ミラノのテルメで完全リラックス!極上楽園スパ「QC Terme Milano」

| イタリア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ミラノのテルメで完全リラックス!極上楽園スパ「QC Terme Milano」

ミラノのテルメで完全リラックス!極上楽園スパ「QC Terme Milano」

更新日:2018/08/08 11:46

Etsuko Ciaoのプロフィール写真 Etsuko Ciao 旅するイタリアライター、美味しいもの愛好家

火山国イタリアには、日本同様「テルメ」と呼ばれる温泉が国内に点在しています。歴史的には治癒を目的に温泉療養が続いてきました。ミラノ中心地にもメンタルヘルス向上のためのテルメ「QC Terme milano」があり、朝から寛ぐ人、仕事帰りに立ち寄る人等、自分自身の癒しの時間を堪能しています。約2,500平方メートルの敷地は、都心とは思えぬ楽園空間。ミラノ旅に加えていただきたいスポットです。

ミラネーゼからも大人気!プラン別でもっとリラックス

ミラネーゼからも大人気!プラン別でもっとリラックス

写真:Etsuko Ciao

地図を見る

テルメは、イタリア語で「温泉」という意味。イタリアのテルメの歴史は古く、古代ローマ時代に遡り、主に治癒を目的としていました。当時から保養施設や浴場があったほど、生活に馴染んでいたのです。

現代においてもテルメは人気スポットです。温泉と言っても日本の温泉とは少し異なります。まず、イタリアのテルメやスパ施設では水着着用は必須。忘れずに持参しましょう。そして、温泉水は36度から38度とぬるめ。日本の熱い温泉とはだいぶ異なります。プールに浸かるイメージが近いです。

ミラネーゼからも大人気!プラン別でもっとリラックス

写真:Etsuko Ciao

地図を見る

QC Terme Milano(クーチ・テルメミラノ)は、地下鉄ポルタ・ロマーナ駅の地上に位置しています。古代ローマを彷彿させる壁に囲まれ、ミラノ市内最大の約2,500平方メートルの面積を誇るスパ施設です。テルメを始めとしたリラクゼーションためのウエルネスサービスを30種類以上展開しています。夜はビュッフェも味わえてミラネーゼにも大人気の施設です。

ミラネーゼからも大人気!プラン別でもっとリラックス

写真:Etsuko Ciao

地図を見る

施設利用は予約なしの当日受付も可能ですが、曜日、時間帯、オプションメニューによって料金が異なることから、できれば事前にHPでメニューの確認されると当日の受付がスムーズです。

ご参考まで、平日の一日プランは48ユーロ、平日12:30から15:00は36ユーロ、土日の一日プランは54ユーロです。夜だけプランもあり、こちらも平日と土日の17:30、19:00で異なる料金です。マッサージ、パック等のエステメニューは事前予約が必要です。他にはランチを別料金で追加することもできます。料金等の詳細は関連MEMOをご覧下さい。

QC Terme近隣のホテルに宿泊されている方は、ホテルフロントでQC Termeに行くことを伝えるとホテルによっては割引券を渡してくれるところもあります。念のため宿泊先ホテルのフロントで話されてみるといいでしょう。

30種を超える豊富すぎるメニュー!存分に味わい尽くす

30種を超える豊富すぎるメニュー!存分に味わい尽くす

提供元:QC Terme Milano

https://www.qcterme.com/it/milano/qc-termemilano地図を見る

受付で支払いを済ませたら、通路手前の左横でタオル、バスローブ、サンダルを受け取りましょう。その後は、男女別の更衣室で水着に着替えます。更衣室のロッカー内にはセーフティボックスがあります。ロッカーのカギは時計のように腕につけるタイプ。はずした時にどこかへ置き忘れないようにお気をつけて!

施設内は優しい香りに包まれ心地よさ満点。水着の上にバスローブを着て移動します。

QC Terme Milanoでは、生活の質を向上させたい方への健康体験、快適空間を提供しています。上記写真の部屋は、音がなくわずかな光だけの広い室内。ゆらゆらと揺れる光と、ピラミッドのような天蓋と丸いマットレスがプライベート感も相まって、ぐっすりと休むことができます。

部屋の奥には赤外線のベットが並んだエリアがあります。そこでは肌のトーンを整えてストレスを軽減しています。

30種を超える豊富すぎるメニュー!存分に味わい尽くす

提供元:QC Terme Milano

https://www.qcterme.com/it/milano/qc-termemilano地図を見る

シャワーは、シャワー、ミストシャワー、ストロングの3種類。サウナは、塩を全身に塗るソルトサウナ、ラベンダーの香りのミストサウナ、高音のフィンランドサウナ、ウォーターベッド等、施設内を散策すると異なる提供メニューに次々と出合えます。少なくとも3時間は時間をかけたいところです。

外は開放感あふれる癒しの楽園

外は開放感あふれる癒しの楽園

提供元:QC Terme Milano

https://www.qcterme.com/it/milano/qc-termemilano地図を見る

QC Termeの魅力はまだまだ続きます。城壁のような古い壁で囲まれたガーデンには、36度に保たれた温泉水が広がっています。ジェットバスエリアでは勢いのよい泡を、背中、腰、お腹周りにあてて体をほぐしましょう。

外は開放感あふれる癒しの楽園

提供元:QC Terme Milano

https://www.qcterme.com/it/milano/qc-termemilano地図を見る

ガーデンで一際目を惹くのが、オレンジ色のトラム。実はこのトラムは、世界初でQC Terme Milanoだけの唯一のトラムサウナなのです。

車内は床、壁、座席部分の全てが木で構成され、まるで山小屋にいるような気分になります。車内の壁には、QC Terme Milanoと同系列のトリノ、ローマ、ドロミテ等の施設写真が飾られています。高温のサウナで、体から汗が気持ち良いくらいに流れるので、トラム横の冷たい浴槽で時々クールダウンを!

一番のおすすめは「アぺリテルメ」時間!イタリアンビュッフェを堪能しよう

一番のおすすめは「アぺリテルメ」時間!イタリアンビュッフェを堪能しよう

提供元:QC Terme Milano

https://www.qcterme.com/it/milano/qc-termemilano地図を見る

朝から夜まで一日過ごす人もいるくらいの心地よさで、絶大な人気を誇るQC Terme Milanoですが、一日の中で最も人気が高いのがビュッフェタイム。この時間を希望されるなら、夕方17:30、もしくは19:30からの入場がベストです。

ビュッフェ付きの時間帯からの入場は、月曜日−木曜日、金−日、祝日で40ユーロから52ユーロと料金が異なります。関連MEMOからご確認下さい。

飲み物は、スプマンテ、赤、白ワイン、オレンジジュース等。食べ物は、パルミッジャーノレッジャーノチーズ、生ハム、サラミ、フォカッチャ、オリーブ、サラダ、フレッシュフルーツ等がテーブルに一堂に並びます。写真は手前のテーブルに食事が置かれていますが、実際は、奥の広い部屋で提供されています。

テルメやサウナ、エステメニューで癒された後の美味しいワインとイタリアンビュッフェで気分は最高!アペリタイム以外でも、リンゴとミネラルウォーターは随時提供されています。

クールダウンは、緑いっぱいのテラスでゆっくりと

クールダウンは、緑いっぱいのテラスでゆっくりと

写真:Etsuko Ciao

地図を見る

豊富なメニューを思う存分に堪能して、ココロもカラダも完全リラックス!帰り際には、入場時に借りたタオル類を返却。その際にミネラルウォーターを1本プレゼントしてくれます。水分補給の嬉しい気遣いですね。

クールダウンは、緑いっぱいのテラスでゆっくりと

写真:Etsuko Ciao

地図を見る

テルメ後のおしゃべりタイムにも役立つテラス席は、クールダウンにもぴったりです。夏のイタリアは20時過ぎても明るいので、バールで軽く一杯飲みにいくのもいいですね。朝から夜まで一日プラン、昼だけ、夜だけと、時間帯を変えることで、テルメの異なる楽しみ方があるのも魅力の一つ。

クールダウンは、緑いっぱいのテラスでゆっくりと

写真:Etsuko Ciao

地図を見る

ミラノ旅の最中に「少しゆっくりしたい」「のんびり過ごしたい」、そんな時にぜひお出掛けになって、イタリアンテルメを堪能してみてくださいね。豊富なメニューと、ラグジュアリー感たっぷりのQC Terme Milanoは、あなたを満足させてくれること請け合いです。

QC Terme Milanoの基本情報

住所:Piazzale Medaglie d’Oro, 2 angolo Via Filippetti 20135 Milano
電話:+39-0255-199367
営業時間:月〜金曜日9:30〜0:00、土日祝日8:30〜0:00
アクセス:最寄り駅 地下鉄M3線(黄色線)ポルタ・ロマーナ駅より徒歩2分

2018年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -