初めて富士山登るなら「吉田ルート」登山も観光も楽しめる

| 山梨県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

初めて富士山登るなら「吉田ルート」登山も観光も楽しめる

初めて富士山登るなら「吉田ルート」登山も観光も楽しめる

更新日:2018/08/06 16:41

離島 こむのプロフィール写真 離島 こむ 離島ドットコム管理人、沖縄在住サブスリーランナー

誰もが一度はチャレンジしてみたい「富士山登山」。初めて登るなら断然「吉田ルート」がおすすめです。富士山登山ルートで唯一、山梨県側にある登山道で、途中に山小屋が多く、富士山登山が初めての人でも安心。さらに登山口には売店などの施設が充実しており、登山せずに観光するだけでも楽しめます。富士山登山の中でも一番人気の吉田ルート。その魅力をくまなく紹介いたします。

観光するだけでも楽しい吉田ルートの登山口

観光するだけでも楽しい吉田ルートの登山口

写真:離島 こむ

地図を見る

富士山登山で一番人気の「吉田ルート」。その起点となるのが富士五湖の河口湖がほど近い、山梨県の「富士吉田」です。吉田ルートの登山口となる、スバルライン5合目までは、富士急「富士山駅」や「河口湖駅」から登山バスが出ており、さらに都心などから5合目までの直通バスも出ています。ちなみに夏の登山シーズンはマイカー規制がかかり、登山口まで自家用車で行くことはできません。登山バスやシャトルバスを利用しましょう。

観光するだけでも楽しい吉田ルートの登山口

写真:離島 こむ

地図を見る

吉田ルートの登山口となるスバルライン5合目は、富士山中腹とは思えないほどの賑やかさ。富士山登山ルートの中で、レストランや売店などの施設が最も充実している登山口です。富士山登山せずに、雰囲気だけ味わいに5合目まで来て、観光だけして帰る人も多い吉田ルートの登山口です。

<吉田口・富士山五合目 五合園レストハウスの基本情報>
住所:山梨県南都留郡富士河口湖町船津3449
電話番号:0555-72-2121
アクセス:吉田ルート登山口から徒歩1分

観光するだけでも楽しい吉田ルートの登山口

写真:離島 こむ

地図を見る

スバルライン5合目の施設群を抜けると、いよいよ富士山登山の吉田ルートです。序盤は公園の遊歩道のような道ですが、徐々に勾配もきつくなり、本格的な登山道になっていきます。

標高差は1415m!登り6時間/下り3時間

標高差は1415m!登り6時間/下り3時間

写真:離島 こむ

地図を見る

吉田ルートは、登山口があるスバルライン5合目の標高が「2305m」で、吉田ルートの頂上にある久須志神社が「3720m」の、標高差「1415m」の登山コースです。吉田ルートは登山道と下山道が明確に区分されているので、とても登下山しやすく、初めての富士山登山にはおすすめです。

標高差は1415m!登り6時間/下り3時間

写真:離島 こむ

地図を見る

吉田ルートは登りが約7.5kmの道のりで、標準的な登山者だと「約6時間」で登りきれます。下りは約7.6kmの道のりで、「約3時間」で下れます。登山道と下山道が別なので、特に下りは登りの半分の時間と、スムーズに下山できます。

標高差は1415m!登り6時間/下り3時間

写真:離島 こむ

地図を見る

吉田ルートからの登山で注意したいのは、標高3400mの「本8合目」から先。ここから別の登山ルートが合流するので、かなり混雑します。逆に、最も疲れが出る場所なので、その混雑もいい休憩になることでしょう。

初めての登山でも安心!その理由は山小屋

初めての登山でも安心!その理由は山小屋

写真:離島 こむ

地図を見る

初めての富士山登山で、吉田ルートがおすすめの理由は、なんといっても登山道にある山小屋。他の登山ルートと比べても、ダントツで山小屋が多く、そのサービスも充実しています。

初めての登山でも安心!その理由は山小屋

写真:離島 こむ

地図を見る

山小屋のサービスが充実していれば、小休止ができるのはもとより、水や食べ物など物資の補給もできます。特に富士山登山が初めての人だと、途中で足りないものも出てくることでしょう。吉田ルートなら、山小屋の数も多いので、初めてでも安心して富士登山ができるというわけです。

初めての登山でも安心!その理由は山小屋

写真:離島 こむ

地図を見る

さらに吉田ルートの山小屋には、本8合目の「胸突江戸屋」のようなカフェ的なものも!?まさに観光気分で登山ができる吉田ルートです。しかし山小屋の物価はとても高く、地上での2倍3倍は当たり前。山小屋までの物資の運搬を考えれば、致し方無しです。

<山小屋の物価相場>
缶ドリンク 300-400円
ペットボトルドリンク 500-600円
カップ麺 600-800円

頂上も充実!でも標高が3776mじゃない!?

頂上も充実!でも標高が3776mじゃない!?

写真:離島 こむ

地図を見る

標高2305mから始まった、富士山登山吉田ルート。そのゴールとなるのが、標高3720mの久須志神社。その鳥居をくぐれば富士山登山達成です。特に吉田ルートのゴールには、鳥居以外に狛犬もいて、一緒に記念撮影するのが定番です。

頂上も充実!でも標高が3776mじゃない!?

写真:離島 こむ

地図を見る

吉田ルートのゴールは標高3720m。でも富士山と言えば標高3776mでは?そうなんです、本当の富士山頂上はここではありません。あくまで吉田ルートのゴールであって、富士山の頂上は別の場所にあります。それがあるのは「剣ヶ峰」という火口の頂で、火口を一周する「お鉢巡り」をすれば行くことができます。吉田ルートの反対側にあるので、火口を半周すればたどり着けます。(標準的な登山者だと片道1時間前後)

頂上も充実!でも標高が3776mじゃない!?

写真:離島 こむ

地図を見る

吉田ルートは頂上も充実。富士山頂上にもかかわらず、補給ができる売店や、登山記念グッズが手に入る土産屋など、小さな町並みができています。町並みの外側には登山道、内側には火口という、ダイナミックなロケーションの吉田ルートの頂上です。

下山道も楽々!便利アイテムでさらに快適に!?

下山道も楽々!便利アイテムでさらに快適に!?

写真:離島 こむ

地図を見る

吉田ルートは登山道と下山道が明確に分かれているので、下山口も登ってきた場所とは別の場所なので要注意。下山口の案内がありますので、それを辿っていけば、初めての人でも安心です。

下山道も楽々!便利アイテムでさらに快適に!?

写真:離島 こむ

地図を見る

吉田ルートの下山道は基本的に坂道なので、駆け下りるようにスイスイ下っていけます。なにせ標準タイムで、登りが6時間に対し、下りは3時間ですからね。さらに便利アイテムがあれば、より快適に下山できます。下山道のほとんどが砂の道なので、砂煙対策に「マスク類」は必須。さらに登山靴に砂が入り込まないように「登山スパッツ」もあると便利です。

下山道も楽々!便利アイテムでさらに快適に!?

写真:離島 こむ

地図を見る

吉田ルートの下山道は、登山道に比べて山小屋が少ないですが、一気に下っていけるので気になりません。高山病も下山すれば治りますし、下山の際は寄り道せずに一気に駆け下りましょう!そして登山道に緑が増えてくれば、いよいよゴールの5合目も近い証拠。下りは意外とあっという間です。そしてゴールの5合目には、レストハウスなどの施設群があるので、好きなだけ身体を休めることができることでしょう。

初めての富士山登山なら「吉田ルート」がおすすめの理由

初めての富士山登山におすすめの吉田ルート。その理由は「山小屋など施設の充実」と「登山道と下山道が独立」です。さらに登山前や下山後に、河口湖で観光も温泉も楽しめますし、さらに富士急ハイランドで遊ぶこともできます。この充実度の高さが、吉田ルートが富士山登山で一番人気のゆえんと言えるでしょう。

その分、富士山登山ルートの中で最も混雑しており、登山道が渋滞することもしばしば。でも初めての富士山登山なら、その渋滞もいい休憩になることでしょう。初めて富士山に登るなら、この「吉田ルート」がおすすめという理由です。

<富士山登山吉田ルートの基本情報>
標高差 1415m(スバルライン5合目2305m→久須志神社3720m)
登り 7.5km(標準タイム約6時間)
下り 7.6km(標準タイム約3時間)
案内板 黄色(この色の表示を辿っていけば迷わない)

2018年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2012/08/23 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -