沖縄・感動必至の絶景カフェ5選!青い海と空に癒されたい

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

沖縄・感動必至の絶景カフェ5選!青い海と空に癒されたい

沖縄・感動必至の絶景カフェ5選!青い海と空に癒されたい

更新日:2018/10/14 15:59

K RINTOのプロフィール写真 K RINTO グルメライター

沖縄と言えば青い海に青い空!そんな美しい自然を思う存分満喫できる絶景カフェを5つ厳選してご紹介。どのカフェも感動必至の最高のロケーションです。ぜひ、レンタカーを借りて、沖縄でカフェ巡りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

まるでジブリの世界「アイスクリンカフェ アーク」

まるでジブリの世界「アイスクリンカフェ アーク」

写真:K RINTO

地図を見る

沖縄本島の北部、美ら海水族館から車で約11分の距離に位置する「アイスクリンカフェ アーク」。沖縄で有名なアイス屋さんアイスクリン(ビッグアイス)が運営しています。

車がすれ違えないような細い坂道を上ると、まるてジブリの世界に出てくるような不思議な洋館が現れます。

まるでジブリの世界「アイスクリンカフェ アーク」

写真:K RINTO

地図を見る

建物の2階がカフェのスペース。もちろん、アイスクリンのアイスを食べられます。アイスは全部で約14種類あり、バニラやチョコ、ストロベリーなどの定番から、グァバやたんかん、パッションフルーツなどの南国らしいフレーバーまで様々です。

また、全てのアイスを食べてみたい!という人のために「アイスクリン食べ放題(1000円)」も実施しています。

まるでジブリの世界「アイスクリンカフェ アーク」

写真:K RINTO

地図を見る

カフェで食事やドリンクを楽しんだ後は建物内を散策しましょう。この建物は長い年月をかけて、オーナー自らが造ったもの。南国と洋風をミックスした独特の建物と、高台から見下ろす美しい海とのコラボはインスタ映え必至です。
5階の屋上まで行けば、正面に海を見渡す360度の絶景も楽しめますよ!

<アイスクリンカフェ アークの基本情報>
住所:沖縄県国頭郡本部町浜元950-1
アクセス:那覇空港より車で約1時間30分(高速利用)
電話番号:0980-51-6565
営業時間:11:30〜18:00 
定休日:第1日曜日
※水・木はデザートデー。ランチなどの食事メニューなし

アジアンリゾート×ハンモックカフェ「亜熱帯茶屋」

アジアンリゾート×ハンモックカフェ「亜熱帯茶屋」

写真:K RINTO

地図を見る

南国の木々と東屋が素敵な「亜熱帯茶屋」。雰囲気はまるでバリ島のリゾート。アイスクリンカフェ アークから、さらに山を上った高台にあります。

アジアンリゾート×ハンモックカフェ「亜熱帯茶屋」

写真:K RINTO

地図を見る

庭に配置された、ハンモック付きの3つの東屋が人気の席。ゴロンと寝転がれるマットもあり、時間を忘れてゆっくりとくつろげる癒しの空間です。もちろん、東屋からも海の絶景を見渡せます。

アジアンリゾート×ハンモックカフェ「亜熱帯茶屋」

写真:K RINTO

地図を見る

食事は地元産の食材を使用した創作アジアン料理が中心で、おすすめは、食べるラー油風味の「豆乳冷麺」。まろやかなコクとピリッと辛いラー油のスープに、ツルツルとした太麺が入っています。彩り豊かな野菜も山盛りで、女子受け間違いなしの一品です。

<亜熱帯茶屋の基本情報>
住所:沖縄県 国頭郡本部町野原60番地
アクセス:那覇空港より車で約1時間30分(高速利用)
電話番号:0980-47-5360
営業時間:11:00〜18:30 
定休日:木曜日

伊江島と青い海に癒させれる「カフェ チャハヤブラン」

伊江島と青い海に癒させれる「カフェ チャハヤブラン」

写真:K RINTO

地図を見る

沖縄本島の北部、観光地として有名な備瀬のフクギ並木の入り口にある「カフェ チャハヤブラン」。店名はインドネシア語で「月の光」を意味するアジアンリゾート風のカフェです。

伊江島と青い海に癒させれる「カフェ チャハヤブラン」

写真:K RINTO

地図を見る

暖簾をくぐり、奥に抜けた先がカフェのスペース。趣ある和の雰囲気から、ダークブラウン調のアジアンリゾートに一変します。
そして、目の前には、伊江島とエメラルドグリーンの海を望む絵画のような美しい絶景。潮風の心地よい季節には、大きな窓がすべて開け放たれて開放感も抜群です。

伊江島と青い海に癒させれる「カフェ チャハヤブラン」

写真:K RINTO

地図を見る

メニューは沖縄らしいトロピカルなフルーツを使用したスムージーやかき氷、デザートをなどが中心。ランチタイムには、アジアンと沖縄を融合させた「ラフティー丼(980円)」や「アジアンそば(880円)」などの食事メニューもあります。

<チャハヤブラン/cafe CAHAYA BULANの基本情報>
住所:沖縄県国頭郡本部町備瀬429-1
アクセス:那覇空港より車で約1時間40分(高速利用)
電話番号:0980-51-7272
営業時間:11:30〜日が落ちるまで
定休日:7月から9月は水曜日。その他の月は水曜日、木曜日

絶景カフェの老舗「カフェくるくま」

絶景カフェの老舗「カフェくるくま」

写真:K RINTO

地図を見る

沖縄本島の南東部にある「カフェくるくま」。世界遺産の「斎場御嶽」から車で約8分とすぐ近くです。

展示場や売店、庭園などのある広い敷地内の一角にカフェの建物があります。

絶景カフェの老舗「カフェくるくま」

写真:K RINTO

地図を見る

海に向かって作られたオープンテラスのカウンター席。目の前にはエメラルドグリーンと深いブルーのコントラストが美しい海の絶景が広がります。

絶景カフェの老舗「カフェくるくま」

写真:K RINTO

地図を見る

カフェくるくまは、タイ政府機関からも認められるタイ料理の専門店としても評判です。自家栽培や地元産の新鮮な食材を使用したカレーやパッタイ、トムヤムクンなどさまざまな料理をボリューム満点に提供しています。

ただし、食事は店内のみで利用可能なので、食事後にテラス席に移動して景色を楽しみましょう。もちろん、テラスでカフェメニューのみの利用も可能です。

<カフェくるくま 基本情報>
住所:沖縄県南城市知念知念1190
アクセス:那覇空港より車で約40分
電話番号:098-949-1189
営業時間:10月〜3月10:00〜19:00(ラストオーダー18:00)、4月〜9月10:00〜20:00(ラストオーダー19:00)
※火曜日のみ毎週10:00〜18:00(ラストオーダー17:00)
定休日:なし

窓から覗く感動の絶景「浜辺の茶屋」

窓から覗く感動の絶景「浜辺の茶屋」

提供元:浜辺の茶屋

http://hamabenochaya.com地図を見る

沖縄本島の南東部にある「浜辺の茶屋」。「カフェ くるくま」から車で約11分の距離です。

海の上にせりだすようにして建つロケーション。満潮時になると、窓のすぐ真下まで海水が満ちてきて、青い海と空に溶け込むような美しい景色を望みます。

窓から覗く感動の絶景「浜辺の茶屋」

写真:K RINTO

地図を見る

暖かみのあるウッディーな店内。窓が開け放れたカウンター席が一番人気。波の音、潮の香り、海風を間近に感じながら、スローな沖縄時間を過ごしましよう。

窓から覗く感動の絶景「浜辺の茶屋」

写真:K RINTO

地図を見る

メニューは「沖縄フルーツと野菜のカンパーニュサンド(550円)」や「クロックムッシュ(480円)」といった軽食やドリンク、デザートなどが中心です。
金、土、日、祝日は朝の8時から10時までモーニングセットを販売しています。

<浜辺の茶屋の基本情報>
住所:沖縄県南城市玉城玉城2-1
アクセス:那覇空港より車で約40分
電話番号:098-948-2073
営業時間:10:00〜20:00(月曜日は14:00まで)
※金・土・日曜日は8:00からオープン
定休日:なし

夏の時期には混雑必至!計画的に巡ろう

観光名所にもなっている沖縄の絶景カフェ。夏の時期にはとっても混雑するので、時間に余裕を持って行きましょう。
天気さえ良ければ、季節に関係なく楽しめるので、お客さんの少なくなる冬の時期も狙い目ですよ。

2018年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/07/27 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -