軽井沢クラフトビール旅!軽井沢限定ビールと2つのブルワリーめぐり

| 長野県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

軽井沢クラフトビール旅!軽井沢限定ビールと2つのブルワリーめぐり

軽井沢クラフトビール旅!軽井沢限定ビールと2つのブルワリーめぐり

更新日:2018/08/02 10:44

下川 尚子のプロフィール写真 下川 尚子 ライター

避暑地として知られる、高原のまち軽井沢。洋風文化を取り入れて発展してきたこの街は、実は知られざる「クラフトビールの街」。クラフトビール最大手の「ヤッホーブルーイング」と軽井沢に根ざした「軽井沢ブルワリー」の2つのブルワリーが周辺にあるほか、クラフトビールのシェアも高く、スーパーやお土産物屋には広いコーナーがあります。そんな軽井沢での、クラフトビールの楽しみ方をご紹介!

知ってた?軽井沢は「クラフトビールの街」

知ってた?軽井沢は「クラフトビールの街」

写真:下川 尚子

地図を見る

高原の空気に、オシャレで洗練された雰囲気。都内からも気軽に足を運べる避暑地として、軽井沢は今も昔も人気です。そんな軽井沢は、実は全国でも有数の「クラフトビールの先進地域」ということをご存じですか?

近年人気が高まりつつある、小規模醸造所のつくるクラフトビールや地ビール。ですが実際には日本のビール業界のシェアは大手がほとんどを占めており、クラフトビールや地ビールのシェアはわずか1%という割合です。それに対して軽井沢ではクラフトビールのシェアがなんと30%(2018年 ヤッホーブルーイング調査)。クラフトビール先進国と呼ばれるアメリカと同じくらいの割合なのだとか。

そのため楽しみどころも豊富で、ビールファンとして「注目したい地域」なんですよ。今回ご紹介するのは、「軽井沢クラフトビール旅」の楽しみ方。軽井沢限定の銘柄や、楽しい醸造所見学ツアーを順にご紹介していきましょう。

いちばん気軽な楽しみ方!軽井沢限定ビールを飲んでみよう

いちばん気軽な楽しみ方!軽井沢限定ビールを飲んでみよう

写真:下川 尚子

地図を見る

もっとも気軽な楽しみ方は、軽井沢ならではのビールを味わうこと。長野県のご当地スーパー「ツルヤ」やお土産店にはクラフトビールのコーナーが広く取られています。こちらはすべて、ツルヤにて購入したクラフトビール。

「THE軽井沢ビール 浅間名水」は、軽井沢を拠点とする「軽井沢ブルワリー」のビール。そして、「軽井沢ビール クラフトザウルス」「軽井沢高原ビール」「よなよなエール」は同じく軽井沢を拠点とするヤッホーブルーイングのビールです。特に「軽井沢ビール クラフトザウルス」と「軽井沢高原ビール」は、軽井沢でしか販売されていない地域限定ブランドなんですよ。

また、同じ長野県のオラホビールや、ツルヤとヤッホーブルーイングが共同開発した「信州高原ビール」など、さまざまな種類のクラフトビールが並び、その売り場はほかの地域にはない充実ぶり。夜、ホテルで飲むために購入しても、お土産用に手に入れてもOKですので、ぜひ、たくさんの銘柄を試してみてくださいね。

<ツルヤ軽井沢店の基本情報>
住所:長野県北佐久郡軽井沢町長倉2707
電話番号:0267-46-1811
アクセス:しなの鉄道「中軽井沢駅」より徒歩約15分

醸造所見学へ行こう!「軽井沢ブルワリー」はまるで美術館

醸造所見学へ行こう!「軽井沢ブルワリー」はまるで美術館

写真:下川 尚子

地図を見る

ビールを飲むだけ、買うだけでは物足りない…そんな方はぜひ、醸造所へ足を運んでみてはいかがでしょう。軽井沢を拠点とするブルワリーは「ヤッホーブルーイング」と「軽井沢ブルワリー」の2か所がありますが、いずれもその醸造所はお隣の佐久市にあり、工場見学ツアーが行われています。ビール好きの方はハシゴもできる距離ですよ。

こちらは「軽井沢ブルワリー」。一見して醸造所とは思えないほどのスタイリッシュさが特徴的で、外観だけでなく内装もまるで美術館のような美しさを持つ、全国的にもちょっと珍しいブルワリーです。代表銘柄は「THE軽井沢ビール 浅間名水」のシリーズ。このラベルには日本画家・千住博画伯の作品が使われており、ブルワリー内にもさまざまな場所で作品が見られます。

醸造所見学へ行こう!「軽井沢ブルワリー」はまるで美術館

写真:下川 尚子

地図を見る

軽井沢ブルワリーの工場見学は、ビールの原材料の説明から始まり、仕込、発酵、充填…と醸造の工程に沿って進められます。クラフトビールの醸造所というと、ごく小規模なところでは手作り感あふれる醸造を行っていますが、軽井沢ブルワリーは規模としてとても大きな工場。巨大なタンクや、よどみなく動く機械群の美も見どころです。

見学の最後には、生ビールの試飲とお土産1本つき。ビールを注ぐタップは本物のサクソフォンを使っており、さまざまな場所に美意識の高さが見られるブルワリーです。

<軽井沢ブルワリーの基本情報>
住所:長野県佐久市長土呂64-3
電話番号:0120-919-144
アクセス:北陸新幹線「佐久平駅」蓼科口からタクシーで約6分
所要時間:約1時間
料金:500円

人気の「よなよなエール」ヤッホーブルーイング醸造所見学

人気の「よなよなエール」ヤッホーブルーイング醸造所見学

写真:下川 尚子

地図を見る

「よなよなエール」で知られるヤッホーブルーイングでも、夏季限定で「よなよなエール 大人の醸造所見学ツアー」が行われています。

ヤッホーブルーイングの見学ツアーの特長は、距離の近さ。醸造所という「現場」にそのままお邪魔するような感覚で、タンクが触れるくらいの位置で見学ツアーを楽しめます。酵母の発酵をのぞき込んだり、タンクから直出しのビールを飲めたりと、「体験」に重きを置いたツアー内容も魅力!

人気の「よなよなエール」ヤッホーブルーイング醸造所見学

写真:下川 尚子

地図を見る

また、スタッフのみなさんがフレンドリーで、それぞれの個性を生かした楽しい案内をしてくれるのも面白いところ。ツアーの最後には試飲タイムがあり、「よなよなエール」「水曜日のネコ」「軽井沢高原ビール」など人気の銘柄から5種類以上の試飲が楽しめます。

見学ツアーの最後に立ち寄る直売所では、よなよなエールをはじめとしたヤッホーの製品がお得な価格で購入できるほか、Tシャツやコースターなどのオリジナルグッズも。そんな特別感あるグッズが手に入るのも嬉しいところです。

<ヤッホーブルーイングの基本情報>
住所:長野県佐久市小田井1119-1 ヤッホーブルーイング醸造所
電話番号:0120-28-4747
アクセス:北陸新幹線「佐久平駅」よりタクシーで約20分、しなの鉄道「御代田駅」よりタクシーで約10分
開催期間:2018/6/30(土)〜10/8(月・祝)(土日祝中心、34日程)※インターネットでの完全予約制
所要時間:各100分
参加料金:1,000円

「軽井沢クラフトビアテラス」など魅力的なビールイベントも

「軽井沢クラフトビアテラス」など魅力的なビールイベントも

写真:下川 尚子

地図を見る

もちろん「お店でクラフトビールを楽しむ」という選択肢もあります。有名なクラフトビールバーのような場所は軽井沢ではなかなか思い当たりませんが、軽井沢ブルワリー、ヤッホーブルーイングともに「飲めるお店」をホームページ上で公開していますので、そこから候補を見つけてみても良いですね。

また、魅力的な屋外イベントも定期的に開催されますので、チェックしてみるのもオススメ。写真はヤッホーブルーイングが夏に開催している「軽井沢クラフトビアテラス」。軽井沢のエリア限定ビールである「軽井沢ビール クラフトザウルス」など約6種類の生ビールが樽出しで飲めるなど、軽井沢らしい爽やかな空気の中でクラフトビールを楽しめるイベントです。

<軽井沢クラフトビアテラスの基本情報>
開催場所:長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢(軽井沢プリンスショッピングプラザ センターモール)
電話番号::0267-42-5211
アクセス:北陸新幹線「軽井沢駅」南口より徒歩3分
開催日程:2018/7/6(金)〜8/26(日)

軽井沢でクラフトビール旅しませんか?

古くから洋風の文化を受け入れながら発展してきた軽井沢。トレンド感度が高い土壌に加え、人気のブルワリーもあることから、クラフトビールの先進地域としていま注目したい街です。

クラフトビールファンはもちろんのこと、そうでない方も、軽井沢旅行のエッセンスとして取り入れてみてはいかがでしょう。

2018年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/07/07 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -