札幌「滝野すずらん丘陵公園」で北海道旅行の1日を家族で自然満喫!

| 北海道

| 旅の専門家がお届けする観光情報

札幌「滝野すずらん丘陵公園」で北海道旅行の1日を家族で自然満喫!

札幌「滝野すずらん丘陵公園」で北海道旅行の1日を家族で自然満喫!

更新日:2018/09/26 14:01

ミセス 和子のプロフィール写真 ミセス 和子 北海道ブロガー、街興しフリーライター

北海道旅行では、家族で北海道の自然を感じたい、子供を自然の中で自由にのびのび遊ばせてみたいと、そんな風に考えている方が多いでしょう。そんな方にお勧めしたい場所が「滝野すずらん丘陵公園」です。

滝野すずらん丘陵公園は、北海道で唯一の国営公園。札幌市街から車で約50分の場所にあります。約400ヘクタールの森の「中心ゾーン」にある子供の谷で遊具を使って遊んだり、広大な森を散策してみませんか?

子供の谷「びっくりボール」で弾んでみよう

子供の谷「びっくりボール」で弾んでみよう

写真:ミセス 和子

地図を見る

滝野すずらん丘陵公園の「こどもの谷」へは、中央ゲート又は東ゲートから入場します。

「びっくりボール」は、直径1.2メートルの赤いボール。コロコロと丘の上まで転がして、頂上から雄大な滝野の森の風景を眺めてみましょう。ここは気温の高い日でも爽やかな風が吹き、澄み渡る空気が美味しく、北海道に来ている事が実感できます。

頂上からは、ボールを転がしたり、ボールに乗ったりしながら降りて来ると、とてもよい全身運動になりますよ。

びっくりボールは、低地部分の小屋で貸し出しています。

びっくりボールの貸し出し料金:無料
貸し出し時間:9時〜17時30分

子供の谷「びっくりボール」で弾んでみよう

写真:ミセス 和子

地図を見る

「フワフワエッグ」は、巨大な卵をイメージした遊具。緑の森を背景に、ひときわ映えわたる白い卵です。

フワフワエッグの上をトランポリンのように飛んだり跳ねたり、体を目一杯使って楽しく遊べます。滑らないように裸足で遊びましょう。

対象年齢:小学生以下

子供の谷「びっくりボール」で弾んでみよう

写真:ミセス 和子

地図を見る

高い場所から、こどもの谷を一望してみましょう。

こどもの谷は、緑に包まれたすり鉢状の谷の様な地形。すり鉢の底の場所にフワフワエッグや4つの窓が飛び出ている「虹の巣ドーム」があります。

夏はびっくりボール遊び、冬は全長200メートルの斜面でチューブそり滑り等、四季折々に外遊びができる場所です。

雨の日でも遊べる「虹の巣ドーム」

雨の日でも遊べる「虹の巣ドーム」

写真:ミセス 和子

地図を見る

こどもの谷の低地にある、屋内施設「虹の巣ドーム」。虹の巣ドームは、せっかく滝野に来たけれど、お天気が悪くて外遊びが出来ない時などにちょうど良い場所です。

ここは虹色のネットで遊ぶ遊具のエリアと、子供たちが休憩できるエリアに分かれています。屋根は緑の芝生、屋根の上には光を取り入れる天窓があります。

年齢制限:小学生以下
料金:無料

雨の日でも遊べる「虹の巣ドーム」

写真:ミセス 和子

地図を見る

虹色ネットの遊具がある屋内は、小学生以下の幼児が遊べる場所。三歳までの幼児は右側にあるネットに乗せて、遊びましょう。

雨の日でも遊べる「虹の巣ドーム」

写真:ミセス 和子

地図を見る

三歳以上の幼児は、中央の大きなネットで遊んでみましょう。下方の穴から入り、上へ上へとよじ登る事ができます。ドームの天井近くまで登る幼児もいて驚きますよ。
落ちてもネットにキャッチしてもらえるので安全です。

年齢制限:小学生以下
料金:無料

「あり塚の塔」を登ってみよう

「あり塚の塔」を登ってみよう

写真:ミセス 和子

地図を見る

こどもの谷のシンボルタワー、青空にくっきりそびえ立つ「あり塚の塔」は、地上18メートルの高さがあります。
地下にも「ありの巣トンネル」が広がり、ここはありの巣をテーマにしたエリアです。

「あり塚の塔」を登ってみよう

写真:ミセス 和子

地図を見る

巨大に拡大された「あり塚」を、小さなありになった気分で散策してみましょう。女王ありを探したり、働きありをみつけたりしながら塔のてっぺんまで、幻想的な洞窟が続きます。

「あり塚の塔」を登ってみよう

写真:ミセス 和子

地図を見る

あり塚の頂上から、こどもの谷や滝野の森の風景を一望してみましょう。360度、緑一色の森に包まれた風景は北海道の思い出に残る事でしょう。

あり塚のてっぺんから滑り台があるので、一気に地上へ滑り降りてみましょう。スリル満点のすべり台です。

「森のすみか」を散策しよう

「森のすみか」を散策しよう

写真:ミセス 和子

地図を見る

こどもの谷から「森のすみか」へと入る入り口があります。森のすみかは、散策路があり、自然を利用した遊具がいっぱいです。森にふれ、森を親しむ大人でもワクワクする自然いっぱいのエリア。きっと楽しい北海道の思い出になるでしょう。

「森のすみか」を散策しよう

写真:ミセス 和子

地図を見る

丸太とロープでできた「吊り橋」は、映画の世界にタイムスリップした気分になれます。ゆっくり渡りましょう。

「森のすみか」を散策しよう

写真:ミセス 和子

地図を見る

「りすの散歩路」は、子供がりすの目線で遊べる遊具です。りすになった気分で探検してみましょう。

「溶岩すべり台」や「森のせせらぎ」で水遊びも

「溶岩すべり台」や「森のせせらぎ」で水遊びも

写真:ミセス 和子

地図を見る

「溶岩すべり台」は、溶岩をイメージしたうねるように伸びる、スリル満点の巨大な滑り台。
このすべり台は、無料貸し出しのヘルメットを着けて滑ります。

年齢制限:3歳以上

「溶岩すべり台」や「森のせせらぎ」で水遊びも

写真:ミセス 和子

地図を見る

「森のせせらぎ」は、人工の川が流れ水溜りや噴水があって幼児が安全に水遊びができる場所。池の上からミストシャワーも出ていて、暑い日にはお勧めの森のオアシスです。

利用時間
6月〜8月:9時〜17時
9月:9時〜16時

「溶岩すべり台」や「森のせせらぎ」で水遊びも

写真:ミセス 和子

地図を見る

フワフワエッグの遊具のすぐそばには、こどもの谷休憩所「キッチンのんたん」があります。外遊びに疲れたら、一休みするのにちょうど良い場所。休憩所には、木製のテーブルと椅子、自動販売機が並び軽食コーナーもあります。

滝野すずらん丘陵公園の詳細情報

住所:北海道札幌市南区滝野247
電話番号:011-594-2222
営業時間
春:4月20日〜5月31日/9時〜17時
夏:6月1日〜8月31日/9時〜18時
秋:9月1日〜11月10日/9時〜17時
冬:12月23日〜3月31日/9時〜16時

休園日:4月1日〜4月19日、11月11日〜12月22日
入場料:大人/ 450円 小中学生/ 無料
駐車場:6箇所の駐車場は有料 / 普通車/410円・二輪車/ 150円

交通アクセス:
札幌市街地から車で約50分       
新千歳空港から車で約50分

バス利用の場合:
地下鉄南北線・真駒内駅2番乗り場より約30分(北海道中央バス滝野線)
地下鉄・福住駅6番乗り場より約50分(北海道中央バス有明線)

2018年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/08/01 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -