バンコク三大寺院に近いタイのカフェ「メイクミーマンゴー」

| タイ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

バンコク三大寺院に近いタイのカフェ「メイクミーマンゴー」

バンコク三大寺院に近いタイのカフェ「メイクミーマンゴー」

更新日:2018/10/04 12:04

沢木 慎太郎のプロフィール写真 沢木 慎太郎 放送局ディレクター、紀行小説家

バンコクのマンゴー・スイーツの専門店といえば「マンゴタンゴ」が有名。しかし、バンコク三大寺院のひとつ、ワット・ポーには穴場のカフェ「メイク・ミー・マンゴーカフェ」があり、地元のタイ人に人気があります。看板メニューはカオニャオマムアンとマンゴーアイスなどがセットになった「メイク・ミー・マンゴー」。これ以外にも、マンゴーかき氷など、フォトジェニックなスイーツがずらり!タイの隠れ家カフェをご紹介します。

ワット・ポーに近いカフェ「メイク・ミー・マンゴー・カフェ」への行き方・アクセス

ワット・ポーに近いカフェ「メイク・ミー・マンゴー・カフェ」への行き方・アクセス

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

フルーツがどっさり入ったタイの「かき氷」は、安くておいしいのでおすすめ。バンコクではSNS・インスタ映え抜群のフォトジェニックなカフェが多く、タイの観光旅行を楽しむコツはカフェ巡りにあります。

可愛いカフェや奇抜で斬新なカフェが多いタイ・バンコク。その中でも人気観光スポットのワット・ポー(涅槃仏寺院)に近く、観光拠点にも使えるおしゃれなカフェが「メイク・ミー・マンゴー・カフェ(Make Me Mango Cafe)」。バンコク女子にも人気の隠れ家カフェです。

ワット・ポーに近いカフェ「メイク・ミー・マンゴー・カフェ」への行き方・アクセス

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

写真は看板メニューの「メイク・ミー・マンゴー」(Make Me Mango)。カオニャオマムアンとマンゴーアイスなどがセットになったスイーツです。どれもフォトジェニックなメニューばかり。バンコク三大寺院巡りの合間に立ち寄っていただきたいカフェです。

ワット・ポーに近いカフェ「メイク・ミー・マンゴー・カフェ」への行き方・アクセス

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

場所は、ター・ティアン船着場から徒歩約5分のところ。ワット・ポーに近い路地裏にあります。写真がター・ティアン船着場。対岸にそびえる白い仏塔「ワット・アルン(暁の寺)」と、「ワット・ポー」側を結ぶ渡し船(料金4バーツ)がチャオプラヤー川を行き来しています。

おしゃれなバンコクのカフェ!「メイク・ミー・マンゴー」が看板メニュー

おしゃれなバンコクのカフェ!「メイク・ミー・マンゴー」が看板メニュー

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

写真が「メイク・ミー・マンゴー・カフェ」の外観。クラシカルでおしゃれなバンコクのカフェです。

おしゃれなバンコクのカフェ!「メイク・ミー・マンゴー」が看板メニュー

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

お店の前には、メニュー表があります。食事メニューもありますが、このカフェはスイーツがおすすめ。看板メニューは、カオニャオマムアンやマンゴーアイスなどがワン・プレートに乗った「Make Me Mango」(お値段は215バーツ)。

おしゃれなバンコクのカフェ!「メイク・ミー・マンゴー」が看板メニュー

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

こちらは店内のようす。3階建ての細長い建物は吹き抜け空間を利用し、広く見せる工夫がなされています。暖かいオレンジっぽい照明が目に優しい。

おしゃれなバンコクのカフェ!「メイク・ミー・マンゴー・カフェ」は最上階がおすすめ

おしゃれなバンコクのカフェ!「メイク・ミー・マンゴー・カフェ」は最上階がおすすめ

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

さきほどの写真に写っていた長細い本棚のようなディスプレイの後ろへまわると、3階へ上る階段(左手前)があります。では、のぼってみましょう。

おしゃれなバンコクのカフェ!「メイク・ミー・マンゴー・カフェ」は最上階がおすすめ

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

吹き抜け空間はお店の真ん中にあり、これを取り囲むようにカフェスペースが設けられています。吹き抜けにはオレンジ色のランプが吊り下がり、どこか懐かしくノスタルジック。

おしゃれなバンコクのカフェ!「メイク・ミー・マンゴー・カフェ」は最上階がおすすめ

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

こちらが3階の最上階。テーブル席があり、右にはハンモックのようなベッドが置かれています。落ちついてカフェを楽しむのなら、最上階の席がおすすめです。

タイかき氷は濃厚な甘さ!イチゴ、チョコレート、ミックスフルーツのフレーバー

タイかき氷は濃厚な甘さ!イチゴ、チョコレート、ミックスフルーツのフレーバー

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

では、スイーツを注文しましょう。看板メニューの「Make Me Mango」も魅力的ですが、暑いタイでは、かき氷もおすすめ。「Strawberry」「Chocolate」「Mixed Fruit」の3種類のフレーバーを楽しむことができます(お値段は各215〜225バーツ)。その中でも、最もおすすめは、かき氷にさまざまなフルーツが乗った「Mixed Fruit」(写真)。

タイかき氷は濃厚な甘さ!イチゴ、チョコレート、ミックスフルーツのフレーバー

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

「Mixed Fruit」にはマンゴーやイチゴのほか、キウイやメロンがトッピングされています。

タイかき氷は濃厚な甘さ!イチゴ、チョコレート、ミックスフルーツのフレーバー

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

かき氷のまわりをフルーツが囲み、濃厚なホイップクリームに、テッペンにはマンゴーアイス。これだけでも甘いのですが、甘党の方はマンゴーミルクソースをかけると、さらに濃厚な甘さに。かき氷は粒子が細かく、パウダースノーのようにふわふわの柔らかさ。期待を裏切らないおいしさです。

SNS・インスタ映え抜群!バンコク観光旅行はカフェ巡りもおすすめ

SNS・インスタ映え抜群!バンコク観光旅行はカフェ巡りもおすすめ

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

クラシカルで落ち着いた雰囲気ながら、遊び心が見えるのも「メイク・ミー・マンゴー・カフェ」のおもしろさ。さきほど見えていたハンモックのベッドですが、ガラス張りとなっていて1階まで透けて見えます。これはディスプレイ用。見るだけであり、乗って楽しむと底が抜けてしまいます。

SNS・インスタ映え抜群!バンコク観光旅行はカフェ巡りもおすすめ

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

こちらは3階から吹き抜け空間を見下ろした写真。2階にもカフェスペースがおしゃれに並んでいます。おしゃれな人気のカフェで、ゆっくりくつろいでみてはいかがでしょうか?

SNS・インスタ映え抜群!バンコク観光旅行はカフェ巡りもおすすめ

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

タイ・バンコクの観光モデルコースといえば、「王宮&ワット・プラケオ(エメラルド寺院)」「ワット・ポー(涅槃仏寺院)」「ワット・アルン(暁の寺)」の三大寺院巡り。ご紹介したメイク・ミー・マンゴー・カフェは、「ワット・ポー」(写真)に近く、タイの寺院巡りで一息入れるのに絶好の隠れ家カフェです。

なお、バンコクのおすすめの可愛いカフェやスイーツについては別途、記事にまとめていますのでご興味のある方は関連MEMOに貼り付けたリンクからのぞいてみて下さい。

メイク・ミー・マンゴー・カフェ(Make Me Mango Mango Cafe)の基本情報

住所:67 Maharat Road,Phra Borom Maha Ratchawang,Phra Nakorn
電話:+66-2-622-0899  
アクセス:ター・ティアン船着場から徒歩約5分
営業時間:10:30〜20:00
定休日:木曜日

2018年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/07/16−2018/10/01 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -