「ルグラン軽井沢ホテル&リゾート」7万坪の森に佇む温泉付きリゾート誕生

| 長野県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

「ルグラン軽井沢ホテル&リゾート」7万坪の森に佇む温泉付きリゾート誕生

「ルグラン軽井沢ホテル&リゾート」7万坪の森に佇む温泉付きリゾート誕生

更新日:2018/09/14 05:43

安藤 美紀のプロフィール写真 安藤 美紀 癒しとハイコスパの宿探求家、おいしいもの探検家

まだ自然が多く残り、注目を集める南軽井沢エリアに、2018年7月、「ルグラン軽井沢ホテル&リゾート」がオープンしました。
7万坪の敷地内には、ホテル、教会、温泉、カフェなどが点在。都心から1時間という有り難いロケーションながら、自家源泉の名湯、おしゃれなプール、ミシュラン1つ星シェフが作る絶品フレンチを楽しむことができます。軽井沢の中でも知る人ぞ知る存在なので、狙い目です!

まるで中世の1つの街!?洗練された大人のリゾート

動画:安藤 美紀

地図を見る

「ルグラン軽井沢ホテル&リゾート」は、ホテル3棟、教会2棟、日帰り温泉、カフェなどからなる一大リゾート。敷地内には緑輝く樹木が立ち並び、川や湖も。森の中で耳をすませば、美しい鳥のさえずりも聞こえてきます。

まずは1分の紹介動画で、癒やしのショートトリップを体験してみてください。

まるで中世の1つの街!?洗練された大人のリゾート

写真:安藤 美紀

地図を見る

軽井沢駅から「ルグラン軽井沢ホテル&リゾート」までは、車で約15分。碓氷軽井沢ICからだと車で約15分です。ホテルは、本館・山の上スイート・ヴィラの3種類。軽井沢らしいクラシカルな洋風建築になっています。

まるで中世の1つの街!?洗練された大人のリゾート

写真:安藤 美紀

地図を見る

新築が綺麗なのは当たり前。でも、ここは使えば使うほど味が出るように、全て木造で設計。職人さんたちの手により、未来を見据えて1つ1つ丁寧に作られました。照明器具、ステンドグラス、ドア、家具、カーペットに至るまで、アンティークで統一。目を奪われるような一点物の調度品が館内を彩ります。

贅沢な自家源泉でリフレッシュ

贅沢な自家源泉でリフレッシュ

写真:安藤 美紀

地図を見る

ラグジュアリーな館内でのんびり寛いだら、次はお楽しみの温泉へ。「ルグラン軽井沢ホテル&リゾート」には、日帰り温泉「八風温泉」と宿泊者専用「KOMOREBI こもれび」の2つの温泉があり、宿泊者はどちらも利用が可能。せっかくなので、両方入って楽しみましょう。

お肌がつるつるになると評判の泉質は、ナトリウムを多く含んだ炭酸水素塩泉と塩化物泉。湯船に浸かっているときは老廃物を浮かすクレンジング効果があり、湯船から上がると塩のベールがお肌の水分を覆い、しっとりさせてくれます。

特に晴れた日の朝風呂は最高!青空が頭上いっぱいに広がり、贅沢な気分になります。朝6時〜入れますので、ぜひ立ち寄ってみてください。

贅沢な自家源泉でリフレッシュ

写真:安藤 美紀

地図を見る

日頃デスクワークが多くて、体がガチガチ…という方は、本館2Fのジムもオススメ。宿泊者は、朝7時〜夜9時まで無料で利用できます。自然光がたっぷり降り注ぐ明るい空間で体を動かせば、気分爽快!

贅沢な自家源泉でリフレッシュ

写真:安藤 美紀

地図を見る

大自然に恵まれた南軽井沢は、星空が綺麗に見えます。夜になったら、満点の星空を眺めて楽しめる本館2Fのプールへ立ち寄ってみましょう。「ルグラン軽井沢ホテル&リゾート」の宿泊者は水着のレンタル無料。プールにはサイドバーもあるので、お酒を飲みながら思いっきりリフレッシュできますよ。

オーソドックスなタイプ「本館」

オーソドックスなタイプ「本館」

写真:安藤 美紀

地図を見る

「ルグラン軽井沢ホテル&リゾート」には3タイプのホテルがあり、予算や好みに応じて選ぶことができます。3つの中で一番リーズナブルなのが、本館。

本館の客室数は全45部屋。お部屋はすべて48平米以上という贅沢な広さになっています。一番多いタイプのジュニアスイートは、ベッドもクイーンサイズ!せっかくなら大きいベッドで寝たい…という夢を叶えてくれますよ。

景観にこだわるなら、真正面にドン!と浅間山を眺められる「浅間ビューデラックスダブル」がおすすめです。

オーソドックスなタイプ「本館」

写真:安藤 美紀

地図を見る

さて、女子がホテルで気になるものといえば、アメニティ。「ルグラン軽井沢ホテル&リゾート」では、世界中の高級ホテルで使用されているイギリス発のブランド「GILCHRIST & SOAMES」を採用しています。髪やお肌に良い天然成分を使っており、使ってみると超しっとり。これぞ、リッチなアイテム!を実感していただけるはず。

特別な時間を過ごしたいなら「ヴィラスイート」「山の上スイート」へ

特別な時間を過ごしたいなら「ヴィラスイート」「山の上スイート」へ

写真:安藤 美紀

地図を見る

それぞれが離れのように独立した「ヴィラスイート」は、どの部屋からも広大な浅間山を望むことが出来ます。

軽井沢は、わりとどこからでも浅間山が見えそうですが、実は「ルグラン軽井沢ホテル&リゾート」がある南側の浅間山が一番大きくて美しい!何も邪魔されることなく、ちょうど真正面から、浅間山を眺めることができます。

特別な時間を過ごしたいなら「ヴィラスイート」「山の上スイート」へ

写真:安藤 美紀

地図を見る

広大なエリアは、開放感のあるカートで移動。単に移動手段として使うだけでなく、夕涼みのドライブにもぴったり!

特別な時間を過ごしたいなら「ヴィラスイート」「山の上スイート」へ

写真:安藤 美紀

地図を見る

標高1000mの場所には「「山の上スイート」が。最大のウリは、なんと言ってもロケーションです。テラス席に腰掛けて、そよ風に吹かれてぼーっと楽しむ…。自分だけの時間に身を委ね、贅沢なひとときを味わうことができます。

ミシュラン1つ星シェフが作る「軽井沢フレンチ」の朝食

ミシュラン1つ星シェフが作る「軽井沢フレンチ」の朝食

写真:安藤 美紀

地図を見る

グランシェフとして腕を振るうのは、櫻井修氏。櫻井シェフはフランスで経験を積み、帰国後にオーナーシェフとしてレストランを開業。そこで2年連続ミシュランの1つ星を獲得した実力派です。

スタッフの中心で作業の指揮をとる総料理長、というと厳しい人をイメージしますが、櫻井シェフは優しくて朗らか!そんなシェフの人柄を反映してか、櫻井シェフがいるレストランは初めてでもほっと寛げる雰囲気になっています。

ミシュラン1つ星シェフが作る「軽井沢フレンチ」の朝食

写真:安藤 美紀

地図を見る

本館1Fレストラン「ヴァース」では、櫻井シェフ監修の元、地元の食材を活かした「軽井沢フレンチ」をビュッフェスタイルで提供しています。

涼やかな風が吹き渡る浅間山麓では、昔から力強く濃厚な味の野菜が育まれてきました。朝食は、そんな軽井沢の大地を感じるような野菜がたっぷり使われています。あれこれ食べてみると、舌が震えるような美味しい野菜の数々。日頃の毒素がすっ…と流れていく気がします。

「ヴァース」に来たら、お庭と一体となったようなテラス席もオススメですよ!

ミシュラン1つ星シェフが作る「軽井沢フレンチ」の朝食

写真:安藤 美紀

地図を見る

幸せな朝食タイムを終えたら、本館の中庭も散策してみましょう。珍しい40年ものの大きなスカイペンシルに合わせて、お庭を設計。大小さまざまな佳木が120種類ほども植えられています。緑豊かなお庭で、フォトジェニックな写真を撮るのもステキ。

ずっと心に残る「ルグラン軽井沢ホテル&リゾート」へ

賑やかな旧軽井沢も良いけれど、南軽井沢は別荘地やゴルフ場が隣接している、まだまだ開発されていない自然豊かな地域。2018年4月には、軽井沢の美味しい農産物を集めた直売所「軽井沢発地市庭」も誕生し、注目を集めています。

「ルグラン軽井沢ホテル&リゾート」の周囲には、鹿やリス、ムササビもいて、朝は野鳥の声で目覚めるサプライズも!ストレスまみれの社会に疲れたら、このリゾートへ。癒されながら元気になれる不思議なパワーをきっともらえるはず。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -