シンガポールで買いたいオススメのグルメ土産

| シンガポール

| 旅の専門家がお届けする観光情報

シンガポールで買いたいオススメのグルメ土産

シンガポールで買いたいオススメのグルメ土産

更新日:2018/08/13 09:23

高野 祥のプロフィール写真 高野 祥 絶景フォトグラファー、オシャレスポット探訪家

海外旅行で人気のシンガポールは、いろんな国の文化が混ざり合ったグルメも楽しみのひとつ。レストランだけでなく、スーパーなどで販売されている商品もバリエーションが豊富!そんなシンガポールでお土産に買いたくなるグルメ系土産をいくつかご紹介いたします!チャンギ国際空港で手に入るものもあるので、買い忘れたものがあれば帰国直前に買っちゃいましょう!
海外航空券の最安値をチェック!

色んな文化が入り混ざったシンガポールグルメ

色んな文化が入り混ざったシンガポールグルメ

写真:高野 祥

地図を見る

シンガポールは、マレーシアや中国、台湾、タイ、ベトナム、イギリスなど様々な国の文化が入り混じっており、スーパーなどで売られている商品も多種多様。特にお菓子類は非常に種類が豊富で、日系メーカーのお馴染み商品や、アジア感満点のスナック、ドリアンなどの南国フルーツを使用した変わり種スイーツなど、パッケージを見ているだけでも楽しめます。

色んな文化が入り混ざったシンガポールグルメ

写真:高野 祥

地図を見る

ミニチュアサイズの春巻き風ルックスが可愛らしいこちらは、プラウンロール。エビのすり身が入ったスナック菓子。パリパリとした食感も相まって、ビールのおつまみに最適です。揚げ菓子なので重量も軽く、持ち帰りやすいですよ。

プラウンロールは、シンガポールではポピュラーなお菓子。ピリ辛味や、辛くないものなど、様々なメーカーから販売されています。空港やデパ地下などの店舗では試食できる場合があるので、味見して気に入ったものを買うのもアリです。

色んな文化が入り混ざったシンガポールグルメ

写真:高野 祥

地図を見る

日本では近年サードウェーブコーヒーが流行ってますが、シンガポールもコーヒーは人気。街なかにはオシャレなカフェが多数あり、スーパーでも様々なインスタントコーヒーなどが販売されています。

写真の品は、「テイスト・オブ・シンガポール(Taste of Singapore)」のフレーバーコーヒーとフレーバーティー。コーヒーは、マカダミアナッツとチョコレートミント味。フレーバーティーは緑茶がベースで、パイナップルやマンゴーフレーバーなどといった、変わり種もあるのでお見逃しなく!

ちなみにシンガポールでは、"ホワイトコーヒー"と呼ばれる商品をよく見かけますが、それはコーヒー豆の焙煎時にマーガリンや砂糖などを加え、まろやかに仕上げたものなのです。普通のブラックコーヒーも販売されていますので、よく見て購入して下さいね。

老舗「ブンガワン・ソロ」の無添加クッキー

老舗「ブンガワン・ソロ」の無添加クッキー

写真:高野 祥

地図を見る

「ブンガワン・ソロ (Bengawan Solo)」は、1979年創業の老舗菓子メーカー。看板商品クッキーはバリエーションが非常に豊富で、シンガポールの人気土産です。意外とお手頃価格なのと無添加というのがポイント高し!

写真の商品は"クランベリー・アーモンドクッキー"。サクサク生地に、細かく刻まれたセミドライのクランベリーとアーモンドが入っており、それぞれの食感がアクセント。どこか懐かしさを感じられる甘い香りが特徴です。

老舗「ブンガワン・ソロ」の無添加クッキー

写真:高野 祥

地図を見る

こちらはシンプルな"スージー・クッキー"。ホロホロとした口溶け食感がクセになります。何個でもパクパク食べられそうな程よい甘さですが、ギーと呼ばれる澄ましバターが使用されており、ひとつでも十分存在感のあるコクが特徴。

老舗「ブンガワン・ソロ」の無添加クッキー

写真:高野 祥

地図を見る

「ブンガワン・ソロ」はシンガポール国内に複数店舗展開されており、ショッピング街である"オーチャードロード"エリアやチャンギ国際空港など、至る所で購入出来ます。

生菓子なども販売されていますが、お土産には、やはりクッキーが最適。透明ケース版は沢山枚数が入っていてお得!デザインが可愛い八角形の缶は女性に人気です。帰りのフライト直前に空港で買うのもアリ!

カラフルな缶がオシャレ!「TWG」の紅茶

カラフルな缶がオシャレ!「TWG」の紅茶

写真:高野 祥

地図を見る

2008年に誕生した「TWG」は、今やシンガポールを代表する高級紅茶ブランド。コットン製ティーバッグ商品は、よくある紙タイプとは一線を画する高級感が魅力で、お土産で買う方が沢山いらっしゃいます。缶はインテリアとして利用したくなるような、スタイリッシュデザイン。フレーバーだけでなく、パッケージの種類も豊富なので、オシャレな方へのプレゼントにオススメ!

カラフルな缶がオシャレ!「TWG」の紅茶

写真:高野 祥

地図を見る

茶葉の量り売りもされています。少量づつ様々な種類を買いたい方や、ちょっとしたお土産として購入する場合に最適です。

カラフルな缶がオシャレ!「TWG」の紅茶

写真:高野 祥

地図を見る

マカロンやチョコといったスイーツも販売されているので、茶葉と一緒にプレゼントするのも良いかもしれませんよ。TWGの店舗は、オーチャードロードのデパ地下や、マリーナベイサンズに併設されているショッピングモール「ザ・ショップス アット マリーナベイ・サンズ」、チャンギ国際空港など主要スポットに点在しています。

"マーライオン"デザインのクッキー

"マーライオン"デザインのクッキー

写真:高野 祥

地図を見る

シンガポールのアイコン的な存在でもある"マーライオン"をモチーフにしたお土産も多数あります。キーホルダーやTシャツなどのカワイイグッズの他、チョコやクッキーなどのお菓子系土産も沢山!

写真の商品は、チャンギ国際空港でも購入できる、「テイスト・オブ・シンガポール(Taste of Singapore)」のバタースコッチクッキー。実際のクッキーデザインが見えるパッケージなので、いざ開封してみると、イメージしていた形と違う!といった事もありません(笑)このシリーズは箱のサイズが大き過ぎず、持ち帰りやすいのがGOOD。

"マーライオン"デザインのクッキー

写真:高野 祥

地図を見る

こちらは、東南アジア付近ではポピュラーな"パイナップルタルト"のマーライオン型。台湾土産としてお馴染みのパイナップルタルトですが、シンガポールのお土産品店やスーパーでも、様々なメーカーから販売されています。

本場の味が楽しめる合わせ調味料はいかが?

本場の味が楽しめる合わせ調味料はいかが?

写真:高野 祥

地図を見る

本格的な料理を自宅でも楽しみたい方は、レトルトの"合わせ調味料"はいかがでしょう?日本で販売されている"麻婆なすの素"などのように、主な具材は自分で用意しなければいけませんが、非常に簡単な工程で、現地の味を再現できますよ!

写真の品は、海南チキンライスの素。こちらのブランド「プリマ・テイスト(PRIMA TASTE)」はシンガポールのメーカーなので、お土産に最適。現地の方にも人気です。

鶏肉煮込み用とライス炊き込み用の調味液や、つけダレなどが同封されています。お米と鶏肉を用意し、お米は調味液と一緒に炊飯器で炊くだけ。鶏肉は煮込み用の液で煮込んだら本格的な海南ライスの出来上がり!

本場の味が楽しめる合わせ調味料はいかが?

写真:高野 祥

地図を見る

シンガポールの名物料理である、海南チキンライスやラクサなどの他、周辺諸国のグルメなど、バリエーションが豊富。エスニック料理が好きな方はスーパーで探してみてはいかがでしょうか?

空港で買うとお得な場合も!

シンガポールは買い物スポットが多数あるので、観光しながらショッピングするのも楽しいですが、空港だと免税価格で買えるので、少しお得に買える場合もあります。特にバラマキ土産用のアイテムは空港で買うと良いかもしれませんよ!

2018年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/01/10−2018/01/16 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -