倉敷児島「風の道」は瀬戸内海まで楽しめる花の道

| 岡山県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

倉敷児島「風の道」は瀬戸内海まで楽しめる花の道

倉敷児島「風の道」は瀬戸内海まで楽しめる花の道

更新日:2018/09/05 09:18

大里 康正のプロフィール写真 大里 康正 旅する写真家、タイと台湾に詳しい旅作家

岡山県倉敷は美観地区で有名ですが、観光場所はそれだけではありません。倉敷児島地区にはとても素敵な遊歩道、サイクリングコースが整備されており、そこが地元民が楽しむ「風の道」なのです。

風の道とは廃線となった下津井電鉄の線路跡。そこに約6.3kmの歩行者・自転車専用道路があり、瀬戸大橋が一望できる鷲羽山を通って下津井まで続く道。

散策やレンタサイクルが楽しい風の道に、観光に来てみませんか?

国産ジーンズ発祥の地・倉敷児島から始まる「風の道」

国産ジーンズ発祥の地・倉敷児島から始まる「風の道」

写真:大里 康正

地図を見る

JR児島駅を降りるとそこにぶら下がっているジーンズ。駅としてはとても珍しい光景です。児島は国産ジーンズ発祥の地であり、近くにはジーンズストリートまであるのです。その品質はとても素晴らしく、著名人がお忍びで購入に来るほど。

また、繊維の町とも言われる児島ですので。興味のある方は駅から旧野ア家住宅方向に進んで下さい。「風の道」はほぼ同じ方角で、どちらも徒歩圏内の近い場所となります。

国産ジーンズ発祥の地・倉敷児島から始まる「風の道」

写真:大里 康正

地図を見る

JR児島駅から中心地方向に約500mで、下津井電鉄の「風の道」旧児島駅舎に到着。当時の面影を残し、ノスタルジックな雰囲気を感じることが出来るでしょう。

風の道の元であった下津井電鉄が廃線となったのは平成3年(1991年)のこと。操業開始は大正3年(1914年)の3月15日でした。77年もの間、地元の足として活躍したのです。

国産ジーンズ発祥の地・倉敷児島から始まる「風の道」

写真:大里 康正

地図を見る

廃線の翌年に倉敷市に払い下げられ、児島から下津井までの跡地が遊歩道、自転車専用道路として「風の道」の整備が開始されたのです。

風の道の両側を彩る草花と生き物たち

風の道の両側を彩る草花と生き物たち

写真:大里 康正

地図を見る

線路は撤去されており、歩いても自転車でも快適に通れる風の道。終着の旧下津井駅を目指してみましょう。なお、レンタサイクルはJR児島駅で借りることが出来ます。

風の道の両側を彩る草花と生き物たち

写真:大里 康正

地図を見る

道の両側には様々な種類の花があり、蜜を求めて蝶が多く飛んできます。美しい一枚に挑戦してみましょう。

風の道の両側を彩る草花と生き物たち

写真:大里 康正

地図を見る

ところで様々な花は、両隣の民家の人たちが植えているもの。その美しさには、地元の人の思いが込められているのです。あくまでも観光用、撮影用として、採取することのないようにして下さい。

緩やかな斜面を上がりながら鷲羽山方向へ

緩やかな斜面を上がりながら鷲羽山方向へ

写真:大里 康正

地図を見る

風の道は舗装されている部分や民家の間を通る個所もあり、変化に富んでいると言えます。

緩やかな斜面を上がりながら鷲羽山方向へ

写真:大里 康正

地図を見る

中には木立の中を抜ける道もあり、まるで映画かドラマの一場面を思わせる美しさ。光の方向へ進みましょう。

緩やかな斜面を上がりながら鷲羽山方向へ

写真:大里 康正

地図を見る

展望が開けると、左側に見える児島市街地と瀬戸内の海。休憩を兼ねて眺めてみてはいかがでしょうか。

鷲羽山駅からの眺め

鷲羽山駅からの眺め

写真:大里 康正

地図を見る

更に緩やかな斜面が続きますが、草花の美しさも続きます。

鷲羽山駅からの眺め

写真:大里 康正

地図を見る

そして到着する鷲羽山駅。ちなみに児島駅を出発し、備前赤崎駅、阿津駅、琴海駅、その次が鷲羽山駅となり、この後は東下津井駅、そして終点の下津井駅となるのです。全長は約6.3kmと短い路線ですが、美しい景観が多く、観光の楽しさが凝縮されていると言えるのです。

鷲羽山駅からの眺め

写真:大里 康正

地図を見る

鷲羽山駅付近からは雄大な瀬戸内海と瀬戸大橋が。一息ついて景色を楽しみましょう。

終点の下津井駅に残るレトロな電車

終点の下津井駅に残るレトロな電車

写真:大里 康正

地図を見る

鷲羽山駅を過ぎると下りが続きます。一部では狭い道も出てきますので、特にレンタサイクルを使っている場合は走行に注意をして下さい。

終点の下津井駅に残るレトロな電車

写真:大里 康正

地図を見る

そして到着する下津井駅の跡地。

終点の下津井駅に残るレトロな電車

写真:大里 康正

地図を見る

当時使われていた電車が今も残されており、現代からみればとてもかわいらしい姿と言えるのではないでしょうか。

岡山県倉敷市の楽しみ方は美観地区だけではありません。児島地区には鷲羽山があり、瀬戸大橋があり、そして風の道が通るとてもユニークな観光地と言えるのです。

倉敷・風の道の基本情報

住所:倉敷市児島味野−下津井
電話:086-473-1111(倉敷市児島支所)
アクセス:JR児島駅から旧児島駅まで徒歩約7分

2018年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/09/16 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -