「宮崎ブーゲンビリア空港」は展望デッキに飛行機!土産いっぱい

| 宮崎県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

「宮崎ブーゲンビリア空港」は展望デッキに飛行機!土産いっぱい

「宮崎ブーゲンビリア空港」は展望デッキに飛行機!土産いっぱい

更新日:2019/02/20 15:40

ヨッシー 宙船のプロフィール写真 ヨッシー 宙船 乗り物好きライター

宮崎県の空の玄関口である宮崎ブーゲンビリア空港は、国内線では羽田・成田・伊丹・関西・中部・沖縄・福岡、国際線では仁川・台北・香港を結ぶ便が就航。宮崎県の地元土産が揃い、展望デッキには航空大学校で実際に使用されていた飛行機が展示されています。宮崎県主要都市とのアクセスも良く、搭乗橋は最新のバリアフリー対応施設になっています。利用客が楽しめる空港、宮崎空港を紹介します。
国内航空券の最安値をチェック!

宮崎ブーゲンビリア空港の概要とエアプレーンパーク

宮崎ブーゲンビリア空港の概要とエアプレーンパーク

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

宮崎空港は宮崎県宮崎市にある空の玄関です。現在、国内線では東京(羽田)・東京(成田)・大阪(伊丹)・大阪(関西)・名古屋(中部)・沖縄(那覇)・福岡を結ぶ便が、国際線では仁川・台北・香港を結ぶ便があります。空港ビルは4階建てで、1階が航空会社の受付カウンターと到着ロビー・ラーメン店とドリンク店、2階が出発ロビー・喫茶店と土産店・3階が飲食店・4階が展望デッキとなっています。

2014年10月、愛称が「宮崎ブーゲンビリア空港」となりました。ブーゲンビリアは宮崎空港ビル初代社長の岩切幸太郎氏が宮崎の花として育て始めた事に由来。空港内ではブーゲンビリアをはじめとした植物が栽培されています。

宮崎ブーゲンビリア空港の概要とエアプレーンパーク

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

宮崎空港の北側には、パイロットを養成する航空大学校があります。4階のエアプレーンパーク(展望デッキ)東側にある飛行機は、航空大学校仙台分校で使用され、2011年の東日本大震災の津波による被災を免れた練習機(写真)。日中は練習機の内部が公開される時があります。基本内部見学できるのは子供だけですが、混雑していない時は大人でも内部を見る事が出来る場合も。飛行機を眺める展望デッキに本物の飛行機が置かれているのは日本ではここだけです。

1996年には宮崎空港ターミナルビルまで連絡鉄道が開通。宮崎市内や延岡方面との交通が便利になりました。また空港バスが宮崎市内をはじめ宮崎県内各地を結んでいます。

宮崎ブーゲンビリア空港の概要とエアプレーンパーク

提供元:宮崎空港ビル株式会社

http://www.miyazaki-airport.co.jp/地図を見る

宮崎空港にはバリアフリー対応の最新型の搭乗ゲートがあります。2017年12月26日より、国内初の小型機でも車椅子のまま飛行機から乗降り出来る、ロング旅客搭乗橋(PBB/写真)が利用開始されました。これまで宮崎空港でも運行本数が多いプロペラ機の乗降は一度外に出なければならない搭乗だったので、利便性が大幅に向上しました。

<宮崎空港の基本情報>
住所:宮崎県宮崎市大字赤江
電話番号:0985-51-5111(宮崎空港ビル株式会社)

1階・2階の空港ビル販売店は品揃え充実!ネット販売も!

1階・2階の空港ビル販売店は品揃え充実!ネット販売も!

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

1階には航空会社カウンターの左端に高千穂地方の土産が購入できる「高千穂そら(写真)」、ANAカウンター前に売店、国内線到着ロビー近くにラーメン店「響」があります。搭乗客以外で空弁が買えるのは1階売店だけです。また限定土産として黒霧島焼酎もあります。

「高千穂そら」は空港宮崎県有数の観光名所・高千穂の土産が買えます。高千穂旅行帰りに土産を加えたい人にはおススメです。

1階・2階の空港ビル販売店は品揃え充実!ネット販売も!

提供元:宮崎空港ビル株式会社

http://www.miyazaki-airport.co.jp/地図を見る

2階には土産店と書店・工芸品・医薬品の販売コーナーがある「日向屋(ひむかや)」、九州各地の名産品が揃う「九州名産コーナー」と隣に菓子土産が揃う「お菓子売店」があります。「日向屋」では「味のくらや」のからいも団子(写真)、「パティスリーハラ」のぼうちーずの実演販売コーナーに、様々な旅行に役立つグッズや工芸品のコーナーがあります。「お菓子売店」ではマンゴーなどが収穫期に販売されます。

1階・2階の空港ビル販売店は品揃え充実!ネット販売も!

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

九州名産品コーナーは宮崎だけでなく九州各地の名産品が揃うコーナー。九州各地を回って宮崎から帰る時に土産を買い忘れた時などに最適。空港限定品として鶏炭火焼きの実演試食販売(写真)もあります。このほか九州名産コーナー品揃えがよいのは地元の日本酒や焼酎です。
なお宮崎空港ビル株式会社では空港ターミナルで売られる土産の一部をネットショップでも販売中です。

<各店舗の営業時間>
1階高千穂そら:9:00〜19:00
2階九州名産品コーナー:6:30〜20:10
2階日向屋:6:30〜20:10

2階航空会社系の売店にも限定土産!

2階航空会社系の売店にも限定土産!

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

宮崎空港にはJAL系のBLUE SKY、ANA系のANA FESTAの航空会社系の土産店が1か所ずつ2階にあります。このうちBLUE SKYでは、JALの航空機グッズの他に、空港内ではここだけの風月堂のチーズ饅頭(写真)が売られています。もちろん他店でも売られている宮崎ではメジャーなお菓子も販売中!

ANA FESTAはこちらもANAの航空機グッズがありますが、宮崎空港の他の店でも全国のANA FESTAでも置いていない商品が「マンゴーベア」です。これ以外にも宮崎各地の土産類が多く揃っています。

<BLUE SKY>
営業時間:6:30〜20:10
電話番号:0985-52-1136

<ANA FESTA>
営業時間:6:30〜20:10
電話番号:0985-52-3744

各階に喫茶、ドリンク、飲食店ラインナップ!

各階に喫茶、ドリンク、飲食店ラインナップ!

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

1階ドリンクスタンド「パーム」はマンゴーや季節限定の日向夏ジュース(写真)などが販売され、喉を潤す事が出来ます。日向夏ジュースはオーダー後、実を絞って提供されます。

各階に喫茶、ドリンク、飲食店ラインナップ!

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

2階には空港入口側に「オープンカフェ カンナ(写真)」があります。こちらは宮崎名物のガンジスカレー・軽食・ケーキなどがメニュー。窓は空港入口・駐車場側を向いていますが、ゆっくりくつろぎたい時には最適です。

各階に喫茶、ドリンク、飲食店ラインナップ!

提供元:宮崎空港ビル株式会社

http://www.miyazaki-airport.co.jp/地図を見る

3階は飲食店5店、マッサージ1店あります。このうちレストラン「コスモス」の窓からは駐機している飛行機や滑走路が見えますし、「パイロットランチ(写真)」は飛行機のお皿に食べ物がのっている子供向けメニューで、子供連れの利用客にはうってつけです。

<各店の営業時間>
ドリンクスタンド「パーム」:8:00〜21:00
オープンカフェ「カンナ」:6:45〜19:30
エアポートレストラン「コスモス」:10:00〜20:30

宮崎ブーゲンビリア空港を味わおう!

宮崎ブーゲンビリア空港は飛行機の乗降だけでなく、お土産品・飲食店が充実し、地元を体感出来る空港です。宮崎への旅行では宮崎ブーゲンビリア空港を利用してみて下さい。

2018年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/07/15 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -