樹齢900年の古桜から西の横綱・滝桜まで!宇陀の豪華絢爛桜巡り!

| 奈良県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

樹齢900年の古桜から西の横綱・滝桜まで!宇陀の豪華絢爛桜巡り!

樹齢900年の古桜から西の横綱・滝桜まで!宇陀の豪華絢爛桜巡り!

更新日:2014/03/13 17:00

浮き草 ゆきんこのプロフィール写真 浮き草 ゆきんこ トラベルライター、プチプラ旅専門家、LCC弾丸トラベラー

奈良県宇陀市は三重県との県境にある山間の町。普段はひっそりとした町ですが、桜の季節になると全国から美しい桜を見るために観光客が押し寄せます。桜のトンネルというより1本桜が有名な地域のため、移動は車が便利。
樹齢300年〜900年の古桜や悠久の歴史の中に息づいた寺社としだれ桜のコラボなど見所満載の宇陀の桜めぐりのおススメスポットを紹介します。

奈良県下 最古の桜 佛隆寺 千年桜

奈良県下 最古の桜 佛隆寺 千年桜

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

宇陀の桜めぐりの中でも一番山奥にある佛隆寺の千年桜。山奥にあるため、桜の開花は一番遅く、例年4/10過ぎから満開になります。

佛隆寺は、「女人高野」として親しまれている「室生寺」の派生寺で、境内には十三重の塔、石窟、観音像、不動明王像などがあります。佛隆寺に続く階段の途中に見るものを圧倒する存在感でたたずんでいるのがお目当ての千年桜。
樹齢900年を超えるといわれている奈良県下で最大最古の千年桜は、根周7.7m、根株から2mのところで大小11本に分岐した枝が四方に広がり桜が豪快に咲き誇っているさまを見ることができます。
この千年桜の型はヤマザクラとエドヒガシの雑種であるモチヅキザクラの型で非常に珍しい桜なのだとか。ゆっくり間近でみるのもいいかもしれません。

拝観料はもちろん無料、そして駐車場も無料というとっても良心的な桜。アクセスは車のみですが、行く価値大です!

しだれ桜と麿崖仏で有名な大野寺

しだれ桜と麿崖仏で有名な大野寺

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

弘法大師が建立し、慈尊院弥勒寺と称した「大野寺」は本堂に安置された「地蔵菩薩立像」が身代わり地蔵と呼ばれ、無実の娘を火あぶりの刑から救ったという伝説が残っています。
また、大野寺の前にある宇田川の大岩壁に連座ともで11.5メートルという大きな麿崖仏があることでも有名でこのお寺のパンフレットには麿崖仏と桜のコラボの写真が使われています。

境内には樹齢300年の小糸しだれ桜、紅しだれ桜があり、特に麿崖仏と大きなしだれ桜との競演は圧巻!
パンフレットのように撮るには麿崖仏を中心にし、しだれ桜を少しだけいれると同じような構図になりますよ。
大野寺のしだれ桜は宇陀の桜の中でも一番最初に開花し、例年の見ごろは4/1〜となっています。

拝観料:400円、駐車場無料

NHK大河ドラマのオープニングにもなった又兵衛桜

NHK大河ドラマのオープニングにもなった又兵衛桜

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

樹齢300年以上、高さ13m、幹回り3mを超える又兵衛桜は西の滝桜の横綱として名が知られ、2000年NHK大河ドラマ「葵・徳川三代」のオープニングに使われたことで一気に全国区になった桜です。
通称「本郷の滝桜」と呼ばれていますが、なぜ又兵衛桜と呼ばれるかと言うと、大阪夏の陣で活躍した戦国武将「後藤又兵衛」がこの地に落ち延び、僧侶となり、一生を終えたという伝説が残っていることから地元では「又兵衛桜」と呼んでいるそうです。

又兵衛桜の周りにはピンクの桃の花も咲き、一層華やぎをみせます。
例年の見ごろは4/5〜で見ごろ期間中はライトアップもされ暗闇に浮かぶ豪華な枝ぶりの桜が風にゆれ幻想的な世界を醸し出します。夜桜見物も時間があればぜひどうぞ!

見学料:100円 駐車場:500円、ちょっとした屋台あり。

100本の桜並木 みくまり桜

100本の桜並木 みくまり桜

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

又兵衛桜から車で10分ほどのところにある芳野川沿いには堤防500mに約100本の桜が植えられ、美しい桜の並木道となっています。桜のトンネルを堪能しに、ちょこっと寄り道してみてはいかがでしょうか。
こいのぼりも設置され、春爛漫といった趣き。桜が散る頃に行くと、川沿いの歩道が桜のはなびらで埋め尽くされピンクの花道を歩くことも可能。
夜には提灯のライトアップも行われるので夜桜散歩にもうってつけの場所です

道の駅をフル活用!

道の駅をフル活用!

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

マイカー観光客が多い宇陀市には、道の駅がたくさんあります。中でも又兵衛桜の手前にある「宇陀路大宇陀」の道の駅にはなんと足湯が。近くにあきののゆという温泉がありそこから温泉をひいているため、熱めですぐにぽっかぽっかに。歩きつかれた足を気持ちよく癒してくれます。
また、今回紹介した桜以外にも宇陀にはたくさんの桜の見所があります。いろんな桜を見て歩きたいなという人におススメなのが、道の駅にある宇陀の桜を効率よく回ることができるドライブマップ。道順や所要時間、桜の概要まで細かく書いてあるすぐれもの。
宇陀市内にある道の駅に置いてあるので、桜めぐりの前にぜひゲットしてみてください。

古桜をめでる旅

奈良というと吉野のヤマザクラ 千本桜が有名ですが、宇陀には吉野に負けないくらいの大きな1本のヤマザクラが点在しています。車道にも名もなきヤマザクラが点在し、桜の季節にはドライブに最適な場所です。
先ほど紹介した「宇陀路大宇陀」の道の駅にはレンタルサイクルもあるのでちょっと車を置いて、又兵衛桜やみくまり桜を自転車で走るのもいいかもしれませんね。
一度は見ておきたい圧巻のヤマザクラが点在する宇陀は一押しの隠れ桜スポットですよ。

▼関連メモ
現在は去年の情報が掲載されていますが、桜の時期の3月下旬になると開花状況が更新されます。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ