館当時から引き継がれる五感で楽しむディスカバリールーム

開館当時から引き継がれる五感で楽しむディスカバリールーム

写真:塚本 隆司

地図を見る

2018年の第2期リニューアルでは、開館時から20年以上愛されてきた展示をディスカバリールームとして、五感を使って楽しむ展示にパワーアップ。びわ博の入口的な施設で、子どもたちに博物館の楽しみ方を知ってもらう仕掛けがいっぱいです。

人気の展示物は引き継がれ、その代表的なものが大きなザリガニです。中に入ってツメの操作ができちゃう優れもの。小学生くらいに楽しんだ子どもたちが、親世代になって子どもを連れて訪れる、思い出がいっぱい詰まったザリガニなのです。

開館当時から引き継がれる五感で楽しむディスカバリールーム

写真:塚本 隆司

地図を見る

第2期リニューアルのテーマは「本物を体験」「五感を使う」「おとなと楽しむ」「身近なもの」「ミュージアムマナーを知る」の5つ。来館者から「子どもには本物を教えてあげたい」という要望が多く、はく製標本などレプリカではなく本物を取り入れています。

タヌキの生態は、本物とイメージがかけ離れている場合が多いことから、信楽焼のタヌキと本物のはく製や骨格標本とを見比べられるように配置されています。本物のタヌキ(はく製)のお腹が見られるようになどの楽しい仕掛けを用意するとともに、子どもたちに観覧の順番を待つことや譲り合うこと、展示物を大切に扱うことなど、ミュージアムマナーを身につけてもらう場となっています。

開館当時から引き継がれる五感で楽しむディスカバリールーム

写真:塚本 隆司

地図を見る

「おとなのディスカバリー」は、大人も心から楽しめる交流の場とし、実際の博物館活動に参加してもらえるような場所にしたい思いから名付けられました。

学芸員らもうらやむような高性能の顕微鏡や描画装置が一般開放され、標本やはく製、図鑑などの豊富な実物資料を実際に手に取り机上に持ち出せる施設は、国内では初の試みで多くの人が詰め掛ける人気のコーナーになりました。

空中遊歩道「樹冠トレイル」で実地体験

空中遊歩道「樹冠トレイル」で実地体験

写真:塚本 隆司

地図を見る

2018年の第2期リニューアルでは屋外施設として「樹冠トレイル」が登場しました。開館以来、縄文弥生時代や太古の琵琶湖の森を再現しようと、大切に作り上げてきたエリアです。縄文弥生時代の森を地上から見上げるだけではなく、より近くで、時には上から見下ろせる空中遊歩道です。

空中遊歩道「樹冠トレイル」で実地体験

写真:塚本 隆司

地図を見る

樹冠トレイルの一部はフラットに作られ、車椅子でも琵琶湖を眺められる展望デッキ(びわ湖デッキ)まで進むことができます。写真は丸子船トレイルの先端。琵琶湖で活躍していた丸子船をイメージしています。

空中遊歩道「樹冠トレイル」で実地体験

写真:塚本 隆司

地図を見る

他にも、地上10メートルの高さから琵琶湖や森を眺められたり、琵琶湖に生息する昆虫や木の実をついばむ鳥たちの姿が観測できたり、見どころ満載。西安造形大学の学生が作ったブロンズ像にも注目です。

琵琶湖博物館内の展示で得た知識を、実際に琵琶湖畔で目にできるのも樹冠トレイルならではの楽しみ方です。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

迫力満点の半身半骨標本のゾウとARで体感できる丸子船

迫力満点の半身半骨標本のゾウとARで体感できる丸子船

写真:塚本 隆司

地図を見る

2020年10月のグランドオープンへとつながる第3期リニューアルは、A展示室とB展示室です。国内唯一、世界でも有数の古代湖でもある琵琶湖のおいたちから現代・未来へとつなげていく展示になっています。

A展示室は、館内観覧順路の始めにあたる展示で、400万年前の世界を最新の研究成果とともに紹介。地層断面の展示は、美術館風に額縁にいれられているなど、面白く興味を引きやすい見せ方になっています。
一番の見どころは、高さが4メートルもあるツダンスキーゾウの標本。全身骨格化石の複製の右半身はそのままに、左半身は筋肉のつき方などを検討し生体を復元した、世界初の半身半骨の展示です。見たことのない姿にきっと驚くはずです。

迫力満点の半身半骨標本のゾウとARで体感できる丸子船

写真:塚本 隆司

地図を見る

B展示室では、自然と人の歴史を森、水辺、湖、里を舞台に振り返ります。道具類の展示では、文章だけではなくイラストもついているので、とてもわかりやすくなっています。また、撮影スポットも多く用意されているので、楽しく学べる場所です。

迫力満点の半身半骨標本のゾウとARで体感できる丸子船

写真:塚本 隆司

地図を見る

巨大な木造船の展示もあります。丸子船とは、琵琶湖で活躍した帆船です。タブレットやスマートフォンをかざせば、高さ10メートルを超える帆を張り、湖面を帆走する姿が映し出されます。迫力満点なので、ぜひ見て欲しい仕掛けです。

館内のタブレットなら、かざすだけでAR画像を見られますが、個人所有の機器を利用する場合は専用の無料アプリをダウンロードする必要があります。

琵琶湖博物館はお土産とグルメにも注目!

「ミュージアムレストラン にほのうみ」や「ミュージアムショップ おいでや」にも注目です。

「ミュージアムレストラン にほのうみ」では、湖魚・地元野菜・近江米・近江牛など滋賀のおいしい食材を使った料理が人気です。一番人気は、ビワマスとブラックバスを使った「湖の幸の天丼」。珍しさと琵琶湖の生態系に思いをはせる琵琶湖博物館らしいメニューです。

琵琶湖博物館はお土産とグルメにも注目!

提供元:滋賀県立琵琶湖博物館

http://www.biwahaku.jp地図を見る

県立湖南農業高校とコラボした「びわ湖カレー」も人気です。見ての通り琵琶湖がイメージしてあります。

琵琶湖博物館はお土産とグルメにも注目!

提供元:滋賀県立琵琶湖博物館

http://www.biwahaku.jp地図を見る
琵琶湖博物館はお土産とグルメにも注目!

写真:塚本 隆司

地図を見る

第3期のリニューアルにあわせて登場した新メニューが「びわ湖の龍のパンケーキ」。ミックスベリーのコンポートとバニラアイスが絶妙です。琵琶湖博物館は、展示内容が盛りだくさんなので、休憩がてらに小腹を満たすことができる、ちょうど良いメニューです。

「ミュージアムショップ おいでや」のオリジナルグッズもおもしろいですよ。かわいいぬいぐるみからマニアックすぎる科学標本ブローチなど、さまざまなグッズであふれています。

2020年10月のグランドオープンで、これまで以上にパワーアップした琵琶湖博物館。開館当初より一貫して「湖と人間」を基本理念としてきた琵琶湖博物館は、グランドオープンでさらに進化を遂げています。
琵琶湖の価値をわかりやすく教えてくれる琵琶湖博物館。琵琶湖周辺の旅をより楽しくしてくれる博物館です。

滋賀県立琵琶湖博物館の基本情報

入館方法:完全予約制(個人は公式サイトからの申込のみ)
住所:滋賀県草津市下物町1091
電話番号:077-568-4811
開館時間:9時30分〜17時(最終入館16時30分)
レストラン平日11時〜15時30分(ラストオーダー15時)
レストラン休日11時〜16時(ラストオーダー15時30分)
休館日:毎週月曜日(休日の場合は開館)、その他臨時休館あり
入館料:一般800円、高校大学生450円、中学生以下無料
年間観覧券や草津市立水生植物公園みずの森との共通券あり
アクセス:
(車)名神「栗東IC」から約30分・名神「瀬田西IC」または新名神「草津田上IC」から約35分
(電車・バス)JR琵琶湖線「草津」駅下車。「西口」2番バス乗り場から近江鉄道バス・琵琶湖博物館行き(約25分)
駐車場:420台、550円(博物館利用者は駐車無料サービス券あり)

2020年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2018/11/01−2020/10/07 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -