世界遺産マルタの首都バレッタ、その見所を訪ね歴史イベントを鑑賞

| マルタ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

世界遺産マルタの首都バレッタ、その見所を訪ね歴史イベントを鑑賞

世界遺産マルタの首都バレッタ、その見所を訪ね歴史イベントを鑑賞

更新日:2018/08/20 14:47

大竹 進のプロフィール写真 大竹 進 元旅行会社勤務、元旅行専門学校講師

地中海に浮かぶ小さな島国マルタ。3つの島で構成されていて、全部合わせても東京23区の半分程度の小さな国ですが、一番大きなマルタ島にある首都バレッタは、市街全体が世界遺産に登録されている歴史に彩られた町で、聖ヨハネ騎士団の面影を至る所で感じる事が出来ます。味わいのある路地、カラフルな出窓を眺めながらのそぞろ歩きは時間を忘れてしまう程。そんなバレッタの見所と歴史イベントについて今回はご紹介致します。

強固な城壁に囲まれた都市バレッタ

強固な城壁に囲まれた都市バレッタ

写真:大竹 進

地図を見る

バレッタはリアス式海岸の様に複雑に入り組んだ地形の半島に築かれた町で、隣接する町からは陸路よりもフェリーの方が便利です。この写真はガイドブックやポスターでよく見かける風景ですが、これは隣りのスリーマの町からバレッタへ行くフェリーに乗ると綺麗に眺められます。

夕日に染まる城壁と旧市街、将に絵になるシーンですね。中央に聳える大きなドームはカーマライト教会、手前はセントポール大聖堂の鐘楼です。

強固な城壁に囲まれた都市バレッタ

写真:大竹 進

地図を見る

バレッタ旧市街を取り囲む壮大な城壁と空堀。オスマン帝国の攻撃に備えるため、16世紀に奴隷を使って、最大60mもの深さまで岩盤を掘り込んで造られました。

強固な城壁に囲まれた都市バレッタ

写真:大竹 進

地図を見る

強固な城門シティゲートを抜けるとバレッタの旧市街に入り、メインストリートのリパブリック通りが聖エルモ砦まで真っ直ぐ延びています。この通りには国会議事堂、国立考古学博物館、聖ヨハネ大聖堂、騎士団長の宮殿など、バレッタの主要な建築物が並んでいます。また通りは歩行者天国になっていて、とても賑やか。マルタの建物は出窓が多く、街並みにアクセントを与えています。

バレッタのシンボル聖ヨハネ大聖堂

バレッタのシンボル聖ヨハネ大聖堂

写真:大竹 進

地図を見る

バレッタのシンボルとも言える聖ヨハネ大聖堂。聖ヨハネ騎士団の守護聖人ヨハネに捧げられた教会で、何か重要な事があると騎士団長はこのバルコニーから騎士団員に言葉を述べていました。

右側にある鐘楼の時計は中央が時間、左が日にち、右が曜日を表しています。

バレッタのシンボル聖ヨハネ大聖堂

写真:大竹 進

地図を見る

聖ヨハネ大聖堂の内部。外観が比較的簡素なのに比べ、内部は非常に豪華で、天井には聖ヨハネの生涯、石の表面に直接油絵具で描かれ、金銀で装飾された中央祭壇にはキリストの洗礼の大理石彫刻が飾られています。身廊を囲む様にイタリアやフランスなど騎士団の出身国ごとの礼拝堂が並んでいます

バレッタのシンボル聖ヨハネ大聖堂

写真:大竹 進

地図を見る

聖ヨハネ大聖堂の小礼拝堂にカラヴァッジョの大作「洗礼者聖ヨハネの斬首」が掲げられています。洗礼者ヨハネがヘロデ王の命令で斬首される様子を描いたもので、ヨハネの首から溢れる血で彼の生涯唯一のサインが描かれています。この絵の反対側にはもう一つのカラヴァッジョの作品「執筆する聖ヒエロニムス」があります。

<聖ヨハネ大聖堂の基本情報>
開館時間:9:30〜16:30(土曜は9:30〜12:30)
休館日:日曜
拝観料:10ユーロ
撮影:可(フラッシュ不可)

聖ヨハネ騎士団の足跡

聖ヨハネ騎士団の足跡

写真:大竹 進

地図を見る

聖ヨハネ騎士団長の公邸として建設された騎士団長の宮殿。甲冑の並ぶ廊下には大理石で造られた大きな紋章が所々に埋め込まれ、壁にはだまし絵も見られます。宮殿内には「大使の間」「最高審議の間」など豪華な装飾で飾り付けられた部屋や、兵器庫などが並んでいます。

<騎士団長の宮殿の基本情報>
開館時間:10:00〜16:30(土・日曜は9:00〜16:30)
休館日:1/1、12/24、12/25、12/31、聖金曜日
拝観料:8ユーロ
撮影:可(フラッシュ不可)、一部撮影不可箇所あり

聖ヨハネ騎士団の足跡

写真:大竹 進

地図を見る

オーベルジュ・ドゥ・カスティーユ。聖ヨハネ騎士団は同一言語を使用する出身国ごとにオーベルジュ(宿泊所)を設けていました。ここはスペインやポルトガル出身の騎士団の宿泊所で、バレッタで最も美しいオーベルジュと言われ、現在は首相官邸として使用されています。内部の見学は出来ません。

聖ヨハネ騎士団の足跡

写真:大竹 進

地図を見る

18世紀までイタリア出身の騎士団員の憩いの場所だったアッパー・バラッカ・ガーデン。バレッタ南部の崖の上にあって、地中海クルーズで寄港する大型客船を始め、多くの船が行き交うグランドハーバーに面し、対岸にはスリー・シティーズ(ヴィットリオーザ、セングレア、コスピークワの三つの町の総称)を見渡す事が出来ます。

写真左側がヴィットリオーザ、右側がセングレアの町です。

華麗な歴史イベント、インガーディア

華麗な歴史イベント、インガーディア

写真:大竹 進

地図を見る

マルタの歴史イベント、インガーディア。かつて聖ヨハネ騎士団が日々行っていた訓練風景を再現したもので、当時の衣装に身を包んだ騎士たちによる再現劇は一見の価値があります。入場行進に始まり、隊長の訓示、騎士団長の引見、剣士の試合、射撃などが約40分間に亘って行われ、観光イベントとして充分楽しめるものです。

華麗な歴史イベント、インガーディア

写真:大竹 進

地図を見る

聖ヨハネ騎士団に扮した人々は実はマルタのボランティアの人達です。しかし皆さん少しも違和感が無く、兜を小脇に抱え見事な髭を蓄えている隊長も、実際当時はこんな感じではなかったのかと思える程で、様になっています。

華麗な歴史イベント、インガーディア

写真:大竹 進

地図を見る

火縄銃による射撃も何度か行われ、一発撃つごとに銃身に火薬を詰め、火縄で点火して銃を発射する様子は、目の前で見ているとかなり迫力があります。

<インガーディアの基本情報>
開催場所:聖エルモ砦(開催日により騎士団長の宮殿または聖アンジェロの砦の場合あり)
開催日:日曜日(1月及び7〜9月は開催されない日が多い)
開催時間:11時から約40分
入場料:10ユーロ
撮影:可

バレッタの魅力的な街並

バレッタの魅力的な街並

写真:大竹 進

地図を見る

バレッタの街はメインストリートのリパブリック通りが尾根の様な位置にあり、この通りの左右は何れも海に向かう坂道になっています。中には急坂のためこの写真の様に階段だけの所もありますが、一方でそれが街に情緒も与えています。

こんな階段に出会ったら、思わず下まで下りてみたくなりませんか。

バレッタの魅力的な街並

写真:大竹 進

地図を見る

マルタでは何処でも出窓を見掛けますが、特にバレッタでは建物が密集しているだけに出窓が多数見られ、かなり派手な色で塗られている印象です。建物の完成当初は今ほどカラフルでは無かったのではないかと思われますが、今ではそれぞれの住人が好みの色に塗っていて、街並に変化と彩を添えています。

バレッタの魅力的な街並

写真:大竹 進

地図を見る

バレッタの街角には多くの聖人像が置かれていて、中には道の両側に置かれている場合もありますが、市街を歩いていてこれらの像に巡り会うと、とても潤いを感じます。聖人像と階段と趣のある街並み、そぞろ歩きにはピッタリの絵になるバレッタの街です。

世界遺産の首都バレッタは歩いて楽しめる街

バレッタは城塞として建設され、シティゲートから半島先端の聖エルモ砦まで約1キロという狭いエリアですから、歩いて十分に回れる広さです。しかも城塞内の道路はほぼ格子状に張り巡らされており、中心にリパブリック通りが走っているため、とても判り易いので初めて来ても道に迷う心配はありません。
主な観光先を訪ねた後は、是非市街をぶらぶらと歩いてみて下さい。角を曲がる度に現れる洒落た小道、味わいのある坂道、癒しを覚える聖人像、カラフルな出窓、そのどれもがバレッタの想い出として心に残る事でしょう。
インガーディアは毎週日曜日に開催されるのが基本ですが、夏期には開催されない日が多いので、鑑賞ご希望の方は開催日をご確認の上旅のプランをお考え下さい。
こんな見所たっぷりのバレッタにあなたも訪れてみませんか?

2018年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/06/22−2018/06/24 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -