日本で一番有名な焼酎「いいちこ日田蒸留所」で大人の時間を楽しむ

| 大分県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

日本で一番有名な焼酎「いいちこ日田蒸留所」で大人の時間を楽しむ

日本で一番有名な焼酎「いいちこ日田蒸留所」で大人の時間を楽しむ

更新日:2014/03/13 17:47

舟津 カナのプロフィール写真 舟津 カナ アウトドアライター、撮影コーディネーター

むぎ焼酎の代表格で、どこの酒屋でも必ずといっていいほど取り揃えられ、 “下町のナポレオン” として愛される三和酒類の「いいちこ」。しかし、定番の「いいちこ」の他にも「いいちこ日田全麹」や「いいちこフラスコボトル」など種類あり、奥が深いことをご存知でしょうか?

今回は大分県の日田にある「いいちこ」の蒸留所をレポート。
工場見学や試飲、ここでしか買えない!レアな「いいちこ」の焼酎を紹介いたします。

原酒をはぐくむ、心安らぐ場所に建つ日田蒸留所

原酒をはぐくむ、心安らぐ場所に建つ日田蒸留所

写真:舟津 カナ

地図を見る

もともとニッカウヰスキーの工場でしたが撤退後、跡地に建てられたのが「いいちこ蒸留所」。敷地の中には製造場の他にも、貯蔵庫、試飲コーナー、散策路、芝生公園などがあり、春はサクラ、秋は紅葉が楽しめる自然と調和した広大な施設となっています。

「いいちこ蒸留所」は、樽やホーロータンクで長期間寝かせる「長期貯蔵酒」など高度な技を駆使した、味にこだわる焼酎造りを目指し、2002年に開設。2004年より一般公開されるようになりました。

この恵まれた自然の中で、1次、2次仕込みとも大麦麹だけで行う「全麹造り原酒」が日々生まれているのです。

ビデオモニターを見ながらゆっくり工場見学

ビデオモニターを見ながらゆっくり工場見学

写真:舟津 カナ

地図を見る

工場見学ができるのは第1&第2製造場、第1貯蔵庫の3箇所です。

第1製造場では1次、2次仕込みと蒸留。第2製造場では蒸留。第1貯蔵庫では貯蔵・熟成の工程が見学できます。
案内人がいるわけではありませんが、それぞれ主要な場所にはビデオモニターや大きなパネルが設けられ、どのように焼酎が製造されるかわかりやすく解説。「いいちこ」の原料である二条大麦や大麦麹などは実物が展示され、触れることもできます。

貯蔵庫では原酒を熟成させる1500丁の樫樽があり、圧巻!

ワイナリーでは珍しくありませんが、焼酎で長期貯蔵のための樽がここまで多いのは珍しく、「原酒の杜」といわれる由縁を肌で感じる場所です。

やっぱりここははずせない!試飲コーナー

やっぱりここははずせない!試飲コーナー

写真:舟津 カナ

地図を見る

ビール工場などの工場見学では、見学後に試飲というコース設定を設けているところが多いですが、ここは試飲・売店だけ利用することも可能。

製造所から少し離れた「試飲コーナー」には、店員の説明を聞きながら試飲できるカウンター、自由に試飲できる一角、売店があり、ガラス張りで落ち着いた空間で、心行くまで飲み比べできるように工夫されています。

ドライバーの方は「どうせ飲めない!」とがっかりしないでください。
ここのノンアルコール飲料は、焼酎の製造過程で生まれる発酵大麦エキスを使用した麦酢。「いいちこブランド」を傷つけない、ノンアルコールだと侮れない物が試飲できます。麦酢はアミノ酸やクエン酸などが多く含まれ、健康維持にはもちろん、ダイエットにも効果的とか。

程よい酸味は癖になり、リピーターも多いとのことです。

日田蒸留所限定商品を狙え!

日田蒸留所限定商品を狙え!

写真:舟津 カナ

地図を見る

日田蒸留所では、ここでしか販売されていないレアな焼酎「いいちこ原酒」が販売され、焼酎通に大人気。

3種類あり、
全麹常圧蒸留原酒 (44度)
全麹減圧蒸留原酒(44度)
長期熟成貯蔵酒(40度)(各630円)

常圧蒸留原酒は個性的で芳醇な味わい。お湯割がおすすめ!
減圧蒸留原酒は3種類の中で一番すっきり飲みやすく、水割りがおすすめ!
長期熟成貯蔵酒は焼酎というよりウイスキーのような味わい。ロックで飲むのがおすすめ!
とそれぞれ個性的な味わい。
3種類楽しめる3本セットも1900円で販売されています。

もちろん、この3種類も試飲できます。
飲み比べて一番好きなものを購入してもよいかもしれませんね。

大人の工場見学におすすめの日田

お酒の味を左右する原料の「水」ですが、日田は日本屈指のおいしい水どころ。
それ故に近くにはサッポロビール工場があり、そのでも工場見学・試飲が楽しめます。

そのほかにも、全国的にも人気が高い天然水「日田天領水」や、醤油・味噌・虹色ラムネを製造する「原次郎左衛門」も製造過程が見学可能。

学びながら、楽しめる大人の時間をじっくり味わえます。

学んだ後は、日田温泉でゆっくり宿泊するのもよいでしょう。


掲載内容は執筆時点のものです。 2014/02/05 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -