夏の爽やかさを北海道最北端部で楽しむ!稚内「白い貝殻の道」

夏の爽やかさを北海道最北端部で楽しむ!稚内「白い貝殻の道」

更新日:2018/07/21 20:13

Mija Atsushiのプロフィール写真 Mija Atsushi
北海道稚内市の北東部にある、絶景ポイントの一つ「白い貝殻の道」。なだらかな宗谷丘陵(そうやきゅうりょう)とウィンドファーム、そして日本海の三景が織りなす光景の中に輝く白い道は、どこをとっても爽やかそのもの。北の大地の最北端部に見る、夏の爽やかな景色をつくり出すこの「白い貝殻の道」について紹介します。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出され、不要不急の外出の自粛が求められています。加えて自治体独自での緊急事態宣言発出や、往来の自粛要請をしている場合があります。また施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(トラベルjp)

どこまでも爽快な光景!白い貝殻の道を歩く

どこまでも爽快な光景!白い貝殻の道を歩く

写真:Mija Atsushi

地図を見る

本土最北端の地「宗谷岬」のすぐ南側に広がる宗谷丘陵。その西側の宗谷公園(宗谷村地区)からほど近い場所に「白い貝殻の道」はあります。宗谷丘陵へと続く坂道を上っていくと、突如として現れる白く輝く道。まるで白い道が天に向かって伸びて行くようにも見え、気分が高揚してくるようです。

どこまでも爽快な光景!白い貝殻の道を歩く

写真:Mija Atsushi

地図を見る

雄大な宗谷丘陵、日本海の広大な海原を一望する事ができる風景の合間を縫うように伸びる白い道は、そこに立っているだけもで心地良いもの。風力発電のタービンが無数に立ち並ぶ光景もあって、どこをとっても冒険心をくすぐられるような光景が続きます。

どこまでも爽快な光景!白い貝殻の道を歩く

写真:Mija Atsushi

地図を見る

海側へ視線を向けると、海へと続く白い道のようにも見えてきます。まるで南国の夏を思わせるような爽やかな景色を、この北の大地の最北端部で味わう事ができる、貴重な場所でもあるのです。

廃棄物を再利用した「人工的な絶景」

廃棄物を再利用した「人工的な絶景」

写真:Mija Atsushi

地図を見る

名前にもある通り、輝く白さを放つこの道の正体は、道に敷き詰められた無数の貝殻。
これらの貝殻は、稚内の名産物でもある「帆立貝」。生産工場の廃棄物となってしまった貝殻を洗浄し、道に撒くことで、この白い貝殻の道が生まれたのです。

ゴミを再利用する事で、一つの絶景をつくり上げてしまったという、まさに奇跡の産物とも言うべき道。機転を利かせた発想があまりにも素晴らしい、「人工的な絶景」の一つです。

「白い貝殻の道」はバスでのアクセスも可能

「白い貝殻の道」はバスでのアクセスも可能

写真:Mija Atsushi

地図を見る

稚内駅前から出ている「天北宗谷岬線」バスに乗車し、「宗谷」停留所にて下車します。
※「宗谷岬」まで乗らない事!

バスを下車したら、まずは「宗谷公園」を目指して歩きます。「宗谷公園」という案内板が出ていますので、それを目印にすると良いでしょう。

「白い貝殻の道」はバスでのアクセスも可能

写真:Mija Atsushi

地図を見る

宗谷公園の近くまで来ると、「宗谷丘陵フットパスコース」という案内板のある分岐路に出くわします。貝殻の道は、このフットパスコースの行程の一つでもありますので、案内板の指示通り、これを左に進んでいきます。後は分岐路はありませんので、道なりにどんどん進んでいきましょう。

意外と急勾配な上り坂が続きますが、10分に満たない程度上っていくと、白い貝殻の道の入口に差し掛かります。境目がはっきりしていますので、早い段階で気づく事ができるでしょう。

「白い貝殻の道」はバスでのアクセスも可能

写真:Mija Atsushi

地図を見る

ちなみに、先述した分岐路の右側を進んでいくと、「宗谷公園」が左手側に見えてきます。トイレはここにしかありませんので、貝殻の道に行く前にここで済ませておきましょう。

また、この公園の前に駐車スペースがありますので、車で訪れる場合は、こちらに停めておくと良いでしょう。

運動しながら絶景を存分に楽しめる「宗谷丘陵フットパス」

運動しながら絶景を存分に楽しめる「宗谷丘陵フットパス」

写真:Mija Atsushi

地図を見る

ちなみに、この「白い貝殻の道」は、宗谷岬から続く「宗谷丘陵フットパス」という、全行程11kmのウォーキングコースの最終行程でもあります。本来のコースであれば、宗谷岬から宗谷丘陵を渡り歩いて、この白い貝殻の道を抜けてこの宗谷公園前に辿り着く、という内容です。

バスで挑戦したい場合、「宗谷岬」停留所までバス移動をし、フットパスコースを踏破して「宗谷」停留所よりバスで戻る、といったルートとなります。

また、車でこのフットパスに挑戦する場合、ますは宗谷公園前で車を止めて、「宗谷」停留所より「宗谷岬」までバス移動し、フットパスコースを踏破して宗谷公園まで戻ってくる、といったルートとなっています。

緑色の案内板が要所要所に立てられていますので、迷う事なくコースを勧めていく事が出来るでしょう。

運動しながら絶景を存分に楽しめる「宗谷丘陵フットパス」

写真:Mija Atsushi

地図を見る

雄大な景色の中、放牧された牛たちや野生のエゾシカなど、動物たちの姿を見ながら歩く事ができます。また、さすがは本土最北端に近い場所に位置するだけの事はあり、真夏であってもそれほど暑くなる事はないため、気持ちの良いウォーキングをする事ができます。

時間と体力があるならば挑戦してみはいかがでしょうか。

白い貝殻の道の基本情報

住所:北海道稚内市宗谷村宗谷
電話番号:
0162-23-6486(稚内市観光交流課)
0162-24-1216(稚内観光協会)
※通行可能期間は、6月上旬〜11月下旬(積雪状況によって期間が前後する場合あり)

2018年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/07/29 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -