5日間でモロッコ4都市観光!おすすめの王道モデルコース

| モロッコ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

5日間でモロッコ4都市観光!おすすめの王道モデルコース

5日間でモロッコ4都市観光!おすすめの王道モデルコース

更新日:2018/08/08 14:54

藤井 麻未のプロフィール写真 藤井 麻未 元秘境系海外旅行添乗員、トラベルライター

異国情緒を感じたいなら迷わずモロッコに行くべきだ。迷路のような路地裏、喧騒のスーク(市場)、不思議の国に迷い込んだかのような神秘的な街、モロッカン雑貨やイスラム建築の美…モロッコの魅力は挙げれば尽きない。今回は、そんなモロッコをわずか5日間の旅程で味わってしまおうという王道かつ欲張りなモデルコースをご紹介しよう。

1日目:あふれる熱気と異国情緒!人気都市マラケシュへ

1日目:あふれる熱気と異国情緒!人気都市マラケシュへ

提供元:frickr.com

https://www.flickr.com/photos/mattkieffer/24551570…

日本から直行便は無いものの、マラケシュへはヨーロッパ内都市を乗り継いで同日中に入ることができる。まずは新市街にある美しい「マジョレル庭園」を訪れてみよう。ここはかのイヴ・サンローランが愛したという瀟洒な邸宅に広がる麗しい庭園だ。

南国情緒溢れる多様な植物たちが生い茂り、暑いマラケシュの街にまるでオアシスのような不思議な癒しの空間を作り出している。そこに見え隠れする目の覚めるような鮮やかなブルーの建物は、この庭園を造ったフランスの画家ジャック・マジョレルのアトリエだった。

園内にはサンローラン屈指の美術コレクションの他、ここならではのサンローランのコンセプトショップ、カフェなどもあり、どこを切り取ってもフォトジェニックだ。

1日目:あふれる熱気と異国情緒!人気都市マラケシュへ

提供元:Frickr.com

https://www.flickr.com/photos/9508280@N07/24115461…

さて、続いてメディナ(旧市街)へと向かおう。マラケシュへ来たならばスークの喧騒を体験してみないことには始まらない。メディナの中心であるジャマ・エル・フナ広場の北側には、世界最大規模とも称される複雑怪奇なスークが広がっている。

ありとあらゆる人とモノが行き交うスークの活気はまさにモロッコ旅の醍醐味だ。値札の無いスークでの買い物はイスラム流交渉術にチャレンジするチャンス。思い切って掘り出し物を安く手に入れてみれば、モロッコでの旅の思い出になるだろう。

1日目:あふれる熱気と異国情緒!人気都市マラケシュへ

提供元:Luc Viatour

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Maroc_Marr…

メディナのへそと言われるジャマ・エル・フナ広場。初日の夕食はぜひここで。マラケシュと言えばフナ広場。夕方にはあらゆる屋台が店を出し、そこら中から声がかかる。広場の喧騒はかつて交易の中継地点であった頃からきっと変わらない光景なのだろう。ここでは一通りモロッコ料理を味わうことができる。夕食には美味しそうなものを気の向くままに。

2日目:モロッコの神髄!1000年の歴史を誇る迷宮都市フェズへ

2日目:モロッコの神髄!1000年の歴史を誇る迷宮都市フェズへ

写真:藤井 麻未

地図を見る

マラケシュと並ぶモロッコの街といえば、モロッコ最古の都市として世界遺産に登録されるフェズのメディナ(旧市街)だ。マラケシュ、フェズ間は約1時間のフライトで飛ぶことができる。(ただし曜日によってはカサブランカ乗り継ぎとなるので要注意)

フェズの魅力といえば、世界最大の迷宮とも言われる複雑に入り組んだ路地だ。抜け道、裏道、秘密の通路のオンパレードで、少し歩けばもはや自分がどこにいるのか分からなくなってしまう。そんな迷路のような旧市街を彷徨い歩けば、いつしか日常のしがらみから解放され不思議の世界へと誘われていくような感覚に浸ることができる。これぞフェズでの醍醐味のひとつと言えるだろう。

2日目:モロッコの神髄!1000年の歴史を誇る迷宮都市フェズへ

写真:藤井 麻未

地図を見る

現役の大学としては世界最古とされるのがメディナにあるイスラム神学校「カラウィンモスク」。ムスリム以外入ることはできないが、アーチの外からそっと中を覗いてみよう。歴史もさることながらイスラム独特のアーチ、そしてゼリージュタイルの装飾が素晴らしい。

2日目:モロッコの神髄!1000年の歴史を誇る迷宮都市フェズへ

写真:藤井 麻未

地図を見る

モロッコに来たら通常のホテルに泊まるのではもったいない。モロッコには伝統的邸宅を改装したリヤドと呼ばれる宿が無数にある。特にフェズでは迷宮のような旧市街に隠れ家のようなリヤドが点在し、まるで地元民になったかのような気分を味わえる。外からは想像できないほど美しい内装、吹き抜けの中庭、モロッカンスタイルのインテイリアなどが旅気分を高めてくれる。

※写真はブージュルード門から徒歩10分程度の「Dar El Bali(ダル エル バリ )」

3日目:不思議の国へようこそ!青の街シャウエンへ

3日目:不思議の国へようこそ!青の街シャウエンへ

写真:藤井 麻未

地図を見る

フェズから長距離バスで片道約4時間。朝一で向かえばフェズからの日帰りも可能だ。起伏のある山間部をバスに揺られ、山肌に張り付く青いモザイクのような街がシャウエンである。

旧市街の門へ一歩足を踏み入れると、そこはもう別世界。青の塗装には一定の規則性があり、先が行き止まりになっている路地は地面も壁も真っ青に塗られている。したがってT字路や行き止まりの家の前などを歩けば、一面真っ青な不思議の世界に身を置くことができる。

3日目:不思議の国へようこそ!青の街シャウエンへ

写真:藤井 麻未

地図を見る

シャウエンで注目してみたいのが、窓枠や扉、門構えやランプなどのディテールだ。街をじっくり歩いて見ていると、これらのデザインが実に絶妙なことに気付く。何気ない民家の窓枠にはイスラミックなデザイン、青い壁にちらりと覗くパープルのカーテン、一面青の世界にひっそり吊る下がったミステリアスなランプ・・・そのどれもがこの街の青にマッチしていて思わず魅入ってしまう。素敵なデザインやインテリアを探して歩くのも、シャウエンでの楽しみの一つとなるだろう。

4日目&5日目:モロッコ最大の都市カサブランカ

4日目&5日目:モロッコ最大の都市カサブランカ

提供元:frickr.com

https://www.flickr.com/photos/143850343@N06/363254…

さて、フェズでの滞在を終えたらいよいよ帰国であるが、フェズからはカサブランカ経由でヨーロッパ内都市を乗り継ぐ。せっかくならばカサブランカで乗り継ぎ時間をあえて確保し、この時間を利用してカサブランカ市内へ出てみよう。

礼拝堂に2万5千人、敷地内にはなんと8万人も収容することができるモロッコ最大にして最も美しいモスク「ハッサン2世モスク」を訪れたい。モスクの建材は全てモロッコ産、驚くほど手の込んだ彫刻やモザイクは全て職人の手作業によるものだとか。イスラム建築の粋を集めた圧巻のモスクは、旅のフィナーレにピッタリなスポットだ。

プラス2泊3日出来るなら…アラビアンナイトの世界!サハラ砂漠を満喫

プラス2泊3日出来るなら…アラビアンナイトの世界!サハラ砂漠を満喫

写真:藤井 麻未

地図を見る

もしも日程が許すのでれば、世界最大の砂漠であるサハラ砂漠を満喫してみてほしい。マラケシュから往復またはフェズへ抜ける2泊3日のツアーがオススメだ。見渡す限り滑らかな砂丘が波打つ美しさには思わず息をのむ。

プラス2泊3日出来るなら…アラビアンナイトの世界!サハラ砂漠を満喫

写真:藤井 麻未

地図を見る

途中ラクダに乗り、かつて交易をするためこの地を歩いたキャラバン隊の気分に。夜は満点の星空の下、静寂に包まれたサハラ砂漠でテント泊もできる。まるでアラビアンナイトそのものの世界は忘れられない旅の思い出となるだろう。

モロッコの魅力を5日で満喫するモデルコース

さて、5日間で周る欲張りモロッコはいかがだっただろうか。短い日程ながら、うまく工夫して日程を組めば、モロッコのマラケシュとフェズという2大都市+近年人気の青の街シャウエンまで訪れることができる。乗り継ぎ時間を利用すればカサブランカのスポットもおさえられる。多彩な魅力を持つエキゾチックなモロッコへぜひ訪れてみてはいかがだろうか。

2018年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/03/27−2016/03/30 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -