ソウルの注目タウン「益善洞韓屋村」でレトロモダンを楽しむ!

| 韓国

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ソウルの注目タウン「益善洞韓屋村」でレトロモダンを楽しむ!

ソウルの注目タウン「益善洞韓屋村」でレトロモダンを楽しむ!

更新日:2019/05/04 10:12

amica maicaのプロフィール写真 amica maica 旅番組聖地巡礼派、オバちゃんインスタグラマー
ソウル・鍾路3街駅近くにある「益善洞韓屋村」は、昔ながらの韓屋をそのまま活かしたカフェなどがあります。レトロとモダンの両方を体験できる街として地元の若者たちから人気に火がつき、今や観光客にも注目スポットになっています。その魅力について、たっぷりとご紹介します!
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

ソウルで話題のスポット・益善洞韓屋村

ソウルで話題のスポット・益善洞韓屋村

写真:amica maica

地図を見る

ソウルの中でも「鍾路3街駅」周辺は、従来は「ハラボジ(おじいさん)・アジョシ(おじさん)の街」という印象が強いエリアでした。

しかし近年、その一角にあり、1920-30年代に建設された100棟を超える改良型韓屋が集まる益善洞韓屋村では、この古い韓屋をリノベーションした個性派のショップやカフェが登場し、観光客だけではなく、地元の若者たちからも人気を集めています。

それではさっそく、話題のお店をいくつかご紹介していきましょう。

<益善洞韓屋村の基本情報>
アクセス:地下鉄1・3・5号線チョンノサンガ駅(鍾路3街駅)4番出口を出て横断歩道を渡ったら右へ約20m進み、左手の路地に入る。徒歩約2分

インスタ映えを狙うならココに決まり!「マダンフラワーカフェ」

インスタ映えを狙うならココに決まり!「マダンフラワーカフェ」

写真:amica maica

地図を見る

街全体が“インスタ映え”することも益善洞韓屋村の人気の秘密ですが、その中でもイチオシのお店が「マダンフラワーカフェ」です。

このお店は韓屋をリノベーションし、フラワーショップの一部にカフェスペースが設けられています。そのビジュアルの素晴らしさから、日本でも地上波放送されて人気の「トッケピ」のほか、「運命ロマンス」「黒騎士」といったドラマのロケ地になっており、さらにはCMのロケ地としても登場しています。

インスタ映えを狙うならココに決まり!「マダンフラワーカフェ」

写真:amica maica

地図を見る

このお店は、ランチタイムから営業開始の店が多いこのエリアには珍しく、朝早くから営業しています。こちらでブランチを楽しむついでに、まだ人通りの少ない街の様子をカメラに収めてから他の観光地に足を延ばせば、まさに1日を有効に使うことができます。

インスタ映えを狙うならココに決まり!「マダンフラワーカフェ」

写真:amica maica

地図を見る

<マダンフラワーカフェの基本情報>
住所:ソウル特別市鍾路区益善洞166-23
営業時間:7:30〜24:00
定休日:旧正月(1月下旬〜2月初旬の間で毎年変動)・秋夕(チュソク・旧暦8月15日に当たる日で例年9月中旬〜下旬で毎年変動)の当日
日本語不可

初めての「シュポ飲み」ならこちら!「コブキスーパー」

初めての「シュポ飲み」ならこちら!「コブキスーパー」

写真:amica maica

地図を見る

実は韓国には「シュポ飲み」という文化があります。昭和の時代、東京の下町などでは駄菓子屋さんが子どもたちにもんじゃ焼きなどを提供するスタイルの店がありましたが、その”大人版”とも言えるのがシュポ飲みです。食料雑貨店(シュポ)の中で、そこで販売されているお酒やお菓子、時には簡単な料理を女将さんに出してもらいながら、店の中で一杯楽しむというのがそのスタイルです。

初めての「シュポ飲み」ならこちら!「コブキスーパー」

写真:amica maica

地図を見る

益善洞韓屋村でこのシュポ飲みスタイルを提供しているのが「コブキスーパー」です。ビールはセルフで店内の冷蔵庫から取り出すスタイルで、おつまみも店内で販売されているお菓子類のほか、モクテ(スケトウダラの干物)、イカ、チポ(調味カワハギ)といった乾き物を頼めば、社長さんが炭火でじっくりと焼き上げてくれます。

「マダンフラワーカフェ」が初めてのソウルの人に向いている店だとすると、こちらは2度目以降のソウル旅の人にオススメです。

初めての「シュポ飲み」ならこちら!「コブキスーパー」

写真:amica maica

地図を見る

<コブキスーパーの基本情報>
住所:ソウル特別市鍾路区益善洞166-79
営業時間:月〜木曜16:00〜24:00、金〜土曜14:00〜24:00、日曜14:00〜23:00
定休日:旧正月(1月下旬〜2月初旬の間で毎年変動)・秋夕(チュソク・旧暦8月15日に当たる日で例年9月中旬〜下旬で毎年変動)の連休
日本語不可・英語は多少通じる

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

人気店も続々進出中で目が離せない!

人気店も続々進出中で目が離せない!

写真:amica maica

地図を見る

ここだけのオンリーショップが多かったこのエリアですが、最近ではその人気ぶりから他地域の人気店の出店も目立ちます。その代表格とも言えるのが望遠洞の店から人気に火がついた「望遠洞ティラミス」で、紙コップに入った強烈なビジュアルが人気のティラミス専門店です。明洞や東大門ベースで観光を楽しむなら、本店よりも益善洞店の利用が断然便利です。

<望遠洞ティラミス 益善洞店の基本情報>
住所:ソウル特別市鍾路区楽園洞120-2
営業時間:11:00〜23:00
定休日:旧正月(1月下旬〜2月初旬の間で毎年変動)・秋夕(チュソク・旧暦8月15日に当たる日で例年9月中旬〜下旬で毎年変動)の当日
電話番号:+82-2745-9446
日本語不可

人気店も続々進出中で目が離せない!

写真:amica maica

地図を見る

そして、界隈きっての行列店となっているのが「昌華堂(チャンファダン)益善洞店」。こちらのお店はマンドゥ(餃子)のお店なのですが、オープンすぐから行列ができる人気店です。

裏技としては、テイクアウトができ、こちらだと待ち時間はほとんどありません。時間がない時にはテイクアウトにして、ホテルでゆっくりと味わうのがオススメです。

<昌華堂 益善洞店>
住所:ソウル特別市鍾路区益善洞174
営業時間:月〜金曜12:00〜14:40、16:15〜21:30(20:30LO)、土・日・祝日12:30〜21:30(20:30LO)
定休日:旧正月(1月下旬〜2月初旬の間で毎年変動)・秋夕(チュソク・旧暦8月15日に当たる日で例年9月中旬〜下旬で毎年変動)の連休
日本語不可・英語メニューあり

人気店も続々進出中で目が離せない!

写真:amica maica

地図を見る

飲食店が多めの印象の益善洞韓屋村ですが、個性的な雑貨を扱う店などもあります。その代表格が「VINTAGE BONNIE」で、輸入雑貨やビンテージの洋服、ハンドメイドのアクセサリー、セレクトアイテムなどを販売しています。素敵で個性的なお土産に出会える店としてもオススメです。

<VINTAGE BONNIEの基本情報>
住所:ソウル特別市鍾路区桂洞77-1
営業時間:12:00〜21:00
定休日:月曜日
日本語不可

「益善洞韓屋村」でレトロで新しいソウルに触れてみよう!

いかがでしたか? 益善洞韓屋村は、駅からとても近く、エリアもとてもコンパクトなので、韓国旅行ビギナーでも安心して観光できます。
その一方で、韓国国内でも話題の店が集結し、韓屋の雰囲気も楽しめるとあって、韓国旅行リピーターでも楽しめる街です。古き良き、そして新しいソウルの魅力に触れに、一度足を運んで見ませんか?

2019年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/03/31 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -