混雑時必見!知って得するグランフロント大阪の空いている穴場スポット!

| 大阪府

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

混雑時必見!知って得するグランフロント大阪の空いている穴場スポット!

混雑時必見!知って得するグランフロント大阪の空いている穴場スポット!

更新日:2014/03/17 14:20

カカミ ユカのプロフィール写真 カカミ ユカ フリーライター

2013年4月開業以来、大人気で混雑が続いている「グランフロント大阪」。食事を食べたいと思っても1時間待ちの看板が立っていたり、お茶をしようにも大行列で並んでいてさらに疲れてしまう…ということもしばしば。
今回の記事では、賑わうグランフロントの中で、その喧騒を離れて静かに過ごせるとっておきの場所と方法をお伝えしようと思います!この場所を抑えておけばもう人ごみも怖くありません!!

【穴場カフェ】オフィスエリア目の前にあるから知らない人も多数、北館9階『タリーズコーヒー』

【穴場カフェ】オフィスエリア目の前にあるから知らない人も多数、北館9階『タリーズコーヒー』

写真:カカミ ユカ

地図を見る

グランフロントで「ちょっとお茶しようかな。」と思っても、どのお店も大行列で30分待ちはざら・・・。
グランフロントにしかないカフェなどもあるので、そのお店を目指して行かれる場合は別ですが、ただ歩きつかれてちょっと休みたいな・・・というときに行列待ちはしんどいですよね。

そんなときにオススメなのが、北館9階にある『タリーズコーヒー』!北館9階には、『タリーズコーヒー』のほか、オフィス棟に通じるロビーとクリニックがあるのみのため、まさかここにカフェがあるとは思っていない人が多く、人波がここまではきません。他の店舗が行列を作っていて、どこに行こうか困ってしまったとき、ここに来ると案外すっと店に入ることができます。写真は土曜日の午後7時くらいで、とても混み合っている時間帯のハズですがこんな感じで比較的空いていました。

ただ、こちらの店、行き方がちょっと難しいかもしれません。その理由は、館内に「北館9階に『タリーズコーヒー』があります」と示す看板表示があまりないことと、北館9階まで延びるエレベーターは広い館内でたった2機しかないためです。
一番便利な行き方は「北4」というエレベーターを見つけて乗ること。9階までつながっているエレベーターで降りると目の前に小さな看板があるので、そのまま進むと『タリーズコーヒー』が見えてきます。

または、北館6階まではエスカレーターで簡単に行くことができるので、そこから北館9階に続くテラスガーデンまで登り、テラスガーデンを横切って、タワーBオフィスの入り口を見つけると、『タリーズコーヒー』の小さな看板があります。

店内には、コーナーにしつらえたソファーや、奥には外を見渡すことができる席などもあり、居心地のよさは抜群です。また、店内随所に電源があるので、スマホの充電がきれたときにもってこいです。

■『タリーズコーヒー グランフロント大阪9階店』
大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪北館 9F
9:00〜20:00

【意外な穴場店】グランフロントの北館2階奥の方にある『サブウェイ 野菜ラボ』

【意外な穴場店】グランフロントの北館2階奥の方にある『サブウェイ 野菜ラボ』

写真:カカミ ユカ

地図を見る

こちらの店は、グランフロントのJR大阪駅に面した入り口から一番遠い場所にあるナレッジキャピタル内にある店のため、ずいぶん人の流れが緩く、お店も比較的空いています。

『サブウェイ 野菜ラボ』とは、サンドウィッチのサブウェイの店舗内に植物工場を併設した店舗で、『店産店消』をコンセプトに作られた店です。完全無農薬でレタス等を栽培、育つ野菜を見ながら食事を楽しむことができます。

オススメニューは、グランフロント店限定サンドの、「わさび菜+ローストビーフ」もしくは、「ミニセロリ+ローストビーフ」。わさび菜などは、辛いのかな?と思いきや、意外にまろやかな味わいで、ローストビーフの味をよりあっさりと食べやすいものにしてくれます。

また、植物工場で取れた野菜を使ったサラダ「グリーンサラダ」も、グランフロント大阪店のみでの限定販売なのでぜひお試しあれ。
“野菜にこだわった”というだけあり、こちらのお店のメニューは野菜が主役になるほどインパクトがあるものが多いです。

次の章でもお伝えしますが、私のオススメは、サンドウィッチやサラダをテイクアウトすることです。店内で食べるものももちろんいいですが、おいしいサンドウィッチを見晴らしのいい場所で食べる!というのも喧騒を逃れられるためオススメです。

場所は、北館ナレッジキャピタル内の「フューチャーライフショールーム」の中!
こちらの場所も行くのに少々迷う場合があるので、ご紹介します。グランフロントの北館低層階には国内外の大学や企業がコラボレーションしたスペースの「ナレッジキャピタル」というエリアがあります。さらにその中に、企業のショールームなどが多数出店する「フューチャーライフショールーム」というエリアがあり、その2階に『サブウェイ野菜ラボ』は位置します。建物の一番北側に位置しているので、JR大阪駅の南側からグランフロントに入ると南館を越えて北館に進み、さらに一番北まで進むとようやくある・・・というイメージです。

テイクアウトで買ったら、食べる場所を探しに向かいましょう!

■『サブウェイ 野菜ラボ ラボグランフロント大阪店』
大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪ナレッジキャピタル 2F
8:00〜21:00

【裏ワザ】テイクアウトしたサブウェイを持って北館9F屋上の庭園へ

【裏ワザ】テイクアウトしたサブウェイを持って北館9F屋上の庭園へ

写真:カカミ ユカ

地図を見る

グランフロントの南館と北館9階の屋上には、計10,000平方メートルを超える屋上庭園「テラスガーデン」があります。筆者は、広くて眺めのいい北館9階がよりオススメです。なかなか屋上まで上がっていく人は少ないため、眺望のいいテラスガーデンを独り占めできることもまれにあります!

テラスガーデンの西側には、目の前に大阪の観光名所の「空中庭園」が見渡せるベンチが設置されています。こちらでさきほど購入したテイクアウトサンドウィッチなどを広げてみるのはいかがでしょう?
屋上のテラスガーデンは緑が充実していて大阪のビル群のど真ん中であるのに、どこか郊外に来たかのようなゆったりした時が流れています。
また、ベンチの感覚もゆったりしており、隣の人を気にせず食べることができます。

混雑時にもこちらの利用はオススメですが、1人でふらっと訪れ、レストランに入るまでもないな…というときの休憩場所としても使い勝手抜群です。

【番外編】トイレ休憩するなら、ソファー&自動販売機完備の南館3Fレディースルームへ!

【番外編】トイレ休憩するなら、ソファー&自動販売機完備の南館3Fレディースルームへ!

写真:カカミ ユカ

地図を見る

グランフロントには女性向けにちょっとした休憩スペースを併設したトイレがあるのをご存知でしょうか!?

南館の奥まったところにあるレディースルームは、入り口に、「Welcome to secret oasis(オアシスへようこそ)」と書かれた看板があります。まさに女性のための隠れリラックススポットとなっているのです!

まずそこに入ると、ソファーや本棚が設置され、目の前がガラス張りになった休憩ルームが用意されています。カウチの奥には一人掛けソファが4セットあり、そこには、女友達同士でおしゃべりして長居をされている姿などがちらほら見られます。ソファーに座ると目の前にはうめ北広場を見下ろすことができ、行きかう人を眺めながらちょっと優越感に浸ることができるくらいのゴージャス空間です。

そして、なんとこの休憩室を奥に進むとこれまた美しいパウダールームとトイレがあります。ソファールームからトイレに続くあたりには自動販売機も設置されているため、「ちょっとのどが渇いたな、でもカフェに行くほどではない・・・」というときの利用にぴったりです。

女性限定の休憩スペースであり、まさここにこんな豪華な部屋があるとは思わない方も多いので、空いていることも多く、隠れスポットとしてオススメしたい場所です!

混雑を上手に避ける方法を知れば、訪れるのがより楽しみに!

友達と大阪駅に遊びに行った際、「グランフロントに行ってみようか」という話にはなるのですが、その次に出てくるのは、「でもあそこ混んでて、なかなか店に入れないからなぁ」という言葉。混んでいるところに行くのは嫌だから…という理由で本当は行きたいのに止めてしまうということも多いのではないでしょうか。
そんなときに、少しでも混雑を避けるコツを知っておくと少し心が軽くなり、行くのを諦めないで済むのではないでしょうか。また、多くの人は知らない混雑回避スポットを知っているとちょっと優越感を持つこともできますよね(笑)

混雑に恐怖感を覚えず、今回オススメしたスポットで休憩しつつ、グランフロント大阪を存分に楽しんでくださいね!

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/03/08−2014/03/09 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ