レンタカーいらずの宿!宮古島「シギラベイサイドスイート アラマンダ」

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

レンタカーいらずの宿!宮古島「シギラベイサイドスイート アラマンダ」

レンタカーいらずの宿!宮古島「シギラベイサイドスイート アラマンダ」

更新日:2018/10/25 09:29

Meg Kameiのプロフィール写真 Meg Kamei 海リゾートマニア、女子一人旅好き

ビーチリゾートとして人気の沖縄離島。中でも宮古島は主要都市から直行便があるため人気を集めており、どんどんホテルが建設されています。宮古島には行ってみたいけど、レンタカーがないと色々楽しめないのでは?と思う方に今回は、巡回無料バスでウミガメのいるビーチでシュノーケルしたり、温泉やマリンアクティビティなどを楽しめたりするレンタカーいらずな「シギラベイサイドスイート アラマンダ」を紹介します。

レンタカー要らずでビーチもレストランも楽しめる

レンタカー要らずでビーチもレストランも楽しめる

写真:Meg Kamei

地図を見る

「シギラベイサイドスイート アラマンダ」は、長期滞在型やファミリー向け、バドラーがついている高級リゾートまで、旅の目的に合わせて6つのタイプのホテルを展開しているシギラリゾート中のひとつです。

宮古島空港の到着口を背に、右側にシギラリゾートの送迎カウンターがあります。宿泊予約時に送迎サービス(無料)の予約をしておくとスムーズに利用ができるので、事前に予約することをオススメします。

レンタカー要らずでビーチもレストランも楽しめる

写真:Meg Kamei

地図を見る

ホテルに到着したら、ウェルカムドリンクをいただきながらチェックインを済ませて部屋へ。羽田から直行便の利用の方をはじめ、便によってはチェックイン時間前に到着することも多いので、その場合は荷物を預けて無料の巡回シャトルバスを利用して、リゾート内のビーチやレストランをめぐると良いでしょう。

レンタカー要らずでビーチもレストランも楽しめる

写真:Meg Kamei

地図を見る

カフェ、バーも含む飲食施設は全23か所。ジャンルも和・洋・中・エスニックと幅広くあるので長期滞在しても飽きずに過ごせます。

デイベッドルームのお昼寝でリラックスタイムを

デイベッドルームのお昼寝でリラックスタイムを

写真:Meg Kamei

地図を見る

お部屋は全室スイートルームタイプで、ツインのベッドのほかにデイベッドがあるのが、他のホテルにはない特徴です。部屋に入るとベッドルーム、リビング、バスルーム、プライベートプール、テラス、デイベットと専有面積91平方mという広さ。

海からは少し遠いですが高台にあるため、部屋からは海を眺めることも!プライベートプールで泳いだ後、疲れたらデイベッドで海を見ながらお昼寝……という優雅な時間も過ごせます。

デイベッドルームのお昼寝でリラックスタイムを

写真:Meg Kamei

地図を見る

また、部屋のクローゼットの中には、プール・ビーチ用のビーチタオル、ビーチサンダル、ビーチパーカーなどが完備されているので、部屋で水着に着替えてそのまま外出が可能です。

また、リゾート内の施設であれば精算のお部屋付けもできるので、着替えや貴重品も心配をせずマリンアクティビティを過ごすことができます。

ウミガメのいるシギラビーチも巡回バスで楽々

ウミガメのいるシギラビーチも巡回バスで楽々

写真:Meg Kamei

地図を見る

シギラビーチは、宿泊客以外にも多くの人も泳ぐことができるウミガメに出会える確率が高い人気のビーチです。シギラビーチ センタービーチハウスでは、ぷかぷか浮かぶビーチフロートやシュノーケルセットなどをレンタルすることができるので、カラフルな魚やウミガメを見に行ってはいかがでしょうか?泳ぎが苦手な方には浮き輪と箱メガネもありますよ。

ウミガメのいるシギラビーチも巡回バスで楽々

写真:Meg Kamei

地図を見る

また、他のビーチは無人だったり無許可のレンタルショップが多い中、このシギラビーチはホテルが運営しておりビーチパラソルやカバナの貸し出しなどもあり、ドリンク・フードなども充実しているので安心です。

10時にウミガメのもぐもぐタイムが楽しめる

10時にウミガメのもぐもぐタイムが楽しめる

写真:Meg Kamei

地図を見る

シギラビーチでウミガメに会えなくても、実はホテル内のラグーンにウミガメがいます。一緒に泳ぐことはできないのですが、朝10時に小分けにしたエサを宿泊客に無料で配布しているので、エサをあげて近くでウミガメが朝ごはんをもぐもぐする愛らしい姿を見ることができます。

10時にウミガメのもぐもぐタイムが楽しめる

写真:Meg Kamei

地図を見る

ウミガメの朝ごはんだけでなく、私たち宿泊客の朝食もご紹介しましょう。朝食は、ルームサービスで食べるのも良いですが、マラルンガで和洋のブッフェで好きなものを食べたり、目の前でシェフがつくるふわふわのオムレツやパンケーキなどをオープンテラスで海を見ながら食べるのがオススメです。テラス席は人気なので、早めに行くと良いでしょう。

シギラベイサイドスイート アラマンダのまとめ

宮古島でリゾート気分を満喫するなら、「シギラベイサイドスイート アラマンダ」がオススメです。優雅にデイベッドで過ごすにも良いですし、巡回バスでスカイリフトや水着で楽しめる温浴施設「シギラ黄金温泉」などを楽しむのも良いでしょう。

また、23のレストランで島野菜や宮古牛を楽しんだりと、シギラリゾート内でグルメもアクティビティも楽しめますので、レンタカーがなくても十分楽しめますので、ぜひ宮古島に足を運んでみてはいかがでしょうか?

2018年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/04/08 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -