絶景眺めて用を足す。爽快感MAXの鹿児島「針尾空中展望トイレ」

| 鹿児島県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

絶景眺めて用を足す。爽快感MAXの鹿児島「針尾空中展望トイレ」

絶景眺めて用を足す。爽快感MAXの鹿児島「針尾空中展望トイレ」

更新日:2018/08/11 11:20

タケモト スグルのプロフィール写真 タケモト スグル 美術館バカ、感動写真家

嗜好、宗教、お金・・。様々な条件で旅先は変わりますが、人種や世代の枠さえ超えて人々が向かう施設があります。トイレです。選択の基準は主に“綺麗さ”で、特に観光地周辺のものを避けたい方も多いのではないでしょうか。ここでは、避けるどころか目的地にさえなる、鹿児島県長島の「針尾空中展望トイレ」をご紹介します。

喧騒を忘却する島

「針尾空中展望トイレ」のある「針尾公園(はりおこうえん)」は、鹿児島県の北西部の「長島」にあります。海峡「黒之瀬戸(くろのせと)」が隔てる島で、都市部からは遠く、緩やかな時の流れに癒される場所です。

そんな長島をご存知でしょうか? No? そうでしょう。長島自体の知名度に加え、周辺も有名な観光地が少ない場所です。例を挙げるならば、北向かいの天草(長崎県)と、車で約1時間の距離にある出水麓武家屋敷群(いずみふもと ぶけやしきぐん)、そしてツル渡来地(出水市ツル観察センター)といったところでしょうか。そのため多くの旅行プランでノーマークとなります。

しかしながら、そんな島だからこそ掘り出し物に出会えるのです。

喧騒を忘却する島

写真:タケモト スグル

地図を見る

自然素材のパブリックアート

その掘り出し物の1つがこちら。島に入ると、大きな動物たちが迎えてくれます。

自然素材のパブリックアート

写真:タケモト スグル

地図を見る

これは、杉やススキ、竹といった自然の素材を中心に作られた像です。看板には「豊年萬作(ほうねんまんさく)」とあり、道沿いに点在しています。

出来が良すぎることに加え、カワイイものからグロいものまで揃うのが面白いところです。

自然素材のパブリックアート

写真:タケモト スグル

地図を見る

ほかにも、すごぉく細長いイノシシや、自然に飲み込まれそうなトトロ、そんなにリアルに作らんでも・・という大きなクモなど、変わったものも出現します。作者の想いはさっぱり分かりませんが、そのカオス具合がなんとも言えません。

当地では2年に1度、「ながしま造形美術展」というアートイベントが開催されます。その際には、更に多種多様な造形を鑑賞可能です。

自然素材のパブリックアート

写真:タケモト スグル

地図を見る

爽快!絶景トイレ

島の玄関口「黒之瀬戸大橋」から車で約30分。島の北端近くに針尾公園はあります。古くは砦の築かれた場所で、見晴らしの良さが魅力です。

公園とはいうものの、広場を除けばトイレしかなく、他に目立つものはありません。それだけに期待の全てが眺望に集まります。

爽快!絶景トイレ

写真:タケモト スグル

地図を見る

トイレという割には立派な建屋に進み、そして“泉”の前に立ち用意をします。すると、広大な景色が広がっていました。その眺望がこちら。

爽快!絶景トイレ

写真:タケモト スグル

地図を見る

さすが“眺望日本一のトイレ”。開放感でいっぱいです。長島町が「眺望日本一を目指す」と宣言するだけのことはあります。

爽快感MAXのために、忘れず尿意を持参してください。

ちなみに、筆者の性別の都合上、オトコ目線の写真のみですが、眺望に男女は問いません。また、“噴水付きの泉”にも同様の眺望があり、あらゆる要望に応えてくれます。男・女・大・小、それぞれ爽快です。

御用の後は屋上へ向かいましょう。トイレ屋上展望台です。更に広がる眺望を楽しみ、開放感に浸ってください。

爽快!絶景トイレ

写真:タケモト スグル

地図を見る

針尾空中展望トイレ(針尾公園)の基本情報

所在地:鹿児島県出水郡長島町鷹巣3306
アクセス:
JR九州新幹線・肥薩おれんじ鉄道「出水駅(いずみえき)」より車で約1時間
JR「鹿児島中央駅」より車で約2時間
備考:
・海を隔てた島に位置するものの、通行無料の橋でつながっており、車で向かうことができます。
・車以外の交通手段は、気合の徒歩しかありません。
・公園に至るまで周囲に見えるは畑のみです。本当にこんなところにあるの?と心配になってきますが、地図・標識を信じて進んでください。

2018年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/04/23 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -