騒豆花が東京に!新宿ミロードに日本初上陸した台北発豆花専門店

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

騒豆花が東京に!新宿ミロードに日本初上陸した台北発豆花専門店

騒豆花が東京に!新宿ミロードに日本初上陸した台北発豆花専門店

更新日:2018/09/13 16:41

比嘉 麻友のプロフィール写真 比嘉 麻友 子連れ旅行アドバイザー

台湾の伝統スイーツ、豆花の専門店「騒豆花(サオ ドウ ファ)」は台北で行列の絶えない人気店。その騒豆花が東京にやってきました! 1号店がオープンしたのは、2018年7月にリニューアルオープンした新宿ミロードのレストランフロア。マンゴースイカ豆花やイチゴ豆花、バナナ豆花などフルーツがのったおしゃれな豆花がここの豆花の特徴です。麺料理や屋台料理などフードも充実。日本にいながら台湾気分を味わえます。

台湾で人気の豆乳スイーツ、豆花とは?

台湾で人気の豆乳スイーツ、豆花とは?

写真:比嘉 麻友

地図を見る

豆花(読み方はトウファ)とは、豆乳をやわらかいゼリーのように固めた台湾の伝統的なデザート。別名豆腐花とも言い、豆腐にも少し似ています。例えるならば豆乳プリン。

大豆のほのかな香りと滑らかな口どけが特徴で、温かい豆花、冷たい豆花の2タイプがあり、台湾では一年を通じて食べられています。カロリー控えめなヘルシースイーツとして、台湾ばかりでなく、日本でも豆花専門店ができるなど、女性を中心にその人気は高まりつつあります。

台湾では連日行列!「騒豆花」人気の秘密

台湾では連日行列!「騒豆花」人気の秘密

写真:比嘉 麻友

地図を見る

今回日本に初上陸した騒豆花(読み方はサオ ドウ ファ)は、台湾のガイドブックや雑誌にもしばしば登場する豆花の人気店。おいしさはもちろんのこと、フルーツがのった豆花が見た目にも可愛らしく、観光客や地元の人で常に大にぎわいのお店です。

新宿ミロードにできた日本の騒豆花のお店の入り口付近には、台北市にある本店のイラストも描かれ、その雰囲気を伝えています。

騒豆花のこだわりは、親子3代で守り続けた伝統の味。主要食材や機器は台湾から直接輸入して味を再現しています。また、大豆を水につけて絞り、豆乳にするところからすべて手作り。手間ひまかけて、丁寧においしさを生み出しています。豆花の上にのるフルーツも、旬にこだわって選んでいるので、豆花との相性も抜群!

秋限定のシャインマスカット&巨峰の豆花

秋限定のシャインマスカット&巨峰の豆花

写真:比嘉 麻友

地図を見る

騒豆花の豆花は、豆花に旬のフルーツがたっぷりのっているのが特徴。定番のイチゴ豆花やバナナ豆花なども、見た目も可愛らしく、フォトジェニック! 夏は季節限定のマンゴー豆花(1480円)とスイカ豆花(1180円)が人気を二分していますが、お店の人によると、両方を味わえるマンゴースイカ豆花(1380円)が一番人気でおすすめだそう。

マンゴースイカ豆花の中身は、豆花とマンゴーシャーベット、そして生のマンゴーとスイカがゴロゴロと入っていて、その上にタピオカがのっています。上には練乳と生クリームがかかっています。豆花は甘さ控えめでさっぱり。暑い日につるっと食べたくなる味です。

秋限定のシャインマスカット&巨峰の豆花

提供元:騒豆花

https://www.saodouhua.jp/地図を見る

秋のメニューの注目はシャインマスカットと巨峰がのったシャインマスカットと巨峰の豆花(1480円)。ぶどうのシャーベットや生のぶどうが豆花の風味をさわやかに引き立てます。

そのほか、冷たい豆花はピーナッツ豆花(580円)と小豆豆花(780円)があり、温かい豆花はピーナッツ豆花(580円)と黒ゴマ豆花(780円)があります。秋メニューとして登場したイチゴバナナ豆花(1280円)、タピオカとピーナッツの豆花(780円)も人気。

フルーツ豆花をおいしく食べるポイント

フルーツ豆花をおいしく食べるポイント

写真:比嘉 麻友

地図を見る

フルーツ豆花のおいしさのポイントは、果物とシャーベット、豆花の一体感を味わうこと。フルーツだけ食べたり、シャーベットだけ食べるのではなく、下の方にある豆花からシャーベット、フルーツ、タピオカ、生クリームまぜ全部を一度にすくって食べると、甘味、酸味のバランスがよく、一番おいしく食べられます。

温かい豆花は冷めないうちに、冷たい豆花はシャーベットが溶けないうちに、早めに食べましょう!

限定20食の台湾便當ほか料理メニューも充実!

限定20食の台湾便當ほか料理メニューも充実!

写真:比嘉 麻友

地図を見る

騒豆花の魅力は豆花だけではありません。担々麺や牛肉麺などの麺料理は全部で6種類。よだれ鷄や大根餅、腸詰などの台湾屋台料理も充実しているので、食事目的に行くのもおすすめです!

なかでも注目は、1日限定20食の台湾便當(スープ付き1280円)。最近日本でもちょっとしたブームになりつつある、ご飯の上におかずを敷き詰めた台湾式のお弁当です。人参や味付け卵、高野豆腐、海老のフリット、腸詰などたくさんのおかずが入って、豚肉や鶏肉がドーンとのっていて、食べごたえがあります。

そのほか、台湾茶やブラックタピオカミルクティーなどのドリンクも充実。台湾だけでなく、日本でも行列の店になっています。テイクアウトメニューはないので、持ち帰りはできません。

限定20食の台湾便當ほか料理メニューも充実!

写真:比嘉 麻友

地図を見る

騒豆花(ソウ ドウ ファ)の基本情報

住所:東京都新宿区西新宿1-1-3新宿ミロード7階
電話番号:03-3349-5828
営業時間:11:00〜23:00(ラストオーダー22:30)
アクセス:小田急・JR新宿駅南口すぐ
カード支払い可

2018年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/07/11 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -