98度の大噴湯!秋田の紅葉観光は「小安峡」散策と足湯

| 秋田県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

98度の大噴湯!秋田の紅葉観光は「小安峡」散策と足湯

98度の大噴湯!秋田の紅葉観光は「小安峡」散策と足湯

更新日:2018/10/21 20:15

大里 康正のプロフィール写真 大里 康正 旅する写真家、タイと台湾に詳しい旅作家
秋田県湯沢市にある「小安峡」は、皆瀬川上流に位置する峡谷です。栗駒国定公園の一部で観光地としての人気度は高く、特に秋の紅葉シーズンには多くの観光客で賑わいます。

小安峡の見どころは、98度にもなる大噴湯。遊歩道を通りすぐ横を歩くことが出来るので、間近で大迫力を体感することに!
また、駐車場付近にある足湯「あぐりの湯」は快適。散策の後にお試しを。
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

駐車場から歩く階段

駐車場から歩く階段

写真:大里 康正

地図を見る

国道398号線沿いにある小安峡(おやすきょう)は、近くに大きな駐車場が整備されています。また公衆トイレも完備していますので、観光前に利用しておきましょう。

小安峡谷散策は、大きな丸い看板近くの階段を下ることから始まります。

駐車場から歩く階段

写真:大里 康正

地図を見る

岩伝いに設置されている300段のコンクリート製の階段。頑丈で安心できる作りですが、濡れている場合は滑りやすくなります。また、落ち葉等で滑ったりすることのないように、一歩ずつ確実に。

なお、高低差は60メートルありますが、少し運動になった方が東北の肌寒い秋では程良いかも知れません。

駐車場から歩く階段

写真:大里 康正

地図を見る

途方もなく長い年月をかけて、皆瀬川の流れが削っていった小安峡谷。エメラルドグリーンの美しい皆瀬川を眺め、周囲の秋を感じながら遊歩道を進んで下さい。

大迫力の大噴湯!

大迫力の大噴湯!

写真:大里 康正

地図を見る

周囲の景観を眺めながら歩き、少しすると大にたどり着きます。

大迫力の大噴湯!

写真:大里 康正

地図を見る

シュー、シューと音を立てながら、濛々たる蒸気が噴き出す光景。

大迫力の大噴湯!

写真:大里 康正

地図を見る

その横を通り過ぎる時、音と蒸気で体感出来る大迫力!なお、高温となっていることから、触ることは危険ですので注意をしましょう。

大噴湯を通り抜け峡谷を楽しもう

大噴湯を通り抜け峡谷を楽しもう

写真:大里 康正

地図を見る

散策途中で頭上に見える赤い橋は「河原湯橋」と呼ばれています。渓谷にあって印象的な色であり、景観のアクセントとなっていますので、絶好の撮影ポイントといえます。

大噴湯を通り抜け峡谷を楽しもう

写真:大里 康正

地図を見る

長い年月をかけて作られた峡谷ということが実感出来るような、段差となった岩肌。大噴湯は迫力がある観光ですが、これらの岩肌も見応えがあり、これもまた秋田湯沢の大自然観光なのです。

大噴湯を通り抜け峡谷を楽しもう

写真:大里 康正

地図を見る

舗装されている遊歩道はそのまま直進して下さい。少し歩くと上り階段となり、出発地点の駐車場まで戻ることが出来ます。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

小安峡の美しき景観

小安峡の美しき景観

写真:大里 康正

地図を見る

小安峡の美しい景観観光は、大噴湯を過ぎ、遊歩道をさらに歩いた先にあると言えます。なぜなら階段を上がる途中で振り返ると、そこには紅葉の美しさと流れる皆瀬川が見事な色を見せているからなのです。

小安峡の美しき景観

写真:大里 康正

地図を見る

上りの階段でも、足元に注意をしながら歩きましょう。

足湯「あぐりの湯」で一休み

足湯「あぐりの湯」で一休み

写真:大里 康正

地図を見る

階段を上がり、今度は「河原湯橋」付近を散策してみましょう。見事な色の橋を背景に、色々と撮影してみるのはいかがでしょうか。

足湯「あぐりの湯」で一休み

写真:大里 康正

地図を見る

一通りの観光を終えて駐車場近くに戻りましょう。そこには足湯の「あぐりの湯」が設置されており、誰でも楽しむことが出来ます。

足をお湯に入れて疲れを取りながらほっと一息。秋田市湯沢の小安峡で大迫力の大噴湯と美しい紅葉の渓谷。そして疲れを癒す足湯を利用し、思い出深い秋の秋田観光を楽しんで下さい。

なお、見どころが多い秋田には、他にもお勧めの観光地があります。

・触ることが可能な本物の南極の氷がある「白瀬南極探検隊記念館」
・秋田グルメでは外せない稲庭うどん「佐藤養助商店」
・大自然を満喫するなら花の百名山「森吉山」
・最後の秘境といわれる「小又峡」

全て下記の関連MEMOで紹介していますので、ぜひご覧ください。

小安峡の基本情報

住所:秋田県湯沢市皆瀬字湯元
電話番号:0183-47-5080(湯沢市観光物産協会)
アクセス:JR東日本奥羽本線 湯沢駅より羽後交通バス「小安温泉」

2018年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2016/11/26 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -