SNS映え×可愛さ抜群!タイ・バンコクのユニコーンカフェ

| タイ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

SNS映え×可愛さ抜群!タイ・バンコクのユニコーンカフェ

SNS映え×可愛さ抜群!タイ・バンコクのユニコーンカフェ

更新日:2018/07/19 10:27

沢木 慎太郎のプロフィール写真 沢木 慎太郎 放送局ディレクター、紀行小説家

タイの若い女の子たちは、“kawaii”に敏感!変わり種カフェが多いバンコクの中でも、可愛すぎるとタイ人女性にも人気のカフェが「ユニコーンカフェ(Unicorn Cafe)」。SNS・インスタ映え抜群のフォトジェニックなスポットとして人気があります。可愛いユニコーンをモチーフに、光り輝く店内は「きゃりーぱみゅぱみゅ」の世界そのもの。バンコクの黄金寺院よりも、キラキラのタイ観光旅行を楽しみませんか?

バンコクの「ユニコーンカフェ(Unicorn Cafe)」への行き方・アクセス

バンコクの「ユニコーンカフェ(Unicorn Cafe)」への行き方・アクセス

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

きらきらと輝く黄金の寺院「王宮&ワット・プラケオ(エメラルド寺院)」「ワット・ポー(涅槃仏寺院)」は、バンコクの定番観光モデルコース。しかし、もっとキラキラで、かわいいバンコクの観光スポットが「ユニコーンカフェ(Unicorn Cafe)」です。

バンコクの「ユニコーンカフェ(Unicorn Cafe)」への行き方・アクセス

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

まるで絵本の世界から飛び出してきたかのようなファンシーで、オシャレな「ユニコーンカフェ」。店のインテリアやスイーツが“可愛すぎる”とタイ人女性にも人気のカフェです。

バンコクの「ユニコーンカフェ(Unicorn Cafe)」への行き方・アクセス

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

行き方・アクセスはBTSのチョンノンシー駅(Chong Nonsi)から徒歩約5分。バンコクの新名所ビル「マハナコン」(MahaNakhon)からも近く、マハナコンでショッピングを楽しみ、タイ土産探しの合間に立ち寄るのもおすすめです。

夢かわいい、不思議な世界!ユニコーンをモチーフにしたタイのカフェ

夢かわいい、不思議な世界!ユニコーンをモチーフにしたタイのカフェ

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

「ユニコーンカフェ」は、ユニコーンをモチーフにしたカフェで、ユニコーンのぬいぐるみやクッションが置かれ、ユニコーンやレインボー(虹色)のスイーツを楽しむことができます。そこは夢かわいい、不思議な世界。

夢かわいい、不思議な世界!ユニコーンをモチーフにしたタイのカフェ

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

カフェの壁も、PopでCute。かなりデコデコしています。写真右上に映っているエアコンだって虹色にデコラティブ。

夢かわいい、不思議な世界!ユニコーンをモチーフにしたタイのカフェ

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

天井も虹色に彩られ、無数のユニコーンたちが自由に飛び回っています。kawaiiがぎっしり詰まったラブリーな空間。スイーツも店のインテリアも同じ世界観をつらぬき、そのポリシーはPopでCuteな女王「きゃりーぱみゅぱみゅ」のファンタジーで不思議な世界に通じるものがあります。

すべてがレインボー!マカロンやカップケーキも可愛い

すべてがレインボー!マカロンやカップケーキも可愛い

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

ショーケースには、どれもキラキラの夢のスイーツがぎっしり。虹色の「Macaron」も可愛い。お値段は30バーツ。

すべてがレインボー!マカロンやカップケーキも可愛い

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

「Rainbow Cupcake」は、レインボー色のクリームがたっぷり。ユニコーンをイメージした角も飾られています。お値段は150バーツ。

すべてがレインボー!マカロンやカップケーキも可愛い

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

こちらは「Unicorn Crepe cake」。虹色のクレープが幾重にも重なっています。お値段は150バーツ。

タイのお菓子をアレンジ!レインボーカラーのスイーツの数々

タイのお菓子をアレンジ!レインボーカラーのスイーツの数々

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

アニバーサリーケーキも可愛い。バースデーやクリスマス、大切な記念日は、ユニコーンカフェのスイーツで決まり!

タイのお菓子をアレンジ!レインボーカラーのスイーツの数々

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

おすすめのスイーツは「Unicorn Rainbow Waffle」。ユニコーンの角をイメージした3つのコーン。ラブリーな虹色のハート型ワッフルに、レインボーカラーのアイス。バナナやストロベリーも華やか。ワッフルはふわふわでとてもおいしい。お値段は200バーツ。ドリンクもキラキラしていて可愛い。

タイのお菓子をアレンジ!レインボーカラーのスイーツの数々

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

一番のおすすめは「Unicorn Rainbow Crepe Rolls」。ピンク、黄色、緑、紫色の4種類のクレープに、虹色の綿あめがトッピング。クレープはそれぞれイチゴやバナナ、チョコレート、綿あめと違ったフレーバーになっています。レインボーカラーの綿あめはユニコーンの角を見立てたもの。

タイ・アユタヤ名物の「ロティサイマイ」(綿あめのクレープ包み)など、タイのお菓子を上手にアレンジした逸品です。甘さがたまらない。お値段は220バーツ。日本にもユニコーンカフェがありますが、日本よりも料金が安く、タイのお菓子をアレンジしたスイーツを楽しまれてはいかがでしょうか?

このほかにも、ユニコーンバーガーやユニコーントースト、レインボーのパスタといった可愛いスイーツがあり、タイマッサージとは違った癒しがあります。

タイ観光旅行で楽しい癒しのカフェを

タイ観光旅行で楽しい癒しのカフェを

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

ユニコーングッズも見どころ。ディスプレイには可愛いフィギュアがたくさん。ディスプレイだけで販売されていないフィギュアもありますが、ぬいぐるみやTシャツがお土産用として売られています。

日本のユニコーンカフェと比べて、タイのナイトマーケットのようなカオスさが感じられるのがバンコクのユニコーンカフェの魅力。

タイ観光旅行で楽しい癒しのカフェを

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

SNS・インスタ映え抜群のフォトジェニックなユニコーンカフェ。インスタグラマーが多く訪れ、淡いパステルカラーでまとめられたメルヘンチックなカフェは外国人観光客にも人気があります。

壁や天井、クッション、ソファーに置かれたぬいぐるみ、ディスプレイに並ぶフィギュアも、どこもユニコーンだらけ。ハートや星形のドリングには、ピンクやブルー、イエローなどカラフルなフローズンドリンクもあります。

タイ観光旅行で楽しい癒しのカフェを

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

バンコクのユニコーンカフェでは、店内でユニコーンの着ぐるみをレンタルしてもらえます。ユニコーンになりきって、可愛いタイのカフェを楽しみましょう。

なお、タイのおすすめのカフェやスイーツについては別途、記事にまとめていますので、ご興味のある方は関連MEMOに貼り付けたリンクからのぞいてみて下さい。

ユニコーン カフェ(Unicorn Cafe)の基本情報

住所:44/1, Sathorn Soi8, Silom, Bang Rak, Bangkok
電話:+66-86-397-9262 
アクセス:BTSチョンノンシー駅から徒歩約5分。
営業時間:12時〜20時
定休日:月曜日

2018年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/07/09 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -