沖縄本島北部で珍しい動物たちと出会える厳選スポット

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

沖縄本島北部で珍しい動物たちと出会える厳選スポット

沖縄本島北部で珍しい動物たちと出会える厳選スポット

更新日:2018/08/15 10:01

宮腰 由希子のプロフィール写真 宮腰 由希子 国際関係スペシャリスト、ロシア語通訳翻訳

沖縄美ら海水族館があり、青い海と緑が豊かな沖縄本島北部。そこには、沖縄に来たからこそ出会える珍しい生き物がいっぱいだ。そんな動物たちに簡単に出会えるスポットをラインナップしてみよう。
家族で楽しめる旅行先はこちら

「ネオパークオキナワ」でゾウガメに乗って記念写真

「ネオパークオキナワ」でゾウガメに乗って記念写真

写真:宮腰 由希子

地図を見る

名護市にあるネオパークオキナワ(名護自然動植物公園)では、巨大なフライングケージで多数の鳥を放し飼いにしていて、自然に近い鳥たちの様子が見られる。

ふれあい広場ではゾウガメに乗ることができるので、子連れで訪れたなら、別料金ではあるが、入ってみる価値がある。ゾウガメは子どもを乗せて写真撮影に応じ、そのままノコノコと歩く。亀の甲羅に乗るなんて、沖縄に来なければできない体験だ。

「ネオパークオキナワ」でゾウガメに乗って記念写真

写真:宮腰 由希子

地図を見る

ふれあい広場には、他にも犬やウサギなどの動物がいる。動物を抱っこしたり、カピバラへの餌やり体験もある。また、ネオパークの園内には、触ることはできないが、ペッカリーというイノシシのような見た目の珍しい動物も人気があるので注目だ。

「ネオパークオキナワ」でゾウガメに乗って記念写真

写真:宮腰 由希子

地図を見る

園内は、機関車に乗りながら園内の動物を観察できる軽便鉄道が走っている。これは、大正時代に鉄道の敷設計画が頓挫した幻の鉄道だ。これも入園料とは別料金になるが、車掌さんによる動物たちについての丁寧な解説もあり、ネオパークの生き物たちのことがよくわかるので、ぜひ乗ってみよう。

<ネオパークオキナワの基本情報>
住所:沖縄県名護市字名護4607-41
電話番号:0980-52-6348
アクセス:許田ICより国道58号線を国頭村方面へ約20分

水牛車に乗って「備瀬のフクギ並木」を散策

水牛車に乗って「備瀬のフクギ並木」を散策

写真:宮腰 由希子

地図を見る

沖縄美ら海水族館のある海洋博記念公園の北側にある備瀬のフクギ並木は、SNS映えする美しい場所だ。並木道の中は涼しく、所々にあるカフェでもくつろげて、のんびり散歩できる。歩いていると蚊に刺されやすいので、虫よけ対策はしっかりしておこう。

水牛車に乗って「備瀬のフクギ並木」を散策

写真:宮腰 由希子

地図を見る

備瀬のフクギ並木道を歩いて散策するのもいいが、沖縄離島のように水牛車に乗って、のんびり散策するのも楽しい。乗車したそれぞれ4人までの1グループあたり2000円で追加1名ごとに500円増しになるが、水牛車は相乗りなので他のお客さん達と一緒に出発だ。沖縄の唄を聴きながら、ゆっくりと並木道に入っていく。水牛が狭い並木道の曲がり角を見事に曲がって歩く様子はお見事だ。

水牛車に乗って「備瀬のフクギ並木」を散策

写真:宮腰 由希子

地図を見る

水牛車は20分〜25分ほどの乗車時間で、並木道の奥までは行かない。水牛車を降りたら今度は徒歩か自転車で並木道の奥も探検してみよう。まっすぐ進むと備瀬埼に出る。

<備瀬のフクギ並木道の基本情報>
住所: 沖縄県国頭郡本部町備瀬
電話番号:090-1941-9291(水牛車の予約)
アクセス:沖縄美ら海水族館から車で5分

「もとぶ元気村」でイルカやカメとのふれあいプログラム

「もとぶ元気村」でイルカやカメとのふれあいプログラム

写真:宮腰 由希子

地図を見る

沖縄美ら海水族館から近い「もとぶ元気村」では、イルカに触ったり、一緒に泳いだりできる様々なドルフィンプログラムや与那国馬などの沖縄ならではの動物とのふれあい体験を行っている。

また、4歳からは保護者の同伴なしで参加できる元気Kid’sプログラムがあり、ウミガメの飼育員やイルカのトレーナーのお仕事体験をすることができる。ウミガメの甲羅を洗ってあげたり、イルカにサインを送って指示を出したり、子どもにとって、貴重な体験になるはずだ。

「もとぶ元気村」でイルカやカメとのふれあいプログラム

写真:宮腰 由希子

地図を見る

もとぶ元気村には他にもマリンスポーツや沖縄の伝統文化を体験できるプログラムが多数あり、小さな子どもでも参加できるアクティビティも多いのでHPなどでプログラムをチェックしてみよう。

<もとぶ元気村の基本情報>
住所:沖縄県国頭郡本部町浜元410
電話番号:0980-51-7878
アクセス:沖縄美ら海水族館から車で5分

マンタやジンベエザメがいる「沖縄美ら海水族館」

マンタやジンベエザメがいる「沖縄美ら海水族館」

写真:宮腰 由希子

地図を見る

沖縄北部に来たら、やっぱり沖縄美ら海水族館は外せない。沖縄で人気のマンタ・シュノーケリングやジンベイザメ・ダイビングなどのツアーに参加して必ず会えるわけではないマンタやジンベイザメに、ここならいつだって確実に会える!

マンタやジンベエザメがいる「沖縄美ら海水族館」

写真:宮腰 由希子

地図を見る

屋外にあるイルカラグーンではイルカショーが行われるだけでなく、イルカへの餌やりやイルカとのふれあい体験、そしてイルカの形態や体のしくみを間近で観察したり健康管理法についての説明が聞けるイルカ観察会も行われている。

<沖縄美ら海水族館の基本情報>
住所:沖縄県国頭郡本部町石川424
電話番号:0980-48-3748
アクセス:那覇空港から車で2時間

沖縄本島北部で珍しい動物たちと感動のひと時を

沖縄本島北部には、わざわざ離島に足を伸ばさなくても楽しい動物とのふれあい体験ができるスポットがいっぱいだ。沖縄でなければ出会えない珍しい動物たちとの出会いや貴重なふれあい体験をしてみよう。

2018年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -