華麗なる音羽御殿!鳩山家の歴史をたどって

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

華麗なる音羽御殿!鳩山家の歴史をたどって

華麗なる音羽御殿!鳩山家の歴史をたどって

更新日:2012/12/20 14:48

結月 ここあのプロフィール写真 結月 ここあ 旅行ブロガー

文京区音羽の丘に佇む、鳩山会館。
通称音羽御殿とも呼ばれています。
誰もが知る華麗なる一族、鳩山ファミリー。
総理大臣を務めた鳩山一郎氏の自邸です。
美しい洋館を見学してみましょう。

堂々たる玄関前

堂々たる玄関前

写真:結月 ここあ

地図を見る

音羽通りから鳩山会館の門をくぐると、静寂と緑。
都会の喧騒感は、まったくありません。
ゆったりと続く坂を上っていくと、玄関前の車寄せに着きます。
重厚感のある玄関。
鳩山家のシンボルでもある鳩も2階のバルコニーあたりに見えますね。

鳩山家の歴史を語る邸宅

鳩山家の歴史を語る邸宅

写真:結月 ここあ

地図を見る

入り口から赤絨毯の敷かれた階段を登って会館内に入ります。
第二応接室には、一郎氏の愛用の椅子もあります。
それ以外の椅子には、腰掛けることもできます。

鳩山家はご存知のとおり、衆議院議員の和夫氏、その息子で総理大臣となった一郎氏。
その息子で外務大臣をつとめた威一郎氏。
その息子の由紀夫氏は、民主党政権で総理大臣となり、弟の邦夫氏は衆議院議員と4代にわたり、指導的な政治家を生み出した華麗なる一族です。

そこかしこと鳩が飛ぶ

そこかしこと鳩が飛ぶ

写真:結月 ここあ

地図を見る

2階へ向かう階段の踊り場にある和風のステンドグラス。
五重塔に友愛平和のシンボルでもある鳩が飛んでいます。
ステンドグラスは、館内のあちこちにありますが、鳩をモチーフにしたものが多数あります。

照明もオシャレで、天井にシルエットが映り込むように計算されていました。
このようなところに感動しますね。

今はパーティルームとして…

今はパーティルームとして…

写真:結月 ここあ

地図を見る

2階には大広間を挟んで、一郎氏と威一郎氏の記念室もあります。
ここから庭園も一望できます。
セレブな雰囲気の大広間は、パーティルームとして、貸出もされているそうで、クラス会などの集まりにどうぞとのことでした。
庭園を眺めながら、ランチ会なんていうのもよいですね。

政治の舞台

政治の舞台

写真:結月 ここあ

地図を見る

この洋館は、一郎氏が大正13年に建てたもので、当時としては珍しい鉄筋コンクリートで造られています。
2階の屋根に、フクロウも発見!

ここを舞台に、自由党(現・自由民主党)の創設が計られ、首相として決断した日ソ国交回復の下準備も行なわれた、歴史のある洋館です。

春は桜とバラ、秋はバラが見事です。
見ごろは気候によって変化があるので、開花状況を確認されるとよいでしょう。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2009/03/18 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ