可愛いだけじゃない!仏・サンテミリオン「プチトラン」で18世紀のカーブへ

可愛いだけじゃない!仏・サンテミリオン「プチトラン」で18世紀のカーブへ

更新日:2018/08/28 14:41

成瀬 康子のプロフィール写真 成瀬 康子 現代アートウォーカー
フランス南西部の街ボルドーから40km、人口2000人程のサンテミリオン。景色の美しさとワインの美味しさで知られる世界遺産の村です。

周囲に広がる美しいワイン畑を巡れる可愛い乗りもの「プチトラン」は、ここの土地やワイン農家の歴史までを知る事が出来る優れもの。更に18世紀の「カーブ(ワイン貯蔵庫)」訪問や試飲まで出来ちゃいます。7kmの行程で所要時間は80分。時間が無い人にもお薦めです!

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

世界遺産のワインの村・サンテミリオン

世界遺産のワインの村・サンテミリオン

写真:成瀬 康子

地図を見る

どこにカメラを向けても絵になる中世の面影を残すサンテミリオンには、貴重なキリスト教の遺産と、800年に渡るワイン生産の歴史が残されており、1999年に世界遺産に登録されました。

実はサンテミリオンという地名は、8世紀、数々の奇跡を起こした聖エミリオがここで隠遁生活をするようになった事に由来しています。多くの弟子に慕われた彼の名前はそのまま村の名前となりました。そして周囲に広がるブドウ畑は、実は聖エミリオに従った僧侶たちが開墾したものなのです。サンテミリオンとキリスト教、そしてワイン作りにはこうした関係があります。

世界遺産のワインの村・サンテミリオン

写真:成瀬 康子

地図を見る

プチトランの乗り場は、村の北側のバス駐車場。チケットはここで買えます。1時間に1本出ており、畑を一周するコースと、ワインを熟成・貯蔵する「カーブ」見学付きのコースがあります。畑を一周するだけでも楽しいですが、せっかくここまで来たのですから、試飲もできるカーブ訪問付きがお奨めです!

世界遺産のワインの村・サンテミリオン

写真:成瀬 康子

地図を見る

解説は、座席の前にセットされたイヤホンガイドで10か国語から選べます。日本語もありますよ!トランは屋根付き半窓なので、少々の雨や、逆に日射しが厳しい日でも楽々。さあ、出発です!

世界遺産のブドウ畑をトコトコ

世界遺産のブドウ畑をトコトコ

写真:成瀬 康子

地図を見る

トランは、村を出るとゆっくり畑の中を縫うように進んで行きます。目の前に広がるワイン畑はのどかで本当に美しい!実は、このワイン畑も世界遺産に登録されているんですよ。

解説は村の歴史に始まり、ワインの歴史まで。シャトーの前を通る時はそこの歴史や特徴をそれぞれ説明してくれます。その数は全部で、18か所!

世界遺産のブドウ畑をトコトコ

写真:成瀬 康子

地図を見る

出発した村はもう畑の遥か向こう。狭い道を作業中の農耕車と譲り合ったり、いつの間にか自分も畑で作業している気分です。

18世紀の洞窟カーブは必見!

18世紀の洞窟カーブは必見!

写真:成瀬 康子

地図を見る

15分ほど走ると、試飲ができる「シャトーロッシュベル」のカーブに着きます。

カーブでは、ワイン農家の方が温かく迎えてくれます。まずは畑で実際に土を触りながらワイン作りに大切な水はけの事、土の成分の事などの説明を聞きます。そしてその後、18世紀から使われている一枚岩から切り出したカーブへ。

18世紀の洞窟カーブは必見!

写真:成瀬 康子

地図を見る

ひんやりしたカーブでは、収穫したブドウがどのように発酵・熟成しワインになっていくのか、といった説明を聞きます。一枚岩の空間には独特の雰囲気があり、石の切り出しの跡が残る岩肌からは長い歴史を感じます。

18世紀の洞窟カーブは必見!

写真:成瀬 康子

地図を見る

見学の後は場所を移して、お待ちかねの試飲タイム!目の前に広がるワイン畑を眺めながら、この畑のブドウがこのワインになった、と先ほどの説明を思い出しながら味うワインの味は最高です!

気に入ったワインがあれば購入も出来ます。こうしてほろ酔い気分でお土産にもなる雑貨や本などを見ていると次のトランがやって来ます。

さあ、再びトランに乗って、シャトー巡りを続けましょう!

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

もっと知りたい人は観光案内所へ

もっと知りたい人は観光案内所へ

写真:成瀬 康子

地図を見る

いかがでしたか?もっと知りたい方は観光案内所へ行きましょう。

併設の「ワイン会館」は歴史だけでなく、ブドウ別に香りを確認出来る仕掛けなど、五感で感じられる構成になっています。しかも入場は無料。

様々なガイドツアーも開催されています。特に個人では訪問不可の、聖エミリオが隠遁生活を始めた場所、現在の「モノリス教会」のガイドツアーはお奨めです。圧巻のスケールで所要時間は45分、6.50ユーロ。プチトランと併せて利用すると更に充実した旅になるでしょう。

サンテミリオン・プチトランの基本情報

住所:1 Place du 11 Novembre 1918 33330 Saint-Emilion
電話番号:+335-5-751-3071
アクセス:サンテミリオン駅から徒歩20分
料金:10ユーロ(カーブ訪問無しは6.50ユーロ)
所要時間:80分(カーブ訪問無しは35分)

2018年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2018/05/05−2018/05/08 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -