幽玄なり!夜桜と音楽の饗宴!「平安神宮紅しだれコンサート」

| 京都府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

幽玄なり!夜桜と音楽の饗宴!「平安神宮紅しだれコンサート」

幽玄なり!夜桜と音楽の饗宴!「平安神宮紅しだれコンサート」

更新日:2014/03/13 11:40

bowのプロフィール写真 bow トラベルライター

京都の桜の時期は様々なライトアップイベントが行われます。その中でも規模が大きく、一番おすすめできるものと言えば、今回ご紹介する「平安神宮紅しだれコンサート」。しだれ桜が美しい事でも知られる平安神宮の神苑をライトアップし、夜桜を見つつ生演奏のコンサートを楽しめるという、超贅沢で実に京都らしいイベント!この春のおでかけリストに加えてみて下さい!

京の春の風物詩「平安神宮紅しだれコンサート」

京の春の風物詩「平安神宮紅しだれコンサート」

写真:bow

地図を見る

京都の春を彩る風物詩にもなりつつある、「平安神宮紅しだれコンサート」。既に始まってから20年以上が経過し、桜シーズンの定番イベントとして京都を訪れる観光客にも広く知れ渡っています。

この「平安神宮紅しだれコンサート」のイベント内容は、神苑と社殿のライトアップと、東神苑貴賓館で行われるコンサートの総称を指しています。ちなみに平安神宮の社殿ライトアップは、実はレアだったりしますので、この機にしっかり目に焼き付けて下さい!

さて、コンサートの会場となる、平安神宮の大極殿の背後を取り囲む三方に配された庭園「神苑」。神苑は、明治時代の代表的な池泉回遊式の近代日本庭園で、近代の名作庭家・小川治兵衛による作庭です。国の名勝にも指定されています。

紅しだれを楽しみつつ、回遊!

紅しだれを楽しみつつ、回遊!

写真:bow

地図を見る

順路はまず、南神苑からとなります。神苑に咲くしだれ桜は正式には”八重紅枝垂桜”という名前。実は、このしだれ桜は「里帰り桜」としても知られています。

元々は京都・近衛家の邸内にあった糸桜を、津軽藩主が持ち帰り育てたもの。さらにそれが仙台へ移植され、100年の時を経て、明治28年・平安神宮創建の際に初代の仙台市長がその桜の苗木を寄贈したという経緯があります。

庭園を歩く人達の足もついつい止まりがちになる程、見事に咲き誇る紅しだれ桜をまずはじっくりと堪能しましょう。

文豪も愛した平安神宮の紅しだれ桜。

文豪も愛した平安神宮の紅しだれ桜。

写真:bow

地図を見る

作家・谷崎潤一郎はこの平安神宮の紅しだれ桜をこよなく愛した人物の一人。名作『細雪』の中では「海外にまでその美を謳われているという名木の桜が、今年はどんなふうであろう」と紅しだれ桜を待ち望んでいる様子を記しています。

そして、その紅しだれ桜を見る様子を「たちまち夕空にひろがっている紅の雲を仰ぎ見ると皆が一様に『あー』と、感歎の声を放った」と、しだれ桜を”夕空に広がっている赤い雲のよう”と表現したのです。

この一文、実はしだれ桜の鑑賞法についても触れています。人の手により品種改良をされたしだれ桜は、自然界では花は交配に有利なように上を向いて咲くところを、下を向いて咲いています。

ということは、桜の木の下に立ち、空を見るように真上を見れば花は全てこちらを向いて咲いてくれているのです。これこそがしだれ桜の正しい鑑賞方法!”紅の雲”どころか天から桜が降り注ぐような光景を味わえるでしょう。

桜を楽しみつつ、コンサートも楽しむ

桜を楽しみつつ、コンサートも楽しむ

写真:bow

地図を見る

「平安神宮紅しだれコンサート」はコンサートとは謳っているものの、座席に座って聞くようなコンサートではありません。演奏は1日2回で、座席がないので入替などの心配はなし!あくまでも、回遊式庭園・神苑を巡りつつ桜を愛でながら聴くコンサート。目の前の幽玄な世界を盛り上げるBGMの役割なのです。

庭園を回遊し、東神苑にさしかかってくれば、コンサートの音が聞こえてくるかと思います。

池の上から響く、癒しの音楽

池の上から響く、癒しの音楽

写真:bow

地図を見る

演奏が行われている東神苑は大きな栖鳳池と呼ばれる池をめぐる形で造られています。池の水は琵琶湖疏水から引かれていて、防火用水の意味もあるそうです。

そんな栖鳳池に浮かぶように接している、尚美館(貴賓館)の上で演奏が行われています。尚美館は、大正時代の初めに京都御所より下賜され、移築された建物。そんな舞台を使ったコンサートが許されるのはやはり、京都ならではなんだと思います。

演奏は1日2公演で、4日間の会期中、日ごとにコンサート出演者が変わります。しかし、出演者が誰であろうとも、この幽玄な世界を盛り上げてくれること間違いなし!
ただ夜桜を楽しむだけでなく、非日常の世界を味わうことになるでしょう。紅しだれ桜の夜桜と音楽の饗宴、ぜひお楽しみ下さい!

開催日程など

「平安神宮紅しだれコンサート」は雨天決行。座席や屋根がないため、雨が降るとちょっと大変ですが、晴れを信じて行きましょう!また、日ごとに出演者・演奏曲目が変わるので前売り券を取る際はご注意!前売り券は日にち指定が入っています!

また、近年では紅しだれコンサートを盛り込んだツアーも各旅行社が設定していますので、バスツアーなどで気軽に楽しむのもいいかもしれませんね。

■2014年度「平安神宮紅しだれコンサート」
開催日:4月10日(木)〜13日(日) ※雨天決行
入場料:2000円 (前売り1700円)
公開時間:18:15〜21:00(最終入場は20:30迄)
演奏:1回目・18:40〜19:20
   2回目・19:50〜20:30
「平安神宮紅しだれコンサート」事務局 TEL(075)241−6172

掲載内容は執筆時点のものです。 2010/04/09 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -