京都から電車で30分!琵琶湖のビーチ「近江舞子水泳場」

| 滋賀県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

宮腰 由希子のプロフィール写真 宮腰 由希子 国際関係スペシャリスト、ロシア語通訳翻訳

京都から最もアクセスの良い近江舞子水泳場は、京都駅から30分で行ける。「涼風・雄松崎の白汀」として琵琶湖八景にも選ばれた美しい青松の林が4kmに渡って続き、パラソルを持っていかなくても木陰で涼むことができる。湖水の透明度も高いので、近江舞子水泳場は琵琶湖で有数の人気を誇るビーチだ。

琵琶湖有数の人気ビーチ

琵琶湖有数の人気ビーチ

写真:宮腰 由希子

地図を見る

日本一大きな湖、琵琶湖には北部を中心にビーチが多数ある。その中でも、京都駅からJR湖西線の新快速電車で近江舞子駅まで30分、駅からビーチまで徒歩5分という立地の良さは琵琶湖のビーチの中でもここだけだ。駐車場は1500円で、ビーチのすぐ裏手にあるが、京都方面から車で行く場合、大津北部は渋滞になりやすいため、電車がオススメだ。

琵琶湖有数の人気ビーチ

写真:宮腰 由希子

地図を見る

近江舞子水泳場は北浜、中浜、南浜と3つに分かれている。北浜は空いているが、パラソルなしで木陰で涼めるのは中浜と南浜だ。中浜と南浜は混雑しているといっても、阪神エリアの海水浴場に比べたら断然空いている。「涼風・雄松崎の白汀」として琵琶湖八景にも選ばれた美しい景観で、青松が4kmに渡って続いているので涼しく、手作り弁当を持参しても食べ物が直射日光に当たらずに済む。

琵琶湖有数の人気ビーチ

写真:宮腰 由希子

地図を見る

近江舞子の湖水の美しさは琵琶湖一で、泳いでいると小さな魚がいっぱい見つかる。子どもでも、箱メガネで水中を覗いてみたり、網で魚を捕まえたりして遊ぶことができる。浜辺は小石混じりで、サラサラの砂浜ではないが、素足で歩ける程度の感触だ。

キャンプやマリンスポーツなどのアクティビティや売店も充実

キャンプやマリンスポーツなどのアクティビティや売店も充実

写真:宮腰 由希子

地図を見る

中浜には売店や民宿、食堂、更衣室などが連なっており、最低限必要なもの以外持ってこなくても特に困らない。また、シャワーや授乳室のあるお店もある。

キャンプやマリンスポーツなどのアクティビティや売店も充実

写真:宮腰 由希子

地図を見る

コインロッカーも多数あるが、砂浜の幅が狭く、松林の下にレジャーシートを敷いて、貴重品以外の荷物を置いても、目の届くところで泳げるので安心だ。また、湖水は淡水なので、荷物がベタつく心配もない。松林はキャンプ場になっており、テントを張って泊まったり、バーベキューを楽しんだりできる。

キャンプやマリンスポーツなどのアクティビティや売店も充実

写真:宮腰 由希子

地図を見る

近江舞子南浜から隣の比良駅にかけてのエリアには、バナナボートやウェイクボート、マリンジェットなどのマリンスポーツを楽しめるショップがある。近江舞子で泳いでいると、多数のマリンジェットや小型船がブイの向こうを颯爽と駆け抜けていく。穏やかな波の琵琶湖でも、船が通過すると海のような波が立つ。

気になる安全面は?

気になる安全面は?

写真:宮腰 由希子

地図を見る

遊泳区域はブイで二重に区切られている。遊泳しても良いのは手前のブイまでで少し狭い印象があるが、琵琶湖は意外と深い。2つ目のブイを超えると急に水深20〜30メートルにもなる!また、マリンジェットや船が猛スピードで行き交っているため、ブイの向こうへ行くのは非常に危険だ。絶対に遊泳区域を出るのはやめよう。

安全を守るため、警察船がパトロールに来て、ブイを越えて遊泳している人や遊泳エリア近くでマリンスポーツをしている人に頻繁に注意を促しているのも、近江舞子水泳場の特徴だ。

気になる安全面は?

写真:宮腰 由希子

地図を見る

小さな子ども連れのファミリーにも人気の近江舞子水泳場だが、遠浅ビーチではないことや、穏やかな波でも小型船舶が通過すると急に大きな波が来ること、そして、松林があって涼しいものの、例年、猛暑が厳しくなってきているので熱中症には注意することなど、安全には十分に気をつけよう。

近江舞子水泳場の基本情報

住所:滋賀県大津市南小松
電話番号:077-592-0378(志賀観光協会)
アクセス:JR近江舞子駅から徒歩5分

2018年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -