銚子電鉄・外川駅、ノスタルジックな港町で新旧グルメスポットを満喫!

| 千葉県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

銚子電鉄・外川駅、ノスタルジックな港町で新旧グルメスポットを満喫!

銚子電鉄・外川駅、ノスタルジックな港町で新旧グルメスポットを満喫!

更新日:2018/07/26 18:17

しもちんのプロフィール写真 しもちん

ぬれ煎餅での経営再建が有名な銚子電鉄。その終点である外川の町は日本有数の銚子漁港の原点とも言える場所です。江戸時代からの歴史を感じられる場所が其処此処にあり、町内を歩いているだけでノスタルジックな気分を楽しむことができます。今回は町歩き中に訪れたい美味しい休憩処を、新旧合わせてご紹介します。

ローカル鉄道で行く

ローカル鉄道で行く

写真:しもちん

地図を見る

銚子の玄関口である JR銚子駅から外川の町までは、ローカル鉄道感満載の銚子電鉄で移動します。歴史を感じる車輌で緑のトンネルを抜けたり、台地に広がる畑の中を進みながら約20分、終点の外川駅に到着します。

ローカル鉄道で行く

写真:しもちん

地図を見る

まるで昭和の時代にタイムスリップしたかのような外川駅。駅前にある懐かしの丸ポストと木造駅舎は絶好の撮影スポットです。駅を背にして坂道を下っていけば、外川の港町に到着です。

2017年オープンの新スポット「ゆうせい丸」

2017年オープンの新スポット「ゆうせい丸」

写真:しもちん

地図を見る

海沿いの一段上がった道を歩いていくと、外川の新スポット「カフェ&ギャラリー ゆうせい丸」があります。見た目はほぼ一軒家ですが、ブロック塀に大きな看板があるので、すぐに見つけられますよ。1階がカフェ、2階がギャラリーになっています。

2017年オープンの新スポット「ゆうせい丸」

写真:しもちん

地図を見る

釣り船屋を改造して出来たお店ですが、古民家風ではなく、ほぼ新築状態の気持ちの良い空間になっています。
港の名物でもある大漁旗を利用したグッズも多く販売しているので、旅のお土産をこちらで選ぶのもオススメです。

2017年オープンの新スポット「ゆうせい丸」

写真:しもちん

地図を見る

カフェではランチセットやドリンク、デザートまで揃っています。写真は日替わりメニューの生ハムとサラダの冷製パスタ。見た目も味も抜群の逸品です。
とっても元気なお店のスタッフの方々から、食事以外にもパワーを貰える、町歩き中のおすすめ休憩スポットになっています。

<カフェ&ギャラリー ゆうせい丸の基本情報>
住所:千葉県銚子市外川町4丁目11162

創業明治41年の老舗「榊原豆腐店」

創業明治41年の老舗「榊原豆腐店」

写真:しもちん

地図を見る

続いてご紹介したいのは食べ歩きも出来る名物・豆乳プリンを販売している「榊原豆腐店」。なんと創業明治41年という老舗中の老舗 。大人気の豆乳プリンは、きな粉と黒蜜のかかったプレーン、大納言、メープルと好みに合わせたバリエーションが楽しめます。

こちらのお店のロゴマークはカタカナの「フ」が10個集まった個性的なデザイン。そうです、10個のフでトーフです。気付いた時には思わずニコッとしてしまうので、笑顔と一緒に記念撮影していきましょう。

創業明治41年の老舗「榊原豆腐店」

写真:しもちん

地図を見る

歴史は古くても店内はピッカピカ。豆乳プリンだけでなく、美味しいお豆腐が出来上がって行く姿も見られます。目の前で作る姿が見られるのは、食べる側からしても安心出来て、とっても良いですよね。

<榊原豆腐店の基本情報>
住所:千葉県銚子市外川町2丁目10927

ノスタルジックな思い出を作ろう

ノスタルジックな思い出を作ろう

写真:しもちん

地図を見る

銚子は町の三方を海に囲まれているので、都心が35度だ36度だと大騒ぎをしている時でも、最高気温は30度前後という一種の避暑地のような町になっています。そんな過ごしやすい町でも、あちらこちら歩いていれば、冷た〜いデザートも食べたくなるはず。そんな時には外川漁港・大杉神社前にある小さな商店で、懐かしさいっぱいのかき氷をいただきましょう。お値段なんと100円から!

ノスタルジックな思い出を作ろう

写真:しもちん

地図を見る

かき氷を食べつつ夕暮れ時の港を歩けば、どこかノスタルジックな気持ちになれるはず。海沿いを歩くのもいいですし、駅へ向かう高台へ登りながら“振り向けば海”の光景を楽しむのもいいですね。

ノスタルジックな思い出を作ろう

写真:しもちん

地図を見る

港での郷愁を抱いたまま駅に戻れば、これまた昭和な光景がお出迎えしてくれます。ダイヤ改正がある度に手書きで修正されるという時刻表も旅の想い出に彩りを加えてくれます。

ノスタルジックな港町 銚子電鉄・外川のまとめ

都心からちょっと距離はありますが、ローカル鉄道に乗ってノスタルジックな港町を楽しめる外川の町は、非日常をお手軽に楽しめるスポットです。時には列車の中でお芝居をしたり、様々なイベントも行われているので、ぬれ煎餅の引換券付きという話題の一日乗車券を持って、美味しい町グルメを楽しみながら素敵な時を過ごしてみましょう。

2018年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/07/16 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -