カプセルホテル「キャビンイン姫路駅前」姫路旅を安価に快適に

| 兵庫県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

カプセルホテル「キャビンイン姫路駅前」姫路旅を安価に快適に

カプセルホテル「キャビンイン姫路駅前」姫路旅を安価に快適に

更新日:2018/10/07 20:35

塚本 隆司のプロフィール写真 塚本 隆司 ぼっち旅ライター

兵庫県姫路市といえば、世界文化遺産・国宝姫路城。日帰りもいいけど、ゆっくり1泊過ごすという選択も。
「CABIN INN 姫路駅前」は、姫路初のキャビン型ホテル。リーズナブルで快適で、広いコワーキングスペースはビジネス利用にも最適。女性専用フロアやグループ利用できるドミトリールームもあり、女子旅や学生旅行にもOKだ。
2018年12月20日までは、1泊2,980円〜と安価に宿泊できる。

姫路駅前に待望のキャビン型ホテルが誕生、安くて近くて快適

姫路駅前に待望のキャビン型ホテルが誕生、安くて近くて快適

写真:塚本 隆司

姫路城観光はもちろん、旅の中継地やビジネス利用としてビジネスホテルの出店ラッシュが続く姫路駅前。2018年8月1日に新たに誕生したのが「CABIN INN(キャビンイン) 姫路駅前」だ。
しかも、姫路初のキャビン型ホテル。一人旅や旅費を抑えたい旅人にうれしいニュースになっている。

姫路駅前に待望のキャビン型ホテルが誕生、安くて近くて快適

写真:塚本 隆司

一番の特徴は、広いコワーキングスペースをもっていること。夜はラウンジとしても利用できる。
奥には会議室にもなる個室を完備。チェックインからチェックアウトまで自由に利用できる。6時〜21時まではコーヒー無料、17時〜18時には生ビールも飲み放題だ。
電子レンジやミニキッチン、自動販売機には軽食もあるので軽い食事を取ることもでき、ビジネス利用には申し分ない。旅行での利用もソファ席でゆっくりでき、広々とくつろげる。

「CABIN INN 姫路駅前」は商業ビルの6階から8階にあり、フロントは7階。コワーキングスペースは6階にある。同フロアに鳥料理のチェーン店があり、ホテル内で食事をする感覚での利用も可能だ。

姫路駅前に待望のキャビン型ホテルが誕生、安くて近くて快適

写真:塚本 隆司

シックで落ち着きある内装の男性専用フロア

8階は男性専用フロア。落ち着きあるシックな色合いで清潔感があって好印象だ。カプセル系のホテルは、泊まるまで心配な時があるが、ホッとする。

シックで落ち着きある内装の男性専用フロア

写真:塚本 隆司

部屋は、スタンダードタイプとワイドタイプがある。スタンダードタイプは幅1メートル、奥行き2メートル。ワイドタイプは幅1.4メートルと、かなりゆったりている。キャビン内の収納スペースは底が深く、少々大きな荷物でも大丈夫。キャリーバッグなどの大きな物は無理だが、フロア内にキャリースペースが設けられている。女性専用フロアでも同じ仕様だ。(写真は女性フロアのワイドタイプ)

シックで落ち着きある内装の男性専用フロア

写真:塚本 隆司

シックで落ち着きある内装の男性専用フロア

写真:塚本 隆司

フロア内に洗面、トイレ、シャワールームがある。洗面台にはシェイビングローションなどのアメニティーも置かれ、急な宿泊でも安心だ。

女性専用フロアには、女性ならではの配慮も

女性専用フロアには、女性ならではの配慮も

写真:塚本 隆司

女性専用フロアは、男性フロアに比べ明るく優しい色調に。設備にも女性専用ならではの細やかな配慮が見られる。

女性専用フロアには、女性ならではの配慮も

写真:塚本 隆司

洗面・シャワールームは明るく清潔感があり、化粧水や乳液などのアメニティーも完備。さらに、別ルームとしてパウダールームもあるので、ゆっくり利用できそうだ。

女性専用フロアには、女性ならではの配慮も

写真:塚本 隆司

フロア内に着替え室も用意されている。キャビン内では着替えにくいし、女性専用フロアとはいえ通路では着替えたくない。そんな悩みを解決してくれる。
姫路は、浴衣や着物でまち歩きを楽しむイベントがある街。これなら浴衣など和装への着替えも大丈夫だ。

景色を楽しめる個室やグループで泊まれるドミトリータイプも

キャビンタイプの部屋以外にも個室がある。駅方向に窓が開けたトレインビュールームや姫路城が眺められるキャッスルビュールームがある。

景色を楽しめる個室やグループで泊まれるドミトリータイプも

写真:塚本 隆司

写真はキャッスルビュールームから見える姫路城。白い姫路城は、時間によって見せる表情が変わる。夕暮れのほのかに赤く染まった姿や、ライトアップされた姿も独り占めだ。目覚めると眼前に朝日に輝く姫路城なんて、ちょっと贅沢すぎる。

ドミトリールームは、4人部屋が3部屋、6人部屋が1部屋あり、基本貸切での男女混合利用になる。旅費を抑えたいグループ旅行に最適だ。

景色を楽しめる個室やグループで泊まれるドミトリータイプも

写真:塚本 隆司

姫路は泊まるのがおもしろい

「CABIN INN 姫路駅前」があるのは、JR姫路駅のすぐ北側。お城がある方角だ。東口からなら徒歩1分。中央改札から姫路城口(北口)に出るルートでも徒歩1分ちょっとだ。雨の日で傘を差したくないなら、地下街(グランフェスタ)を通ればよい。

姫路は泊まるのがおもしろい

写真:塚本 隆司

写真は姫路城口(北口)からの風景。左奥に姫路城、右端のビルが「CABIN INN 姫路駅前」のある姫路駅前第一ビルだ。地下街への入口は写真の左手にある。

ホテル周辺は飲食店や居酒屋をはじめ、コンビニ・ドラッグストア・電気店と、必要なものは徒歩1分以内でほぼそろう好立地。何より姫路城まで徒歩15分だ。夜はもちろん、昼からでも一杯できる立ち飲み店が多く「飲み旅」「呑み鉄」だって楽しめる。

姫路は泊まるのがおもしろい

写真:塚本 隆司

朝食は「CABIN INN 姫路駅前」でも有料(280円)でパンのサービスがあるが、姫路名物のアーモンドトーストを求めて喫茶店のモーニングサービスに出掛けるのも良い。姫路らしい朝のひとときをどうぞ。

姫路は泊まるのがおもしろい

写真:塚本 隆司

安・近・快「CABIN INN 姫路駅前」で楽しい姫路観光を

姫路は鉄道のほか、関西国際空港や大阪空港へ直通の空港リムジンバス、東京や鳥取を結ぶ高速バスも利用でき、交通の便が良い。
「CABIN INN 姫路駅前」の基本料金は、スタンダードプランが1泊3,980円。安くて駅から近く快適、安・近・快のキャビンインは大注目だ。

2018年12月20日までオープン記念第2弾として2,980円〜と格安プランも。旅費を抑えて満喫したい旅人にとって、今が姫路旅行のチャンスなのだ。

2018年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/07/31 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -