マニアよ、日本最古級の映画館に集え!上越市「高田世界館」

| 新潟県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

マニアよ、日本最古級の映画館に集え!上越市「高田世界館」

マニアよ、日本最古級の映画館に集え!上越市「高田世界館」

更新日:2018/08/17 14:51

沢原 馨のプロフィール写真 沢原 馨

新潟県上越市の南部、高田の町の一角に日本最古級の現役映画館が存在します。明治44年(1911年)に芝居小屋として建てられたという建物が今も残り、今では数少ない、フィルム映写機を備えた映画館として存続しているのです。映画の上映中でなければ内部の見学も可能。映写室に据えられた映写機などは、マニアなら感涙もの!レトロマニアの皆さん、映画ファンの皆さん、「高田世界館」で至福のひとときを過ごしましょう!

日本最古級の現役映画館!「高田世界館」を訪ねよう

日本最古級の現役映画館!「高田世界館」を訪ねよう

写真:沢原 馨

地図を見る

「高田世界館」は新潟県上越市の南部、一般に「高田」として知られる町の一角に建っています(上越市は1971年に直江津市と高田市が合併して発足、さらに2005年に周辺の町村を編入合併し、現在の形となりました)。高田は高田城の城下町として発展した、歴史の古い町です。

「高田世界館」の建物は明治44年(1911年)、芝居小屋「高田座」として造られました。その5年後には「世界館」と名を改め、常設映画館としての歴史が始まります。当時の日本は、弁士が活躍していた「活動写真」からようやく近代映画への転換が始まろうとしていた時期でした。そうした時代背景を考え合わせると感慨深いものがありますね。

通りから少し奥まって建つ「高田映画館」は、改修が加えられているものの、ほぼ建てられた当時の姿を保っています。国の登録有形文化財にも登録された建物はレトロマニアや近代建築ファンなら必見ですね。

日本最古級の現役映画館!「高田世界館」を訪ねよう

写真:沢原 馨

地図を見る

「高田世界館」は今も現役の常設映画館。現在はNPO法人「街なか映画館再生委員会」によって運営されています。基本的には映画館ですが、上映中でなければ内部の見学も可能です。芝居小屋時代の名残が漂う客席の造りや、古い映写機の据えられた映写室は必見!マニアならずとも興味深く見学できるでしょう。

建築当時のままに残る天井装飾!大正昭和にタイムスリップ

建築当時のままに残る天井装飾!大正昭和にタイムスリップ

写真:沢原 馨

地図を見る

建物内部に入れば、気分は大正昭和の時代にタイムスリップ。客席のシートが新しくされるなど、改修も施されていますが、全体に漂う空気感は古い時代のまま。その中に身を置くだけでも訪ねた甲斐があるというものです。

建築当時のままに残る天井装飾!大正昭和にタイムスリップ

写真:沢原 馨

地図を見る

特に注目すべきは天井の装飾。建築当時のものが今も残っているのです。洒落たデザインの装飾を見学しながら、芝居小屋として建てられた当時の賑わいを想像してみるのも一興です。

建築当時のままに残る天井装飾!大正昭和にタイムスリップ

写真:沢原 馨

地図を見る

スクリーンだけでなくステージも設けられていたり、二階建てとなった客席の二階部分がステージに向かってコの字形に設けられていたりするのは芝居小屋時代の名残。今も映画の上映だけでなく、落語会などのイベントも行われています。

Fuji Centralの映写機が据えられた映写室は必見!

Fuji Centralの映写機が据えられた映写室は必見!

写真:沢原 馨

地図を見る

映写室の内部を見学するのは希有な体験と言えるかもしれません。ただでさえ一般の人には縁の無い場所ですが、さらにフィルムの映写機が据えられた映写室というものを見学できる機会はそうそうあるものではありません。古い映写機には「Fuji Central」のロゴがあります。製造していたのは富士精密工業。マニアなら感涙ものの映写機です。

Fuji Centralの映写機が据えられた映写室は必見!

写真:沢原 馨

地図を見る

映写室内の作業台にはフィルムの切れ端が無造作に置かれていたりします。「今の若い方の中には、フィルムというものを初めて見るという方もいらっしゃいますよ」と、NPO法人「街なか映画館再生委員会」委員長の岸田さん。

Fuji Centralの映写機が据えられた映写室は必見!

写真:沢原 馨

地図を見る

映写室は今も現役の“作業場”。“資料展示室”などではありませんから、少しばかり雑然としていますが、それも魅力ですね。昔のフィルムはとても燃えやすかったので、火除けの神棚も祀ってあります。真空管のアンプも置かれていましたが、さすがにこれは今では使っていないそうです。あれもこれも、見るものすべてに興味津々。マニアの方ならなおさらでしょう。

築100年超の建物で映画鑑賞!「高田世界館」へ行こう

築100年超の建物で映画鑑賞!「高田世界館」へ行こう

写真:沢原 馨

地図を見る

繰り返しますが、「高田世界館」は現役の映画館。今も日常的に映画の上映が行われています。上映スケジュールなどは公式サイトでご覧になれます。

築100年超の建物で映画鑑賞!「高田世界館」へ行こう

写真:沢原 馨

地図を見る

築100年超の映画館で映画を鑑賞することを目的に、上越市を訪ねる。そんな旅も素敵です。「映画を見に、上越に行こうよ」と、映画好きの友だちを誘ってみては?

映画鑑賞の後は「雁木の町」散策を楽しもう!

映画鑑賞の後は「雁木の町」散策を楽しもう!

写真:沢原 馨

地図を見る

「高田世界館」の建つ高田の町は、「雁木」が連なる「雁木の町」として知られています。雪深い高田の町、積雪時も往来を確保するために設けられた「雁木」は、町並みに独特の景観を与えています。せっかく高田の町を訪れたのですから、「雁木の町」の散策も楽しんでおきましょう。

高田世界館の基本情報

住所:新潟県上越市本町
電話番号:025-520-7626(火曜定休)
アクセス:えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン高田駅から徒歩約10分/上信越自動車道上越高田ICから約4km、北陸自動車道上越ICから約5km、駐車場有り

2018年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/09/07 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -