最大2万円分お得 Go To トラベル キャンペーン

秋冬がおすすめ!アルハンブラ宮殿とグラナダの楽しみ方

秋冬がおすすめ!アルハンブラ宮殿とグラナダの楽しみ方

更新日:2019/10/26 15:37

みな きむのプロフィール写真 みな きむ スペイン・グラナダの日本人向け代理店勤務
スペイン・グラナダはアンダルシアの地方都市ですがアルハンブラ宮殿が飛びぬけて有名な為、日帰りでアルハンブラ宮殿だけを見に来られる方もけっこう居られます。せっかくグラナダに来たのにアルハンブラ宮殿だけ!というのは非常に勿体無いと思いますが旅程は人それぞれ。
アルハンブラ宮殿の意外な見所と、日は短くても楽しめる秋冬限定の季節イベントや、この時期ならではの楽しみ方をご紹介します。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

アルハンブラ宮殿は意外な紅葉スポット

アルハンブラ宮殿は意外な紅葉スポット

写真:みな きむ

地図を見る

グラナダには日本のような真っ赤な紅葉は少ないですが、それでも黄色や橙色の紅葉は見られます。グランビア通りの銀杏並木や旧イスラム居住区アルバイシン地区にあるカルメン・デ・ロス・コルドバ、旧ユダヤ人居住区レアレホ地区のカルメン・デ・ロス・マルティレスなどは紅葉が綺麗な場所ですが、実はアルハンブラ宮殿も意外な紅葉スポットです。

アルハンブラ宮殿のアルカサバは要塞として使われていたので高い塔が沢山あります。対岸のアルバイシンの白い家々を見るのにベストですが、秋冬には川沿いの木々の紅葉とアルバイシン地区を一望できます。1つだけ塔を選ぶなら一番高いベラの塔。ここからはアルバイシン地区、カテドラル、雪山シエラネバダ山脈、アルカサバ内の当時の住居跡が見られます。秋冬の最終時間もおススメで夕日に染まったグラナダが見られます。

アルハンブラ宮殿は意外な紅葉スポット

写真:みな きむ

地図を見る

入場時間指定のあるナスル宮殿内ではアラヤネスのパティオの池に映るコマレスの塔、12頭のライオンのパティオなどはガイドブックでもお馴染みですね。その他2018年夏に修復が終わった諸王の間の3つの天井絵、2姉妹の間やアベンセラヘスの間の頭上から圧倒的な迫力で迫ってくるモカラベと言う鍾乳石飾り、各部屋の異なるタイル壁やアラビア文字装飾等も見逃せません。

午前中に行ける方はアラヤネスのパティオの壁に映る水盤の影に注目。チョロチョロと流れる水盤の水が輪状で動く影には目が釘付け。

アルハンブラ宮殿は意外な紅葉スポット

写真:みな きむ

地図を見る

パルタル庭園を通ってヘネラリーフェ離宮へ。秋冬は花は少なめですが紅葉や落葉が楽しめます。黄色い葉で覆いつくされた地面や低木などは晩秋のみのお楽しみ。ヘネラリーフェ側から見るとパラドールの壁が真っ赤に染まっていたり、ヘネラリーフェ内では女王のパティオが特に秋を感じられます。日が落ちるのが早いですので最終時間には夕日をバックにしたアルハンブラ宮殿も。

グラナダ市内はあまり雪は降りませんが、ごくまれに積もることがあります。雪の日に当たると緑の木に雪が映え全く違った世界となります。滑りやすいので気をつけないと駄目ですが、当たればラッキーだと思って楽しみましょう。

クリスマスは外せない!

クリスマスは外せない!

写真:みな きむ

地図を見る

スペインではクリスマスは12月24日から1月6日迄ですが、12月初めのイルミネーション点灯からクリスマスモードは高まっていきます。日本と違ってクリスマスは家族で過ごす大切な日ですので、24日の夜・25日の午前中は街は静か。華やかなクリスマスモードを体験したければむしろその前後ですね。

グラナダ中心部では毎年12月6・8日の飛び石連休前から点灯が始まります。メインはビブランブラ広場と市役所広場ですがその他セントロの様々な通りがライトアップされ、クリスマス市や焼き栗売りが登場します。

クリスマスは外せない!

写真:みな きむ

地図を見る

例年ベレンと呼ばれるスペインのクリスマス飾りもあちこちに設置され、ベレンの人気投票なども行われます。

ベレンはキリスト生誕場面を再現したものですが、景色の中に実在する教会やアルハンブラ宮殿を盛り込む等、趣向を凝らしているので楽しいですよ。こんな可愛いレゴのベレンも!クリスマス市でも飾りを置いてるお店は多いので覗いてみてくださいね。

クリスマスは外せない!

写真:みな きむ

地図を見る

東方の3博士が幼子イエスにあったことを記念するお祭りが、1月6日のレジェス・マゴス。グラナダでは前日5日の夜にレジェス・マゴスのパレードがあり、3博士が街中でキャンディーをばら撒きます。キャンディを受け取ろうと大人も子供も必死の楽しいパレード。日本で言えば神社の餅撒き?市中心部は交通規制がかけられますが、運良くこの日にグラナダに居たらぜひキャンディーをゲットしてください。

レジェス・マゴス本番の6日はスペインのクリスマス・イブみたいな日で子供達がプレゼントを楽しみにしています。家族でプレゼント交換をしたりロスコン・デ・レジェスという大きなパン菓子を食べる習慣があります。

クリスマス、新年の過ごし方については別記事に詳しく書いていますのでリンクをご参照ください。

トマ・デ・グラナダ〜レコンキスタ完了記念日

トマ・デ・グラナダ〜レコンキスタ完了記念日

写真:みな きむ

地図を見る

1月2日はトマ・デ・グラナダ。レコンキスタが完了した日でこの日からグラナダはイスラム教徒の町からキリスト教徒の町に変わりました。この日はグラナダ市のみ祝日となっており、王室礼拝堂・カテドラル・市役所広場でセレモニーが行われる他、アルハンブラ宮殿のアルカサバで鐘突きが行われます。

トマ・デ・グラナダ〜レコンキスタ完了記念日

写真:みな きむ

地図を見る

トマ・デ・グラナダの鐘突きの為アルカサバは(のみ)一般開放され、希望者は誰でもベラの塔にある鐘を突くことができます。ベラの塔は一番高い塔で、風になびく旗と鐘が目印になるので外から見てもすぐにわかります。

トマ・デ・グラナダにはここで鐘を突くとその年内に結婚する、という若い女の子達に人気のちょっと面白い逸話があります。鐘が突けるのは1年に一度だけですので、1月2日にアルハンブラ宮殿に行く人はアルカサバで鐘突きは如何ですか。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

アラブ喫茶(テテリア)でお茶を

アラブ喫茶(テテリア)でお茶を

写真:みな きむ

地図を見る

観光で冷え切った身体を温めるのにピッタリなのがアラブ喫茶(テテリア)。アルバイシンのカルデレリア・ヌエバ通りはアラブ人街、リトル・モロッコ、御茶屋通りなど様々な呼び名がありますが、ここにはアラブ喫茶がいっぱい集まっています。観光客向けに見えつつ、この通りで働いているモロッコ人達も道端で同様に小さなグラスに入ったお茶を飲んでいたりします。

アラブ喫茶(テテリア)でお茶を

写真:みな きむ

地図を見る

エキゾチックな空間でミントの入った緑茶、いわゆるモロッコ・ミントティはTe marroquiやTuareg morunoと呼ばれ、チャイに似たミルクとスパイスの入った紅茶パキスタニ(Paquistani)などが一般的。甘いアラビアン・スイーツと一緒にどうぞ。

お茶屋通りではありませんが、同じアルバイシン地区のアラブ喫茶店について別記事に詳しく書いていますのでリンクをご参照ください。

近郊の村に秋冬を探しに

近郊の村に秋冬を探しに

写真:みな きむ

地図を見る

グラナダから車で40分程の所にグエハル・シエラというシエラネバダ山麓の村があります。大きなダムを通り過ぎ、村を通り越してすぐにグラナダ市内にも流れ込んでいるヘニル川沿いに散歩道があるのですが、ここから見える緑・黄色・橙色・茶色の紅葉は絵のようです。

40年以上前にグラナダ市内とシエラネバダ山脈を結んでいたトランビアという登山電車があり、そのルートが散歩道になっています。今はバルになっている元登山電車の駅ともう1つのレストランを出発と最終とすれば良いでしょう。夏場には天然プールにもなるため川のすぐ側まで下りることもできます。

近郊の村に秋冬を探しに

写真:みな きむ

地図を見る

散策後はグエハル・シエラの村に行ってみてもいいですが、そのまま昔の登山電車コースでシエラネバダ山脈に車で上ってしまうというのもこの時期はおススメ。秋冬は雨の日も多く、街中は雨でも標高が2000メートルを超える山では雪になることも。2019年は10月20日に初雪が降りました。スキー場のある辺りや更に標高の高い2500メートルのベレタ山などはタクシーなどで行くのがおススメ。天気が良ければゲレンデ周辺を散策してスキー客を見ながらお茶するのも。

グエハル・シエラ迄はバスは1時間に0〜2本、週末は更に少なくなります。グエハル・シエラとシエラネバダ山脈両方にまとめて行きたい場合は日本語情報センターのタクシーツアーなどを利用するのが良いでしょう。

プラン組のお役立ち情報

紅葉や雪のシーズンは年によって大きく異なります。2019年は9月初めに一気に気温が下がりましたが2週間後に夏日に戻り10月中旬まで夏のような日が続きました。10月最後の週末には毎年夏時間から冬時間へと以降します。

秋冬だと紅葉〜クリスマスイルミネーションやクリスマスマーケットなどシーズン限定の楽しみがいっぱい。でも秋冬は時々雨も降り、朝晩と日中の気温差はかなりあります。念の為折り畳み傘をお持ちください。

また本文中には書いていませんが他にも色んなイベントや祝日があります。
ハロウィンは殆ど祝いませんが、仮装好きのスペイン人は夜にディスコテカに仮装で出かけることも。翌11月1日は全聖人の祝日でこの日からクリスマスに向けてのお菓子が店頭に並び始めるのが10月中旬頃から。モニュメントや個人宅などが一般開放される11月16日の世界遺産の日、11月後半の激安金曜日ブラック・フライデー、1月中旬にはサン・アントンの日に因んだ冬の寒い日にピッタリの豚肉と野菜の煮込みOlla de San Antonをグラナダ市内のバルでも提供する所があります(グラナダ近郊のモナチル村が有名)ので見つけたら試してみてください。また2月最初の日曜日の地元祭サンセシリオの日はサクロモンテで祝われますので興味のある方はどうぞ。

ヨーロッパ最南スキーリゾートのシエラネバダ山脈もグラナダならではです。本文中のグエハル・シエラや上記のモナチルはシエラネバダのすぐ側ですので、自然が好きな方はセットで行ってみてもよいですね。

秋冬のグラナダ滞在を大いに楽しんで下さいね。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2012/09/15−2019/10/22 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -