日本一の超高層ビル!心も晴れ晴れ「あべのハルカス」展望台へGo!

| 大阪府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

日本一の超高層ビル!心も晴れ晴れ「あべのハルカス」展望台へGo!

日本一の超高層ビル!心も晴れ晴れ「あべのハルカス」展望台へGo!

更新日:2014/05/26 14:16

礼 不二子のプロフィール写真 礼 不二子 気まま旅ブロガー

大阪市阿倍野区に2014年3月7日に全面オープンした日本一の超高層ビル「あべのハルカス」。中には百貨店やホテル、レストランフロア、美術館、保育園、オフィスフロアなど多様な施設があります。展望台「ハルカス300」は、ビルの最上階60階と59階、58階にあり、それぞれのフロアごとの特徴を活かした三層構造。高さ300mの驚きと癒しの空間の中で素晴らしい景色を存分に楽しみましょう。

アクセスの便利さは文句なし!「天王寺・阿倍野界隈」

アクセスの便利さは文句なし!「天王寺・阿倍野界隈」

写真:礼 不二子

地図を見る

近鉄・JR・地下鉄・阪堺電鉄の4路線が乗り入れる「天王寺・阿倍野界隈」。「あべのハルカス」の最寄り駅は、近鉄なら「阿倍野橋」JR・地下鉄は「天王寺」阪堺電鉄は「天王寺駅前」となります。関西国際空港・伊丹空港からもリムジンバスが乗り入れ、アクセスは超便利です。
こちらは、あべの筋向い側のショッピングモール「あべのQ’s MALL」付近から撮影したもの。外観で既に圧倒されてしまいます。

展望台エレベーターで60階フロア「驚きの空間」へ

展望台エレベーターで60階フロア「驚きの空間」へ

写真:礼 不二子

地図を見る

2階からハルカスシャトル(エレベーター)に乗って展望台入口の16階へ。到着すると目を引くのが「空中庭園」。都会のオアシスのように気持ちが和みます。チケットのQRコードを入場ゲートへかざして、展望台エレベーターで最上階の60階フロアに到着。360度広がる大阪の景色!広大なスクリーンを見ているような感覚になります。通路も広く、60階は天井もありますが、圧迫感はありません。後ろを振り返ると反対側の景色も一望できてしまう、まさに驚きの空間です。

60階西側は、一部ガラスの床

60階西側は、一部ガラスの床

写真:礼 不二子

地図を見る

60階西側の一部は床がガラス張り。下を覗くと足が竦む方もいらっしゃるかもしれませんが、高さを体感できるエリアです。ここに立っていると、空中を散歩している気持ちになれます。ハルカス300のマスコット「あべのべあ」と記念撮影できる有料コーナーも西側にあります。

お帰りフロア 59階

お帰りフロア 59階

写真:礼 不二子

地図を見る

エスカレーターで60階から59階へ。帰りのエレベーターは59階から乗車になります。展望台3フロアーはエスカレーターで移動、車椅子用のエレベーター設置もあります。こちらのフロアは「ハルカス300グッズ」を販売しているショップがあり、マスコット「あべのべあ」が沢山出迎えてくれます。写真は59階から58階を撮影したものです。58階にあるカフェダイニングバー「SKY GARDEN300」の天空庭園の屋外席が見えますね。床がウッドデッキで植栽もあり落ち着いた感じです。

屋外広場「癒しの空間」の58階へ

屋外広場「癒しの空間」の58階へ

写真:礼 不二子

地図を見る

60階・59階は空調完備フロアでしたが、こちらは上空まで吹抜け構造で外気を体感できます!空に手が届きそうな気分になり、雲の演出についつい見とれてしまう癒しの空間です。58階にあるカフェダイニングバー「SKY GARDEN300」でお酒・お食事を楽しみながら、屋内席で景色を堪能するのもいいですし、屋外席(天空庭園)で雲の演出を楽しむのもいいかもしれません。

最後に

2014年3月中は前売り券のみの対応でしたが、4月から当日券も販売されています。
2階チケットカウンターと2階ハルカスシャトル(16階エレベーター)入口とは別になります、こちらも併せてご注意ください。3月7日にオープンしたばかりの「ハルカス300」。運用方法・営業時間等は随時変更になる可能性も高いです。ご利用の際は事前確認をお願いします。

「天王寺・阿倍野界隈」には「あべのQ’s MALL」、「ViaあべのWalk」、JR天王寺駅ビル「天王寺MiO」、ハルカス南側の「あべのHoop」とショッピング施設やレストランなどがたくさんあり、見所満載!「あべのハルカス」と併せてお楽しみください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/03/10 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ