香港旅行に行くならこの時期!ベストシーズンをご紹介

| 香港

| 旅の専門家がお届けする観光情報

香港旅行に行くならこの時期!ベストシーズンをご紹介

香港旅行に行くならこの時期!ベストシーズンをご紹介

更新日:2018/08/16 09:45

手塚 大貴のプロフィール写真 手塚 大貴 バックパッカー旅の提案人、スポーツ観戦トラベラー

魅惑的な街歩きや多彩なグルメ、ネオン瞬く夜景など、人を惹きつけてやまない国際都市・香港。常夏のように思える香港ですが、季節によって気候は異なり、旅行に行くならベストシーズンを狙うのがおすすめ。

そこで今回は、観光やショッピング、夜景鑑賞といった目的別に、香港のベストシーズンをご紹介。季節ごとの服装や魅力溢れるイベントもあわせてご紹介します。

季節ごとの香港の気候は?

季節ごとの香港の気候は?

写真:手塚 大貴

地図を見る

香港は亜熱帯性気候に属する都市。一年を通して暑いようなイメージがありますが、香港にも四季があり、季節によって気候は大きく異なります。そこでまずは、季節ごとの香港の気候をご紹介します。

春(3〜5月)・・・平均気温17〜26℃。気温と湿度が上昇し、雨が多くなる季節。3月はまだ夜は冷え込むこともありますが、4月になると蒸し暑くなり、雨が降る日も増加。5月からは台風シーズンにも入ります。

夏(6〜8月)・・・平均気温26〜31℃。昼間の気温が30℃を超える日も多く、湿度は90%以上と、高温多湿になる季節。7月までは雨の降る日が多い一方、8月からは晴天の日が増えますが、短時間の雷雨に見舞われることも。台風シーズン真っ只中の季節でもあります。

秋(9〜11月)・・・平均気温19〜28℃。気温、湿度ともに下がり、晴天の日が多くなる季節。9月はまだ暑さが残りますが、10月からは爽やかな気候となり、一年で最も快適な季節に。11月まで台風シーズンは続きますが、徐々にそのリスクは低下していきます。

冬(12〜2月)・・・平均気温12〜20℃。気温、湿度がさらに下がる季節。日本に比べると暖かいですが、2月頃には気温が10℃を下回ることも。雨が降る日は少ないものの、どんよりとした曇り空の日が多くなります。

また香港とセットで訪れることが多いマカオも、おおむね同じ気候。ただしマカオの方が気温が2℃ほど低いことが多いので、少し涼しく感じられるかもしれません。

目的別!香港のベストシーズンはいつ?

目的別!香港のベストシーズンはいつ?

写真:手塚 大貴

地図を見る

香港を訪れるなら、やはりベストシーズンを狙って行くのがおすすめ。それでは、旅行の目的別にベストシーズンをご紹介します。

【観光→10〜11月】
観光や街歩きをメインに楽しむなら、ベストシーズンは秋、とくに10〜11月がおすすめ。気温・湿度が落ち着き、晴天に恵まれる日が多いので、快適に観光を楽しむことができます。この時期になれば、台風に襲われるリスクもかなり低下。ハロウィンをはじめとするイベントも多く開催されるほか、郊外に足を延ばしてハイキングを満喫するのにも最適な季節です。

【ショッピング→夏(7〜9月)と冬(12〜2月)】
ブランド品をはじめとするショッピングを楽しむなら、バーゲンセールが開催される夏(7〜9月)と冬(12〜2月)が狙い目。とくに冬、クリスマス〜旧正月にかけては、一年で最もセールが活発になる時期。セールの後半には、8〜9割引にまでなることも。ただし店によってセールの時期は少し異なるので、事前に調べていくと安心です。

目的別!香港のベストシーズンはいつ?

写真:手塚 大貴

地図を見る

【夜景鑑賞→10〜12月】
「世界三大夜景」にも数えられる美しい夜景を楽しむなら、ベストシーズンは10〜12月。晴天の日が多く、空気が澄んでいるこの時期なら、くっきりとした夜景を見ることができます。霧に包まれることがあるヴィクトリア・ピークも、この時期であれば綺麗な夜景が見られる期待大。また12月には、街中がクリスマスイルミネーションで溢れ、一年で最も夜景が輝く季節を迎えます。

【ディズニーランド→ハロウィンとクリスマス】
香港ディズニーランドを満喫したいなら、ハロウィンイベント(9月中旬〜10月)とクリスマスイベント(11月中旬〜12月)の時期がおすすめ。ハロウィンでは、キャラクターが仮装に身を包み、妖しげなナイトパレードも見物。クリスマスには、華やかなパレードのほか、幻想的なツリーがパークに出現。どちらも気候に恵まれた時期でもあり、パークをめいっぱい楽しむことができます。

香港旅行の各季節の服装は?

香港旅行の各季節の服装は?

写真:手塚 大貴

地図を見る

香港へ旅行に行くときに迷うのが、服装選び。そこで季節ごとに、服装の目安をご紹介します。

【春(3〜5月)の服装】
気温・湿度ともに高くなる季節なので、昼間は半袖が基本。夜は少し冷えることもあるので、薄手の上着を持って行くと安心。4月以降は雨の降る日が増えるので、折りたたみ傘もあるといいでしょう。

【夏(6〜8月)の服装】
高温多湿の季節のため、日本の夏と同じような服装で。通気性の良い半袖シャツがおすすめ。デパートやレストランの中は冷房が強いので、羽織るものを1枚持って行くと便利。雨が降ることも多いため、折りたたみ傘を持ち、また滑りにくい靴で行くのが安全です。

【秋(9〜11月)の服装】
気温・湿度ともに下がる季節ですが、まだ昼間は半袖が基本。11月になると夜は冷えることもあるので、長袖シャツや薄手の上着があると便利。晴天の日が多い季節ですが、念のため雨具を持って行くと安心です。

【冬(12〜2月)の服装】
日本の冬に比べるとかなり暖かいので、セーターの上にジャケットもしくはコートを羽織るくらいが基本。ただし2月頃には10℃を下回る寒さになることも。また香港は暖房設備があまりないので、屋内の防寒対策として上着などがあるといいでしょう。

香港の気候は年によっても少し変わってくるので、事前に天気予報をチェックして、服装を調整していけば万全です。

香港の季節ごとのイベントを紹介!

香港の季節ごとのイベントを紹介!

写真:手塚 大貴

地図を見る

香港では中国と西洋、それぞれの伝統行事やイベントが多彩に開催されます。そこで季節ごとに、おすすめのイベントをご紹介します。

【春(3〜5月)のイベント】
<4月:香港セブンズ(香港スタジアム)>
7人制ラグビーの世界大会。香港最大のスポーツイベントで、観客の楽しげな仮装も盛り上がりに華を添えます。
<5月:長洲饅頭節(長洲島)>
道教の儀式を起源とする奇祭。歴史上の人物に扮した子供たちのパレードのほか、塔にくくりつけた饅頭を取り合う饅頭取り合戦が見物です。

【夏(6〜8月)のイベント】
<6月:香港ドラゴンボート・カーニバル(ビクトリア湾)>
香港の夏の風物詩となっている、ドラゴンボートで競う伝統のレース。会場ではビアフェストも開催され、ビールを飲みながらレースを楽しめます。
<6月:ドラゴンボート・ウォーターパレード(大澳)>
ランタオ島の漁村・大澳で行われる行事。守り神を牽引したドラゴンボートが水辺を進みます。

【秋(9〜11月)のイベント】
<9月:中秋節(香港各地)>
街中に美しいランタンが輝く伝統行事。香港島の大坑では、火の付いた線香を刺した龍が舞い踊る、迫力満点のファイヤー・ドラゴン・ダンスが行われます。
<10月:ハロウィン(香港各地)>
とくに香港島のランカイフォンは、ハロウィンの夜には仮装した人々でお祭り騒ぎになります。

【冬(12〜2月)のイベント】
<12月:香港ニューイヤー・カウントダウン・セレブレーション(ビクトリア湾)>
音楽と花火の競演が見事なカウントダウンイベント。新年の幕開けと同時に打ち上がる壮大な花火は圧巻です。
<2月:旧正月(香港各地)>
香港が一年で最も活気付く行事。街は赤や金の飾り付けで賑わい、尖沙咀ではナイトパレード、ビクトリア湾では盛大に花火大会が開催されます。

また香港では、光と音が夜空を彩るシンフォニー・オブ・ライツをほぼ毎日開催。いつ訪れても、華やかに輝く香港の姿を見ることができます。

どの季節でも魅力に溢れた香港へ!

ご紹介したように、香港にも四季があり、季節ごとの特徴を掴んで旅行に行くのが安心。一般的な旅行のベストシーズンは秋、とくに10〜11月。気温・湿度が落ち着き、晴天に恵まれることが多いこの時期なら、観光や街歩きはもちろん、美しい夜景にも期待できます。

とはいえ香港は、各季節に多彩なイベントが開催されるなど、一年を通して魅力に溢れている都市。どの季節に訪れたとしても、香港の面白さに出会うことができるはずです。

※2018年8月現在の情報です。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/10/20−2017/10/22 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -